日本食文化の未来への可能性を醸す!「発酵醸造未来フォーラム東京‘18」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 日本食文化の未来への可能性を醸す!「発酵醸造未来フォーラム東京‘18」

ニュース

日本食文化の未来への可能性を醸す!「発酵醸造未来フォーラム東京‘18」

日本食文化の未来への可能性を醸す!「発酵醸造未来フォーラム東京‘18」

最終更新日:2018年10月16日

日本食文化に欠かせない「発酵醸造」の未来を語る「発酵醸造未来フォーラム東京‘18」が2018年3月9日、10日の2日間にわたり、東京都北区の赤煉瓦酒造工場で開催されました。主催は博報堂「恋する芸術と科学」ラボ。各方面で今注目されている食の専門家が登壇するフォーラムに加え、新たな発酵フードの屋台も会場を盛り上げました。今回はその1日目の様子を紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

発酵醸造好きにはたまらないコンテンツ

会場は日本の発酵醸造の聖地

「発酵醸造未来フォーラム」は、2017年にスタートしたプロジェクト。発酵醸造を日本食の根源と捉え、発酵醸造を起点にして日本の食文化を改めて見直すことも目的としています。今年は会場を国の重要文化財である「赤煉瓦酒造工場(旧醸造試験場第一工場)」に移し、より発酵醸造好きにはたまらない雰囲気を醸していました。

当日はあいにくの雨、しかも平日(初日の3月9日金曜)にもかかわらず、多くの来場者が。
来場者のある女性は「去年参加してとても面白かったので、今年も参加しました。もともと発酵食品に興味があり、今後の仕事にも活かしたいと思っています。2日間でこんなに様々なテーマのお話を聞けるチャンスはめったにありません」とこのイベントに期待していました。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧