冬野菜は温まる?〜冬野菜と夏野菜の違いとは〜 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 冬野菜は温まる?〜冬野菜と夏野菜の違いとは〜

ライフスタイル

冬野菜は温まる?〜冬野菜と夏野菜の違いとは〜

冬野菜は温まる?〜冬野菜と夏野菜の違いとは〜

2017年11月03日

今ではハウス栽培や外国からの輸入によって大抵の野菜は一年中、好きな時に食べられるようになりました。野菜売り場を見回して、それぞれの野菜の本当の旬はいつか分かる物はどれくらいあるでしょうか?冬野菜と夏野菜の違いを見てみましょう。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

栽培から見た夏野菜と冬野菜の違い

育てる時期などからの夏野菜と冬野菜の違い

栽培時期の目安

■夏野菜

・春に種蒔き

・初夏に苗を植える

・収穫時期は初秋頃まで

・霜が降りると枯れる

■冬野菜

・夏の終わりに種蒔き

・初秋から秋に苗を植える

・収穫時期は冬・早春頃

日本以外の原産地

■夏野菜
・熱帯・亜熱帯地域が主

■冬野菜

・地中海沿岸や中央アジア、中国など緯度が高めの地域が主

多く見られる形態

■夏野菜

・実がなる野菜(果菜類)

■冬野菜

・葉または根を食べる野菜(葉菜類/根菜類)

栽培時期では一概に季節の野菜と言えない事も

夏野菜と冬野菜の違いを大まかに分けると、上記のようになります。

夏に収穫できる野菜でも栗カボチャやジャガイモは暑さにあまり強くありません。どちらも北海道で多く栽培されていますので、比較的冷涼な気候を好む事がわかると思います。

また、エンドウやソラマメは多くの地域では晩秋に種蒔きして冬を越し、翌年の初夏に収穫されますが北日本では冬作できないため、春に植える事になります。

このように、栽培上の暦で夏野菜と冬野菜に分けると、地域によって夏野菜や冬野菜が若干異なってくる事もありますので、一概に「○○は冬野菜」とも言い切れない事もしばしばあります。日本の多様な気候をうまく利用し、旬とは違う季節に野菜を育てたケースがあります。

タマネギは、本州より南では秋に種をまいて春から初夏にかけて収穫する野菜ですが、北海道では2月から3月頃に種蒔きをして9月から10月に収穫し、翌年の春先まで断続的に出荷します。すると今度は、佐賀県産のタマネギが春取りのタマネギのトップを切って出荷されはじめ、全国の産地で上手に収穫期がリレーされています。

【関連記事】鍋料理などにピッタリの「11月に旬を迎える野菜」

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧