【伝統野菜 鎌倉野菜を知ろう!】鎌倉野菜は見た目もユニーク! – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【伝統野菜 鎌倉野菜を知ろう!】鎌倉野菜は見た目もユニーク!

ライフスタイル

【伝統野菜 鎌倉野菜を知ろう!】鎌倉野菜は見た目もユニーク!

【伝統野菜 鎌倉野菜を知ろう!】鎌倉野菜は見た目もユニーク!

2017年09月15日

年間100品種も栽培されている鎌倉野菜。
有名料理店のシェフも好んで使う鎌倉野菜は、色鮮やかで味が濃いことで有名です。
定番野菜だけでなく、一風変わった見た目や食べ方の珍しい野菜もたくさんあります。
その中でもユニークな野菜をご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

白ナス

「白ナス」はイタリア原産の品種で、その名のとおり皮の白いナスです。

加熱すると皮の色は変わってしまいますが、ねっとりとした食感になります。

同じナスの品種で「ゼブラなす」もあり、こちらもイタリアが原産です。

白と赤紫色のしま模様が入ったナスで、加熱するとトロリとした食感になります。

そのため、ソテーや煮込み料理に利用されることの多い野菜です。

スイスチャード

「スイスチャード」は彩り豊かな葉物野菜です。

茎と葉脈が様々な色をしており、赤、黄色、ピンクなの色は見ているだけで楽しめます。

茎が太いものは炒め物や漬け物にし、茎の色を活かした上で、ロールキャベツ風にすると見た目が素敵です。

マメ類「ささげ」「シカクマメ」

「ささげ」という豆類は、いんげんに似ていますが、あずきの近縁種です。中には大きさが40〜50cmになるものもあります。

いんげんと同じように利用できて、クセがなく、炒めても天ぷらにしてもおいしい野菜です。

「シカクマメ」は、断面が四角になる変わったマメです。

品種が多く、沖縄の「ウリズン」もこのシカクマメです。

四方にヒダが付いた見た目がユニークで、塩を入れたお湯でさっと茹でて、サラダなどに利用します。

ポリポリとした歯ごたえにクセのない味なので、他の素材との相性もばっちりです。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧