繁盛店を次々プロデュース 若手起業家が描く生産者とのつながり – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 繁盛店を次々プロデュース 若手起業家が描く生産者とのつながり

マーケティング

繁盛店を次々プロデュース 若手起業家が描く生産者とのつながり

繁盛店を次々プロデュース 若手起業家が描く生産者とのつながり

2017年11月02日

東京・中野のマグロ専門店「マグロマート」。定番の赤身から稀少部位まで、マグロをまるごと楽しめる飲食店は、そのこだわりが受けて、今では予約の絶えない人気店に。オーナーの尾坂亮(おさかりょう)さんが、脱サラして友人と居酒屋を始めて7年。2017年6月には、東中野に新しいコンセプトのネオ居酒屋「東灯(とうとう)」をオープンした。大切にするのは「おいしい食材をシンプルに提供することと、地域に溶け込むこと」。経営者として、人として心がける、他者とのネットワークのつくり方、人が集まる空間づくりの秘訣とは。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

マグロマート

素人経営者がたどり着いた「良い食材をシンプルに提供する人気店」

東京・東中野。駅から続く商店街を抜けた先に「東灯(とうとう)」がある。広い間口から漏れる柔らかい光が通りを照らす。灯りに引き寄せられた人々が、にぎやかに集うネオ居酒屋は、オーナー自らが開拓した各地の食材を楽しめる店。「東灯」も「マグロマート」も、今では、押しも押されもせぬ繁盛店。そこに至る経緯を、オーナーの尾坂亮さんにうかがった。
尾坂さんは鳥取県の出身。大学進学を機に上京。卒業後、企業に就職したものの、3年半で退職する。「いつか自分の店を出すこと」を考えていた20代の脱サラ起業家は、高校・大学を共にした友人と、愛着のある中野で15席の小さなバーを始める。「店を気に入ってくれた人たちが気軽に集まれるバー」は、徐々にファンを増やしていく。バーを切り盛りしながらも、次の展開を考える日々の中で、会社員時代から自分たちが通っていた店のマグロを思い出し、仕入先を聞いて、神奈川・三浦半島の三崎のマグロ卸問屋に通うようになる。問屋の方から流通しにくい珍しい部位を食べさせてもらったり、様々な話を聞いたりする中で「マグロっておいしいだけではなく面白い」と感じた。二店舗目は、マグロを中心に据えることに決め、自分たちの感動をそのまま店づくりに活かした「マグロマート」をオープンする。
「自分たちは素人だという自覚があったので、凝った料理は玄人の料理人にお任せし、食材の魅力をダイレクトにスカッと伝えること」をテーマにした。「素材に手を加えず、その代わりに様々な部位を楽しんでもらう」ありそうでなかったスタイルは、話題を呼び、マスメディアに頻繁に取り上げられる人気店に。
手の込んだ料理を提供する。雰囲気作りを重視する。店の在り方、メッセージの伝え方に正解はない。何を重視するかは、オーナーの考え方次第。尾坂さんは「良い食材をシンプルに提供する」スタイルを選んだ。それを「マグロ以外」で展開するのが「東灯」だ。

マグロマート

マグロマート

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧