東京のど真ん中から野菜の魅力を発信【八百屋ファイル:槇村野菜笑店】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 東京のど真ん中から野菜の魅力を発信【八百屋ファイル:槇村野菜笑店】

マーケティング

東京のど真ん中から野菜の魅力を発信【八百屋ファイル:槇村野菜笑店】

東京のど真ん中から野菜の魅力を発信【八百屋ファイル:槇村野菜笑店】

最終更新日:2018年03月13日

近年、独自の目線で野菜をセレクトするこだわりの八百屋さんが都内を中心に増えています。今回は、2つのレストランを併設し、卸と小売の両方を手がける「槇村野菜笑店(まきむらやさいしょうてん)」を紹介します。東京都港区外苑前という意外なエリアに八百屋を開いた理由や、併設するフレンチレストランについて、代表の槇村賢哉(まきむらかつや)さんに話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

昼は卸と小売・テイクアウトを行い、夜はフレンチレストランを運営

東京都港区南青山に位置する、東京メトロ外苑前駅周辺は、ファッションやグルメなどオシャレで感度の高い情報発信地です。そんな八百屋のイメージとはかけ離れたエリアに、2017年5月「槇村野菜笑店」はオープンしました。黒を基調としたスタイリッシュな店舗は、街の雰囲気同様にオシャレで、一見するとレストランのようです。

それもそのはず、卸兼小売の八百屋として営業するかたわら、夜は星付きレストランなどに長く在籍した富樫陸也(とがしりくや)さんが腕を振るうフレンチレストラン「naître(ネトル)」としても営業しています。

さらに昼間は、オーガニックの野菜をたっぷりと使ったランチボックスの販売とイートインも行っています。八百屋という枠には収まりきらない、様々な角度から野菜を味わい尽くせるお店です。そこには、槇村さんのこれまでの経験から培った、野菜に対する思いが込められていました。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧