コロッケを通して日常に手づくりのワクワクするおいしさを届けるお店「All About My Croquette」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > コロッケを通して日常に手づくりのワクワクするおいしさを届けるお店「All About My Croquette」

ライフスタイル

コロッケを通して日常に手づくりのワクワクするおいしさを届けるお店「All About My Croquette」

コロッケを通して日常に手づくりのワクワクするおいしさを届けるお店「All About My Croquette」

2017年09月26日

松陰神社前のゆるやかな空気が流れる商店街に、コロッケ専門店「All About My Croquette(オール アバウト マイ コロッケ)」はあります。大きな窓が特徴的な明るい店内では、様々な種類のユニークなコロッケを作っています。そんな「All About My Croquette」オーナーの根本周(ねもとしゅう)さんに、コロッケへの思いやこれから挑戦したいことなどをうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

コロッケ 手づくりのおいしさを届ける

——「All About My Croquette」誕生のお話を教えてください。

新しい事業を始めるにあたり、「母親が作るコロッケが好きだった」という原点に立ち返りました。そして、自分にとってコロッケはほとんど外では買わない家庭料理の一つでした。そんな時、自分の会社が出している雑誌の企画で、料理家さんにレシピを作っていただく機会がありました。その中でローズマリーのコロッケを提案していただいた時に、こういったお洒落で楽しいコロッケを出すお店があったら自分でも買いに行きたいと思いお店を立ち上げました。

「ビーツ&クリームチーズコロッケ」

ピンクの色合いがかわいらしい。ビーツのあっさりとしたおいしさと濃厚なクリームチーズの味わいがよく合います。割った時に「わあっ」と驚くこと間違いなしの一品は、手土産にもぴったりですね。

肉屋さんのコロッケや、母親が作ったコロッケには勝てないかもしれませんが、お店では変わり種の新しいコロッケをご用意しています。

カラフルで楽しいコロッケが多いこともあり、ホームパーティーに持って行かれるお客様も多いです。カラフルなコロッケは、ビーツ、イカスミ、ほうれん草アランチーニ、海老マヨネーズあたりが人気です。メニューは店長が作成し、種類も入れ替えています。

店長の田窪史絵(くぼたふみえ)さん。

中に入れる具材も切り方を変えたり、ゴロゴロと大きく入れるなど工夫しています。割った時や食感も大切にしています。

こだわりすぎずフラットな気持ちで作る

——コロッケに使用している食材へのこだわりを教えてください。

もちろん添加物は不使用ですが、あえてオーガニックの野菜などにこだわらずに作っています。じゃがいもは、様々なじゃがいもでコロッケを試作した結果、男爵が一番うちのコロッケに合うというのを発見し、使用しています。産地は、ほぼ北海道産です。

「こだわらない」ということにこだわっています。フラットな気持ちでいながらも、おいしいものを提供しているという自信はあります。

お持ち帰り用パッケージもおしゃれなデザイン。ホームパーティーを楽しく演出します。。

——人気のコロッケはどの種類ですか。

じゃがいものおいしさをシンプルに味わえる、プレーンが一番人気です。いろんな味を食べ尽くしてプレーンに行き着いた、というお客様も多いです。プレーンのコロッケにはソースをご用意していますが、プレーン好きの人はソースなしで楽しまれています。夏場には少し味を濃くしているんですけど、そういう細かな違いにも気づかれる方もいます。

一番人気のプレーン。

サクサクとした衣とじゃがいもの素朴なおいしさが絶品。じゃがいもは、マッシュしたものと角切りにしたものとが入り、食感の楽しさも味わえます。

——お店を松陰神社という場所で始めた理由を教えてください。

内装をフットサル仲間だった松陰神社にあるカフェのオーナーに相談していて、

いろいろ物件も見に行っていたのですが、そのタイミングでいいところが空くよ、と教えていただき今の物件と出会いました。また以前から、この松陰神社の商店街の雰囲気がいいなと思っていたこともここでお店を始めた理由の一つです。

コロッケをメディアにする挑戦

——これからどんなことに挑戦していきたいですか。

料理家さんが発案するコロッケや伝統野菜のコロッケなどに挑戦していきたいと思っています。雑誌の事業をしていたときに、伝統野菜の紹介をしても興味のある人しか読まない事実を知り、伝えることへの限界を感じました。そしてコロッケでそういった伝統野菜を紹介したらどうかと考えました。コロッケをメディアにするという考え方です。食べることを通して「そういう野菜があるんだ」ということの認知につなげていけたらと思います。

また、お店のコロッケの定義は、『調理した食材を包んで揚げる』ことなので、ネパールのモモやベトナムのバインゴイなど、世界各国の料理も作ってみたいと思っています。

一時期、ネパールのカレーコロッケを出していたのですが、すごく好評でした。

ほうれん草チーズのアランチーニ

ほうれん草がたっぷり入ったライスコロッケ。とろけたチーズとベーコンの旨味がマッチした、おつまみにもぴったりな味わいです。

今後は、店舗展開もしていきたいと考えています。駅ナカかデパ地下など、いろんな人が集まる場所に出店してみたいです。

——お客様へのメッセージを教えてください。

コロッケって老若男女、人を選ばない料理だと思います。当店には、おばあちゃんたちがお茶感覚でコーヒーとコロッケを食べに寄ってくださったり、ビールと一緒にコロッケを楽しまれる方など多くの方がいらっしゃいます。

辛い時とか悲しいできごとがあった時も、楽しい時や喜ばしいできごとがあった時も、いつも思い出すと「あそこのコロッケがあったよね」、というような存在になれるといいなと思っています。

知り合いのアーティストさんが描かれたコロッケのイラストで店内を明るく彩ります。

「食べるとホッと笑顔になれる、笑い合えるような存在になりたい」、という想いのつまった「All About My Croquette」のコロッケを食べると、カラフルな色合いや意外な具材の組み合わせを楽しみながらも、安らぐような優しいおいしさに出会います。

店内にはランチプレートやビールのおつまみにコロッケを楽しむ方、持ち帰り用に揚げたてを待つ方々でゆったりとした空気が流れ、多くの地元のお客様に愛されているお店だと感じました。

これからもコロッケを通して、私たちにどんなおいしさを届けてくれるのでしょうか。

 

▶ All About My Croquette

東京都世田谷区若林 4-20-9 若松屋ビル1階

TEL:03-6450-8022

営業時間:11:00-20:00

定休日:不定休  ※facebookページにてご確認ください。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧