地域と共生 女性農業家が営む「はのさち農園」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 地域と共生 女性農業家が営む「はのさち農園」

生産者の試み

地域と共生 女性農業家が営む「はのさち農園」

地域と共生 女性農業家が営む「はのさち農園」

2017年10月04日

富士山麓の豊かな水と自然に恵まれた山梨県都留市に、「はのさち農園」はあります。年間50種以上の野菜を栽培し、専業農家として全てを一人でこなしている羽野幸(はのさち)さんに、野菜作りや農業のこだわりをお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

山あいの地に豊かな田畑が広がる都留の田園風景

羽野幸さん略歴

・山梨県都留市在住
・2012年4月に独立就農。「はのさち農園」を営む
・8.7反の田畑で、米や野菜を栽培
・作物は個人宅やレストラン、スーパーなどに直接販売

お客様のニーズに応えた少量多品目栽培

現在、田畑は8.7反。少量多品目で50種~60種の野菜と米を作って販売しています。野菜は、トマトやナス、オクラ、ピーマン、カラシナなどを栽培しています。

個人向けの野菜セットには、食べ慣れているものから珍しいものまで入っています

個人のお客様向けに販売している「野菜セット」には、8種類から10種類の旬の野菜を詰め合わせてお送りしているので、似たようなものばかりにならないよう、バリエーションには気を遣います。食べ慣れている馴染みのある野菜の他に、流行っている野菜やちょっと変わり種も交えて、と考えていると自然と多品目になるのです。

都留市は山あいの町なので、農地に適した広い農地はあまりなく、1枚当たりの面積が小さいのが特長です。私の畑は、山の中や自宅から少し離れたところにあるので、毎日移動しながら畑を見ています。

苗作りから配達までを一人でこなす

はのさち農園は、私一人で運営しているので苗作りから始めて、植え付け、草刈り、収穫まですべて自分で行います。収穫期である夏から秋は、配達や発送もあるので、特に忙しいです。朝は午前4時前に起き、日が暮れるまで作業が続きます。

雪化粧をした都留市の田園風景 冬の寒さは厳しい

都留市は12月に入ると朝は氷点下まで気温が下がります。そのため、出荷は大晦日で終了しますが、1月の下旬には苗作りの準備が始まります。忙しいですし、大変なこともありますが、やっぱり大好きな都留で自然に囲まれて仕事ができるのは楽しいです。

採れた野菜は、すべて直接販売しています。個人通販や宅配、自然食レストランや地元のスーパーが主なお客様で、顔を知っている人がほとんどです。私の野菜作りへの考え方や、取り組みに共感してくださる方が少しずつ増えて今に至っています。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧