埼玉の農業を支える地方銀行 地元が頼る武蔵野銀行の強みとは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 埼玉の農業を支える地方銀行 地元が頼る武蔵野銀行の強みとは

行政・団体・個人の支援

埼玉の農業を支える地方銀行 地元が頼る武蔵野銀行の強みとは

埼玉の農業を支える地方銀行 地元が頼る武蔵野銀行の強みとは

最終更新日:2018年01月15日

農作物の産出高がトップクラスで、しかも都市。そんな真反対にも思える要素のある都道府県があります。答えは埼玉県。実は埼玉県は隠れた農業県だということを、ご存じでしたか?この背景には、埼玉県特有の理由に加えて、地元の金融機関、武蔵野銀行の存在が。地元が信頼する武蔵野銀行の強みはどこにあるのでしょうか。埼玉の農業を支える、武蔵野銀行を紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

消費地に近く農作物の産出高もトップクラスの埼玉県

埼玉は、隠れた農業県です。ネギ、ホウレンソウ、サトイモ、コマツナ。食卓にのぼることも多い、これらはすべて、埼玉県が産出額全国1位を誇る農作物。野菜全体を見ても全国6位です。

この理由には、平地の多い土地柄と、巨大な消費市場が足元にあるというアドバンテージが小さくありません。埼玉県民が約730万人いるのに加え、隣り合った東京都には約1,360万人が住んでいます。

恵まれた環境からか、農業法人は今なお増えています。平成16年度に253あった農業法人が、平成28年度には886法人と、約3倍に増えました。こう聞くと、埼玉で農業を始めようかなと思った方もいるかもしれませんね。「埼玉で農業をやる!」と考えたとき、県内の相談先として紹介されることが多いのが、地元の地域銀行、武蔵野銀行です。

武蔵野銀行が農業支援に強い3つの理由

それでは、なぜ、武蔵野銀行は農業支援に強いのでしょうか。ここでは、3つの理由を挙げます。

【関連記事】埼玉で異業種から農業参入? 武蔵野銀行に聞く農業新規開業のコツ

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧