農業?林業?「アグロフォレストリー」って何!? – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 農業?林業?「アグロフォレストリー」って何!?

ニュース

農業?林業?「アグロフォレストリー」って何!?

農業?林業?「アグロフォレストリー」って何!?

最終更新日:2018年09月07日

農地確保のために森林を切り開くことは、もうやめよう…。そのような考え方に基づき、アマゾンなどの熱帯雨林地域を含む世界各国で、農業と林業を両立する「アグロフォレストリー」が注目されています。
環境を守るとともに、現地の人々が持続的に収入を得ることができる農作物の生産手法として期待されるアグロフォレストリーの普及活動の陰には、日本人の姿もありました。今回は、その歴史と展望に迫ります。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

農業+林業=アグロフォレストリー

アグロフォレストリー(Agroforestry)は、農業(Agriculture)と林業(Forestry)を組み合わせた言葉で、1970年代から使用されるようになりました。
熱帯雨林地域の従来の農業では、森林を伐採して農地や牧場を確保する方法が主流でしたが、その影響で土地が広範囲にわたり荒廃しました。

こうした中、荒廃地を再生する方法として注目を集めたのがアグロフォレストリーです。成長サイクルが異なるさまざまな植物が共存する森林の本来の在り方にならい、複数の農作物を栽培・収穫(混植農法)しながら、森林再生を目指す方法を指します。

現地住民の農業による収入向上はもちろん、森林再生による生物多様性の保全や地球温暖化防止にも貢献できるとして期待されています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧

マイナビ農業 コンテンツ