季節の暦 二十四節気「立冬」〜いよいよ冬の始まり〜 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 季節の暦 二十四節気「立冬」〜いよいよ冬の始まり〜

ライフスタイル

季節の暦 二十四節気「立冬」〜いよいよ冬の始まり〜

季節の暦 二十四節気「立冬」〜いよいよ冬の始まり〜

2017年10月24日

立冬は11月7日頃から11月21日頃を指します。立冬の日から暦の上では冬となり、いよいよ冬の気配を感じるようになる時期です。この節気は、初候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」、次候「地始凍(ちはじめてこおる)」、末候「金盞香(きんせんかさく)」で構成されています。木枯らしが吹くようになり、紅葉した葉が風で舞い落ちる様子は、美しさと同時に少しもの悲しい雰囲気も感じさせます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

 山茶花の花を食べる

冬の始まりを知らせるように咲く山茶花。ツバキ科の植物で、花びらがはらはらと落ちて枯れるのが山茶花の特徴です。

山茶花は天ぷらにして食べることができます。味は淡泊であっさりしているそうですが、季節の花を食べて季節そのものを感じるのも素敵ですね。

ちなみに、椿も同じように天ぷらにして食べることができるようです。椿の花が咲いたときにも天ぷらを作り、食べ比べてみるのもよいかもしれません。

立冬の頃の旬の野菜

この頃になると鍋物などがおいしくなりますね。鍋物はたくさんの野菜が食べられるうえに体も温まり、しっかりと栄養摂取ができます。

そんな鍋物や味噌汁の具材として欠かせないのがネギ。この頃になると長ネギが旬を迎えます。煮ると甘みが出てとろりとした食感になり、魚肉の臭みも抑えてくれる野菜です。

一般的には、日本で使われているネギの種類のうち、主に白い葉柄部分を食べるものを「長ネギ」・「根深ネギ」と呼びます。緑色の葉柄部分を食べるものを「青ネギ」と呼んでいます。長ネギはぶつ切りにして直火で炙り、味噌汁に入れるだけでも手軽においしい一品になります。刻んで薬味にしたり、ごま油などと炒めて料理の香り付けに利用したりと、使い勝手がよく重宝します。

購入するときは、ふかふかしたものではなくしっかりと締まって弾力のあるものを選びましょう。表面や葉先が茶色に変色していないものを選ぶのもポイントです。

新聞紙に包んで、できるだけ立てて室内の温度の低いところか日の当たらないところへ保管するのがよいとされています。1本全て使い切れずに残ってしまった場合は、ポリ袋やラップで包んで野菜室に立てて保管し、早めに使いきりましょう。

立てて保管するのはネギが縦に伸びる性質があるためで、横にすると縦に戻ろうとして余分なエネルギーを消費し、傷みやすくなります。長ネギの香りの成分である硫化アリルは、体温を上昇させて血行を促進させる作用があるといわれます。他にも、含まれている微量元素のセレンは、ガンの抑制作用が研究されているミネラルのひとつです。

葉にはカロテンも含まれているため、白い部分だけではなく葉の部分も取り入れられるように調理を工夫するとよいでしょう。
 
【季節の記事関連はこちら!】二十四節気についてもっと見る

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧