【ふるさと納税】全国各地の銘酒を飲み比べ「日本酒Best5」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】全国各地の銘酒を飲み比べ「日本酒Best5」

ふるさと納税

【ふるさと納税】全国各地の銘酒を飲み比べ「日本酒Best5」

【ふるさと納税】全国各地の銘酒を飲み比べ「日本酒Best5」

最終更新日:2018年10月09日

日本酒は燗でも冷やでもよしという、世界でも珍しいお酒として知られています。飲用温度も他の酒類と比べると幅が広いのも特徴です。日本独特の気候風土のもとで作られるお酒で、その土地ならではの様々な特色があります。また一口に日本酒といっても、吟醸酒、純米酒、本醸造酒などの種類に分けられています。今回はふるさと納税で届く、奥深い魅力のある全国の日本酒を紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

1.朝日町の地酒「豊龍」1万円(山形県朝日町)

日本酒

地域 寄付金額
山形県朝日町 10,000円

山形県西村山郡朝日町は、山形県の中央部に位置する町です。朝日国立公園の主峰・大朝日岳の東縁山麓地域にあり、最上川や国立公園をはじめとする原生林野が町土の73%を占める、自然環境の豊かな町。最上川の両岸に沿った河岸段丘は、果樹、作物の栽培に適した肥沃な土地で、特産品のリンゴなどが栽培されています。

「豊龍」は山形県朝日町にある唯一の酒蔵「鈴木酒造」で造られた地酒です。鈴木酒造は、朝日銀山の歴史とともに300年の歴史を誇る山形県で一番小さな酒蔵です。現在も杜氏がもろみの発酵する音を聞く昔ながらの方法で管理しているのが特徴。酒蔵の職人たちが伝統の技を引き継ぎ、丹精込めて造っています。

町内のスーパーマーケットなどの店頭に並ぶものの、生産量が少ないので町外ではなかなか手に入らない、まさに朝日町民以外には幻の逸品です。「豊龍」は1本1.8L。申し込みは通年可能で、寄付納入月の翌月に発送されます。

詳細はこちら

2.純米吟醸・特別純米「はなざかり」2本セット1万円(岐阜県八百津町)

日本酒

地域 寄付金額
岐阜県八百津町 10,000円

岐阜県加茂郡八百津町は木曽川中流域にあり、江戸時代から大正時代まで様々な物資が行き交う湊町として繁栄を遂げてきた町です。山紫水明の美しい風景は飛騨木曽川国定公園として指定され、多くの観光客が訪れています。八百津町の歴史的背景と良質な伏流水は様々な特産品を生み出し、日本酒をはじめとする各種醸造業もその一つです。

「はなざかり」は丸みのあるやわらかな飲み口を感じられる日本酒です。はなざかりを造る花盛酒蔵株式会社は、明治19年(1886年)の創業以来、少量ながら良質な酒造りをモットーにこだわりのお酒を提供し続けています。

経営者杜氏の元で小仕込みで製造を行い、袋吊りや全国的に数少なくなった「ヤヱガキ搾り機」を用いてしぼりを区別した商品を造り続けています。また軟水の特色を生かした丸みのあるやわらかな味わいを目指して醸しており、2015年には岐阜県新酒鑑評会「純米の部」において最高位の県知事賞を獲得しました。

返礼品は純米吟醸はなざかりと特別純米はなざかり各720ml、1本ずつが送られます。申し込みは通年可能で、入金確認後随時に発送されます。

詳細はこちら

3.新発田の蔵元飲み比べセット1万4,000円(新潟県新発田市)

日本酒

地域 寄付金額
新潟県新発田市 14,000円

新潟県新発田市内にある4つの蔵元がすすめる日本酒を飲み比べできるお得なセットです。コクのある旨口からすっきりとした辛口まで、新発田の地酒を飲み比べることができます。

内容は、菊水酒造「ふなぐち菊水一番しぼり」1本、ふじの井酒造「本醸造 さえずりの里」1本、金升酒造「碧ラベル」1本、市島酒造「夢 純米酒」1本、すべて720mlです。

ふなぐち菊水一番しぼりは、濃厚でありながらさらりとした喉ごし。フレッシュな果実のような香りとコクのあるしっかりとした旨みが楽しめます。さえずりの里は、夜明けの小鳥のさえずりを聞かせて醸した酒で、味はまろやか、ほんのり旨みを感じる喉ごしの良いお酒です。碧ラベルは新発田市産の酒米「五百万石」を丹念に醸し、熟成したお酒です。

「夢 純米酒」は、米と水だけで造る本格派純米酒で、従来の純米特有の重さを抑え、スッキリと辛口に仕上がった飽きのこないお酒です。

通年申し込み可能で、入金確認後2~4週間程度で配送されます。

詳細はこちら

4.日本最北のもち米「純米酒 北吹雪」3本セット1万5,000円(北海道遠別町)

日本酒

地域 寄付金額
北海道遠別町 15,000円

北海道天塩郡遠別町は、深く澄んだ海と秀峰利尻富士を望み、古くから森と海が心地よく共存する自然豊かな町です。日本最北の米どころとして良質なもち米が生産される町としても知られています。またメロン、ホウレンソウ、アスパラガスなどの野菜も味がよいと評判です。ホタテの稚貝を養殖したり、近海で獲れた魚介類に付加価値をつけ生産・販売するなどの取り組みを行う漁業が盛んです。

「純米酒 北吹雪」は遠別町産のもち米「はくちょうもち」を原料に作られた日本酒です。冷涼な気候風土の中でしっかりと味わいを膨らませた遠別産もち米だけを使った、もち米100%の純米酒です。

もち米だけの醸造は仕込みなどの手間の難しさから酒造りとしては敬遠されてきました。製造を旭川の高砂酒造に依頼して選ばれた杜氏が造ることで、見事に優しい香りとまろやかな口当たりを醸す純米酒に仕上りました。端麗辛口で、冷やして飲むのがおすすめです。

純米酒 北吹雪の1.8L、720ml、300mlの3本セットです。

詳細はこちら

5.「福来」飲み比べリキュール入りセット3万4,000円(岩手県久慈市)

日本酒

地域 寄付金額
岩手県久慈市 34,000円

岩手県久慈市から届く返礼品は、大吟醸と純米大吟醸、純米原酒、特別純米酒、特別本醸造と山ぶどう酒(リキュール)の6本セットです(リキュールは1本500ml、それ以外は1本720ml)。飲む人にも売る人、造る人にも「福」が「来」るようにと命名されたお酒「福来」で、お祝い事などに縁起が良いと人気の商品です。

大吟醸は酒造に適した山田錦を精米歩合40%で仕込み、長期低温発酵させたお酒です。口に含むと華やかな吟醸の香リとやわらかい上品な味わいが広がります。純米大吟醸は、岩手県産初のオリジナル酒造好適米「吟ぎんが」を50%に精米し、県のオリジナル酵母で仕込んでいます。

純米原酒は、岩手県産「ぎんおとめ」を使用して醸してあり、割水していないのでアルコール分が高めです。特別純米酒は、「ぎんおとめ」を60%に精米して仕込んだ純米酒で、米の旨み、豊かな味わいが生きています。特別本醸造は「ぎんおとめ」を60%に精米して仕込んでいて、マイルドな味わいの中に、米のもつ風味も感じられます。山ぶどう酒は岩手県九戸郡野田村の山ぶどうを使用して、女性にも飲みやすい日本酒のリキュールです。

通年申込み可能で、入金確認後に随時発送されます。

詳細はこちら

どの日本酒もその土地ならではの逸品揃いです。お酒好きな方は、ふるさと納税でぜひ飲み比べてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧