オーガニック農産物に必須!「有機JASマーク」制度の取得方法 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > オーガニック農産物に必須!「有機JASマーク」制度の取得方法

行政・団体・個人の支援

オーガニック農産物に必須!「有機JASマーク」制度の取得方法

オーガニック農産物に必須!「有機JASマーク」制度の取得方法

最終更新日:2018年02月01日

食の安全への意識が高まるにつれ、農薬や化学肥料を使用せずに作られたオーガニック製品への注目度も高くなっています。農家や畜産家がオーガニックの農産物や加工品を作ろうと思ったとき、「有機○○」や「オーガニック○○」など表記する際に必ず必要となるのが有機JASマークの取得です。そこで有機JASマークの制度や取得の手順について紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

「有機・オーガニック」と名乗るために必要な有機JASマーク

日本では有機食品に関する基準が統一して決められていなかったため、様々な方法で生産されたものが「有機食品」として市場で流通していました。そこで、平成11年に改正されたのが、JAS法です。

JAS法では、有機農産物と有機農産物加工食品についてJAS規格が定められ、その方法に従って生産されたものにだけ有機JASマークが付きます。そして、パッケージに「有機」「オーガニック」といった表示ができるようになったのです。

有機JASマークは、太陽と雲、植物をイメージしてデザインされています。農薬や化学肥料に頼らず自然の力で生産された食品や、それらを原料にした加工食品に付けられています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧