「イチゴの断面図」がバズった理由 “中の人”に聞いてみた – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 「イチゴの断面図」がバズった理由 “中の人”に聞いてみた

ニュース

「イチゴの断面図」がバズった理由 “中の人”に聞いてみた

「イチゴの断面図」がバズった理由 “中の人”に聞いてみた

最終更新日:2018年04月26日

あなた好みのイチゴは、「硬め」?それとも「柔らかめ」-?
39種類もの個性的なイチゴの特色が、一目で分かるチャート「イチゴの断面図」が面白いと、SNSなどのメディアで話題を集めています。制作した「築地市場ドットコム」のTwitterアカウントを運営する、“中の人”に直撃。話題沸騰の理由を探りました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

5万RT以上獲得!テレビやネットで話題に

イチゴの断面図を制作・公開したのは、築地市場ドットコムの公式Twitterアカウント(@tsukijiichiba)を運営する“中の人”。

イチゴ約15種類の断面図を集めた「第1弾」を2016年冬に公開以来、少しずつ品種を増やしてバージョンを更新していきました。

1月15日の「いちごの日」に先駆け、39種類を集めた第4弾を公開したところ、瞬く間に話題になりテレビ番組にも取り上げられるほどに。

約3カ月累計で集めた「いいね!」の数は、5万件以上にのぼります。
「甘い」などの味覚には個人差があるので、「まるっこい」「シュッとしてる」といった形状を縦軸に、「柔らかめ」「硬め」といった食感を横軸に取りました。

食べたことのある品種を基準にすれば、新しい品種を試したいときに比較でき、参考になります。
たとえば全国的にもメジャーな品種・福岡産あまおうは、「まるっこくて硬め」なので、
あまおうが好きな人は、チャート上で近くにある品種を選べば、好みに近いものに出会える可能性が高いという具合。

「普段多くの品種のイチゴに出会える場所は、デパートの青果コーナーくらいではないでしょうか。これだけ色々な種類があるんだ、と知らない品種との出会いを楽しんで欲しいです」と、話します。

イチゴはご当地愛を映す鏡

築地市場ドットコム中の人似顔絵

“中の人”の似顔絵(『宮崎に移住した農家の嫁』でおなじみの漫画家・渡邉茜さん作!)

なぜ、これだけ人気を集めたのでしょうか。

「イチゴが『赤くて、丸くて、可愛いから』でしょうね」と、謙虚な“中の人”。

「ビュッフェが人気のホテルの関係者の方に聞いたのですが、バイキングにローストビーフやカニなど『赤い』食べ物を出すと、連日満席なんだそうです」。
旅行サイトの販促ポスターに、“赤いご馳走”を載せると売り上げが良くなるケースもあるのだとか。

もう一つの理由は、「イチゴはご当地色の強いフルーツ」だということ。
公開したイチゴの断面図に対して目立った反応は、「うちの地元の品種が載っている!」という喜びの声だったといいます。

「特に柔らかいイチゴは、長距離輸送をすると傷んでしまうため、その品種を開発した県内だけで消費されることが多いです」と、“中の人”は教えてくれました。

たとえば、横軸の最も右側に位置する「越後姫」は果皮が柔らかく、産地の新潟県外に出回ることはほぼ無いという代物です。
全国的にはマイナーな「地元のイチゴ」がチャートに載っていると、それは嬉しくなりますよね。

コツコツ溜めた断面図

桃の家系図

こちらもヒット作の「桃の家系図」。掛け合わせ元が辿れて楽しい。

“中の人”のお仕事は、システム・デザイン部のデザイナー。そのセンスを活かし、イチゴの断面図以外にも「品種ごとの旬が分かるカレンダー」、「家系図」などの桃シリーズや、日本枝豆の産地の位置が品種ごとに分かる「日本全国枝豆MAP」なども制作しています。

記念すべき第一作目は、「品種ごとの特色が知りたい」という、「築地市場ドットコム」の通販を利用するお客様からの要望から生まれた「リンゴの断面図」。食感や蜜の詰まり具合が一目で分かり、「生食向き」「アップルパイ向き」など用途ごとに選ぶヒントになります。

「個人的な趣味に近い形で、業務後20~30分ほどの残業をして、自主的に作っています」と、意欲的な“中の人”。市場や出張先で新たな品種のイチゴに出会うと、包丁で丁寧に半分に切り一眼レフカメラで撮影。コツコツと断面図の画像を溜めていきました。

今後の新作は?と尋ねると、「ネギの断面図」を考案中だと教えて下さいました。
「中が詰まっているので、切ると意外なほど綺麗なんですよね。見せ方に悩んでいます」。ネギの造形美の世界も、奥深そうですね。

「これからも旬の食材の魅力を、気軽に楽しく伝えていけたら」と、意気込む“中の人”。
今後も、果物や野菜に関する楽しい話題提供を期待したいです。

【関連記事】マグロ、タイ、スッポン…築地市場の「拾得物掲示板」がすごい!“即興料理”の匠も登場

【関連サイト】
築地市場ドットコム Twitterアカウント
築地市場の情報発信サイト TSUKIJI BLOG

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧