季節の暦 二十四節気「霜降」〜秋の深まる頃〜 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 季節の暦 二十四節気「霜降」〜秋の深まる頃〜

ライフスタイル

季節の暦 二十四節気「霜降」〜秋の深まる頃〜

季節の暦 二十四節気「霜降」〜秋の深まる頃〜

2017年10月23日

二十四節気のひとつ霜降(そうこう)。この節気は、10月23日頃から11月6日頃までの時期を指します。初候「霜始降(しもはじめてふる)」、次候「霎時施(こさめときどきふる)」、末候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」から成り立っており、文字のとおり霜が降りる季節になります。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

秋に降りる霜は農作物に被害を与えるとされ、あまり歓迎されませんが、北の地方から紅葉が進んできて、目を楽しませてくれます。やっと秋が深まったような気がしますが暦の上では晩秋で、もうすぐそこまで冬の気配が近づいてきています。

紅葉狩りに適した季節

霜降の時期、特に楓蔦黄の時期は、紅葉狩りに適しているとされています。紅葉といえば一般的にはモミジやツタ、イチョウが挙げられますが、他にもコナラ、ナナカマド、ケヤキなども紅葉します。

それぞれの木々で紅葉の様子も様々で、多くの種類の紅葉木があるほど、山の彩りに奥深さが出て美しい絶景を楽しむことができます。このように目を楽しませてくれる紅葉木の一種であるモミジは、実は天ぷらとしても食べられています。大阪府には昔ながらに銘菓としてモミジの天ぷらが販売されている地域もあります。優しい甘さと、かりんとうのような香ばしさのあるお菓子ということで、紅葉を楽しみながらこのお菓子をいただくというのも風情がありますね。

菊の花を食用として楽しむ

1つ前の節気「寒露」の頃から各地で菊花展が開催され、菊の花を観賞して楽しむことができますが、実は食用の菊もあります。

食用の菊も秋が旬で、料理のアクセントとして飾るだけでなく、和え物・おひたし・酢の物などにして食べられています。料理に用いる際は香りと食感を大切にするため、さっとお湯に入れて混ぜる程度の加熱にとどめ、茹ですぎに注意します。茹でる時に酢をいれると色よく茹でることができます。

中国では菊を目の薬として用いることがあり、充血や腫れ、視力の低下などに効果があるそうです。また、自律神経を安定させたり、解熱やリラックスの効果もあるといわれています。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧