JAと市町村が新規就農者をサポート「南信州・担い手就農プロデュース」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > JAと市町村が新規就農者をサポート「南信州・担い手就農プロデュース」

行政・団体・個人の支援

JAと市町村が新規就農者をサポート「南信州・担い手就農プロデュース」

JAと市町村が新規就農者をサポート「南信州・担い手就農プロデュース」

2018年02月14日

農家の担い手不足が深刻化している長野県のJAみなみ信州は、2017年に管轄内の市町村と連携して「南信州・担い手就農プロデュース」の取り組みを始めました。新規就農者のための栽培に関する支援をはじめ、生活面、経済面を独立するまで広くサポート。担い手不足の解消に繋げようと試みています。今回は、JAみなみ信州担い手支援室の澤柳実也(さわやなぎじつや)さんに、話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

「南信州・担い手就農プロデュース」が始まるまで

2011年には約7,000戸だったJAみなみ信州管轄内の販売農家は、農家の高齢化や担い手不足により、2016年には約5,550戸まで急激に減少してしまいました。この事態を受け止めて、JAみなみ信州は2017年4月に「担い手支援室」を設立。東京、大阪、名古屋で同県の南信州8市町村とともに就農相談会を開催するなど、担い手不足を解消するための取り組みを行います。

しかし、面談を重ねるうち、農業研修ができる環境がないことや、就農資金の不足、Iターン就農希望者が住める住宅が少ないなど、就農希望者の受け入れに課題が多いことが明らかになっていきました。

「そこで、南信州全体で『ほかの行政には、こんな就農希望者がいる』『この地域には、こんな住居がある』『研修を行える農地がある』といった情報をシェアした方が良いと考えました。

これまで各自治体やJAで担い手の育成は行っていましたが、お互いの情報は共有していませんでした。しかし、農業を衰退させないためには、行政やJA単体ではなく、南信州全体で農業の担い手を育成できる仕組みが必要だと感じたのです。そこでJAみなみ信州のほか、周辺の8つの市町村が連携した『南信州・担い手就農プロデュース』の取り組みを始めました」と澤柳さんは語ります。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧