売上が25倍に!地元素材を使用した「カクテル梅酒」ヒットの理由 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 売上が25倍に!地元素材を使用した「カクテル梅酒」ヒットの理由

マーケティング

売上が25倍に!地元素材を使用した「カクテル梅酒」ヒットの理由

売上が25倍に!地元素材を使用した「カクテル梅酒」ヒットの理由

2018年02月20日

中野BC株式会社は和歌山県海南市にある酒造会社です。元々は清酒を主に製造販売していましたが、「和歌山にある企業だからこそ」と紀州のウメの需要拡大を図り、1971年に梅果汁の製造をはじめ、その後、梅酒の製造に着手しました。現在では梅果汁は全国90%(梅濃縮果汁原料用果汁のJAS格付実績)のシェアを誇り、2010年に開発された「カクテル梅酒」は見事ヒット製品に。代表取締役社長・中野幸治(なかのこうじ)さんに話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

「カクテル梅酒」はどのように生まれたのか

昨今は人口減少や若者の消費の多様化で、もの作りにおいても対応力や状況に応じた変化が求められています。

老舗酒造の中野BC株式会社では、これまで「長久」、「紀伊国屋文左衛門」、「超久」、「文」の4銘柄の日本酒を製造販売。2008年には「紀伊国屋文左衛門」が、ISC(International Sake Challenge)に入賞。2017年にはフランスで初めて開催されたコンテスト、フランス人がフランス料理と合う日本酒を選ぶ「Kura Master」にて、幻の酒米・愛山を使用した「純米大吟醸 紀伊国屋文左衛門 愛山全量使用」がプラチナ賞を受賞しています。

中野BC株式会社の長久邸 庭園

その一方で、“若者の酒離れ”が進み、特に清酒売り上げ低迷が進んでいきました。その打開策として取り組んだのが、バリエーションに富んだ「カクテル梅酒」の商品化でした。試行錯誤の甲斐あって、梅酒カテゴリーの売り上げは2004年から2009年の5年間で約25倍にも急伸し、起死回生の大きな一手になりました。ニーズを掴みヒット商品を生みだした背景には、どのようなきっかけがあったのでしょうか。

和歌山にある企業の特性を活かした豊富な商品

和歌山県といえば全国一のウメの生産地です。中野BC株式会社では地域の素材を活かし、またその品質の良さを広めるため、昭和の時代から梅果汁や梅酒の製造を手掛けてきました。

「当初、梅酒の売り上げは思ったように伸びなかったものの、1970年代から『赤い梅酒』、『蜂蜜梅酒』、『緑茶梅酒』と、次々と自信作を世に送り出してきました。転機が訪れたのは2003年ごろ、健康志向の高まりで緑茶や梅酒が注目を集めるようになったことです。原酒の仕込みタンクは4倍以上に増え、今だに根強い人気製品となっています」。

じわじわと売上げを伸ばした梅酒のカテゴリーは、その後、梅酒が女性に人気が出始めたことに着目して2010年からカクテル梅酒を作りはじめました。

「フルーツや野菜を使った梅酒や、さくらなどの香りを楽しめる梅酒などを新たに開発しました。地元の果物であるブルーベリーやイチゴ、ハッサクを使った梅酒や地元名産の山椒を使った梅酒、国産のユズ、シークワーサーを使ったものなど。様々なニーズに合わせて1年間に4アイテム以上、商品化をしました。現在、梅酒は全部で約40種類あります。

売り上げの基幹となったのは、昭和の頃から造り続けている『赤い梅酒』、『蜂蜜梅酒』、『緑茶梅酒』。これに次いで『紀州のゆず梅酒』や『紀州のはっさく梅酒』など、サッパリした梅酒があげられます。やはりトータル的な商品数があってこそ、売り上げが伸びていったと考えています」。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧