海を渡った日本米 ハワイに年20トンを輸出「山形県・つや姫」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 海を渡った日本米 ハワイに年20トンを輸出「山形県・つや姫」

マーケティング

山形

海を渡った日本米 ハワイに年20トンを輸出「山形県・つや姫」

海を渡った日本米 ハワイに年20トンを輸出「山形県・つや姫」

最終更新日:2018年10月02日

日本穀物検定協会の食味ランクで「特A」を8年連続で取得している、山形県のブランド米「つや姫」。JA全農山形では2016年より、アメリカ、ハワイ州への輸出を本格化し、2017年度は輸出量が20トンになると見込まれています。つや姫の海外輸出のきっかけや具体的な取り組みなどについて、JA全農山形 農業支援統括部にうかがいました。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

特Aランクを8年連続受賞!山形を代表する「つや姫」

つや姫
つや姫は、2010年に山形県で誕生したブランドで、上品な甘みと粘りの中に、適度な噛み心地とのど越しを感じられるお米です。日本穀物検定協会の食味ランクで、最高位の「特A」を、デビュー以来8年連続(※1)で取得しています。

「つや姫が誕生してから、全国各地で試食プロモーションを行ってきました。試食した方からは、『粒が大きい』、『香りが良い』、『甘い』、『冷めてもおいしい』といった評価を多く受けています。

また飲食店では『丼ごはんや混ぜご飯にしてはもったいないので、白ごはんとして使いたい』という意見が多く、米自体のおいしさを求める料理店などで選ばれてています」(JA全農山形 担当者)。

山形県のつや姫生産者は5,346名、面積は9,303ヘクタール(2017年産 ※2)になり、取扱実績は2万6,000トン(2016年産)と、県を代表するブランド米に成長しています。

※1 特A獲得米「つや姫」「雪若丸(参考品種)」

※2 山形県のブランド米 つや姫

1 2 3

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧