八百屋が農家になる ゆとりのある生産体制へ「農業の新しい仕組み」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 八百屋が農家になる ゆとりのある生産体制へ「農業の新しい仕組み」

マーケティング

八百屋が農家になる ゆとりのある生産体制へ「農業の新しい仕組み」

八百屋が農家になる ゆとりのある生産体制へ「農業の新しい仕組み」

2017年11月13日

株式会社アグリコネクトの代表を務める伊東悠介(いとうゆうすけ)さんは、東京都新宿区神楽坂で八百屋「神楽坂野菜計画」を経営する傍ら、東京郊外に畑を借りて自社で野菜を育てる計画を進めています。その理由は、青果の販売だけではなく、日本の農業の新しい仕組み作りをしたいからだといいます。いったいどのようなプロジェクトなのでしょうか。伊東さんが考える日本の農業の問題点、解決策についてうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

八百屋が野菜を作り配送して販売する

伊東さん(左)と生産部門を統括する小島信之(こじまのぶゆき)さん

「神楽坂野菜計画」は、鮮度とおいしさにこだわった全国各地の野菜を扱う青果店です。個人経営の小さな店舗が、東京郊外に自社直営の畑を持つ準備中だそうです。「野菜作りだけではなく、農業の仕組み全体を変えたい」という伊東さんの熱い思いがあります。「日本政策金融公庫からの農業資金の借り入れと並行して、本格的に野菜作りの準備を進めている段階です」と話す伊東さん。早ければ2017年12月から畑を耕しはじめる予定だそうです。「自家製の野菜を地域の直売所に持参して販売したり、都心のスーパーに産直野菜が置いてあることはよくある光景だと思うんです。僕らはさらに一歩踏み込んで自分たちで野菜を作って、配送、販売までやりたいと考えています」。

生産、配送、販売を自社で一貫して行うことで、格段に鮮度がよくなり、生産から販売に至るまでのマージンを減らすことで、農業の収入を一層安定させることを狙っているそうです。

朝採れ野菜を当日中に都内へ配送

畑を東京都内に構えるということも大きなポイントだそうです。23区内へ、早ければ1時間以内に野菜を運べるといいます。「明け方に収穫した野菜を、午前中には店先に並べることができます。見た目の鮮度が全然違いますから、お客さんにもダイレクトに素材の良さが伝わるはずです」。

一緒に畑を耕すパートナーの小島さんが、仲間の農家さんに声をかけ、運営メンバーも着々と増えています。立ち上げ時は「お肉やオイルドレッシングにも負けない強い味わいの葉物野菜を作りたい」と、サラダハーブやケール、カラシナなどの葉物野菜を中心に育て、通年出荷を目指しています。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧