農産物PRユニットで農業を元気に JAおおいがわ発アイドル「茶果菜」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 農産物PRユニットで農業を元気に JAおおいがわ発アイドル「茶果菜」

マーケティング

農産物PRユニットで農業を元気に JAおおいがわ発アイドル「茶果菜」

農産物PRユニットで農業を元気に JAおおいがわ発アイドル「茶果菜」

2017年10月03日

静岡県藤枝市を中心に、地元農作物のPR活動を行うアイドルユニット「茶果菜(ちゃかな)」。高齢化で農業に活気を失いつつある町で、静岡県藤枝市周辺の農家と農作物を応援したいという思いから結成され、はつらつとした笑顔とパフォーマンスで地元を盛り上げています。今回はJAおおいがわの広報課、塚本辰之(つかもとたつゆき)さんに「茶果菜」の活動や、地域に与えた影響についてお話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

地域の農業に活気を与えたい 「茶果菜」結成の経緯

JAおおいがわは、静岡県中部に位置する藤枝市に本店を構え、焼津市と島田市、川根本町を管轄しています。地域一帯は温暖な気候と清流に恵まれており、お茶やミカン、トマトなど、1年を通して様々な野菜を栽培しています。

JAおおいがわの管轄区は、高齢化による地域農業の衰退や、お茶の市場価格の低下に伴う農家の収入減少という問題を抱えていました。そこで、地域を担う次世代層の若い力で農業を元気にしていくことと、地域の農産物の消費拡大を目指して「茶果菜」が結成されました。

「茶果菜」というユニット名は、「お茶」、「果物」、「野菜」から一字ずつ取って名付けられました。

市町や茶振興協議会などとコラボレーションしてユニットを作るケースはありますが、JA単独での結成は珍しいといいます。

手探りで始まったアイドルのプロデュース

茶果菜の楽曲や衣装の制作、ダンス指導は専門家に依頼していますが、スケジュールの管理やCM、ポスター作成などのサポートはJAおおいがわ広報課が行っています。

アイドルのプロデュース事業を行った例がないため、プロジェクトは手探りの状態でスタートしました。運営方法や規約の作成、諸連絡のシステム構築など初めてのことばかりで、困難の連続だったといいます。

「知名度が全くない状態だったため、当初はメンバーを集めるのも大変でした。職員自らカラオケボックスやダンススクールを訪問して募集活動を行いました」(塚本さん)。

そして、職員たちの尽力によりメンバーが揃い、平成28年4月、ついに「茶果菜」が始動。現在、メンバーは11人です。15歳から22歳の地元の学生で構成されており、イベントを通じて地域の農産物の魅力を発信しています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧