おしゃれすぎて街で着たいレベル! おすすめ農作業着5選 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > おしゃれすぎて街で着たいレベル! おすすめ農作業着5選

ライフスタイル

おしゃれすぎて街で着たいレベル! おすすめ農作業着5選

おしゃれすぎて街で着たいレベル! おすすめ農作業着5選

最終更新日:2018年06月18日

農作業をするのに動きやすい格好はかかせません。しかもけっこう汚れますよね。そうなると、やはり野良着が便利です。ちょっとダサい感じがしますか? いえいえ、イマドキの野良着ってかなりおしゃれなんです。もちろん作業しやすいように機能的に作られていて、日焼け対策もバッチリ。畑仕事が楽しくなって、そのまま街にだって出かけていきたくなる。そんなカッコイイ作業着ブランドを5つ紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

鍬を置いて町へ出よう

藍染め衣装が田畑に映える「ノラふく」

「ノラふく」ホームページより

まさに街で着てもおしゃれな作業着を求めているなら「ノラふく」がおススメです。特徴は、すべて綿や麻などの自然素材を正藍染した服であること。藍の蒅(すくも)を使った昔ながらの染め方は色落ちしにくく、防虫や防臭作用も期待できるといいます。

淡路島出身の服飾デザイナー、あまづつみまなみさんが、実際に農作業をしながらデザインしたもので、滋賀県にある老舗の紺屋で注文を受けてから一枚一枚手染めするそう。藍の深い色が収穫期に黄金色に輝く田んぼによく映えそうです。

茶摘みに出かけたという女性。「萌蘖(ほうげつ)」Facebookより

こんなツナギを着れば農作業もピクニック気分で楽しめそう。足もとが絞ってあるのでブーツインしてもOK。麦わら帽子がよく合います。

「ノラふく」ホームページより

そのまま街に出て行っても違和感なくなじみます。パンツやプルオーバーシャツ、ワンピースなども展開していて、農作業をしない人でも欲しい服が見つかりそうです。

ただし、手染めの服は一つとして同じ色・風合いにはならないため、ネット販売をしていません。イベント出店や委託販売をしているほか、直接問い合わせがあったお客様に対して受注生産を行っているとのことです。

▼ノラふく
 
 

風景をつくる野良着 「SAGYO(サギョウ)」

まさに風景を引き立てるようなSAGYOの衣装

映画の一場面でも見ているような印象的な写真。よく見るとその中に鍬を持った男性やざるを持った女性が混じっています。

そう、彼ら彼女らが来ている服こそ農作業着なんです。SAGYOは、古来の野良着をベースに「風景をつくるような野良着をつくろう」というコンセプトから生まれた作業着ブランドだといいます。

「麦稈真田 労帽」(ばっかんさなだ・ろうぼう)は男女兼用で内側にサイズ調節紐もついている

いまイチオシなのが、天然の大麦を使った麦わら帽子。この春にできたばかりの商品ですが、夏にかけて大活躍しそうです。しかもこの帽子、普通より少しトップを高くして、蒸れにくくなるようにデザインされているとか。

「野良半天」はこの「インディゴブルー」のほか「唐茶」も選べる

もちろん作業着も多数あります。ブランドのおススメは、こちらの「野良半天」。右肩に重いものを担いだときに生地が破れるのを防ぐための革の当て布がしてあり、ペンをさすポケットなど大小のポケットもたくさんあって、手ぶら作業に便利だといいます。

このほか、軽作業時に羽織れてそのままお客さま対応もできる「伊達羽織」なども使い勝手がよさそうです。SAGYOの野良着は、ハイセンスの中にどこか実直な雰囲気が漂います。

▼SAGYO
 
 

デザインと機能性を兼ね備えたスタイル

グッドデザイン賞を受賞「A-rue(ア・リュ)」

木の葉に包まれているようなデザインの「アシメトリーデニムエプロン」

「アシメトリーデニムエプロン」「日よけ作業用帽子」「デニムワークパンツ」の3点がグッドデザイン賞を受賞するなど、機能的かつ洗練されたデザインの「A-rue」。そのイメージをひと言で表すと「農&ロハス」です。

「ロハスな時間に楽しみたいファッション」をコンセプトに、農作業のみならず、キャンプや野外イベント、料理、ガーデニングなどでも使えるファッション小物を制作。ワンショルダーで木の葉をかたどったようなデザインのエプロンが印象的です。

作業中に髪の毛を気にしなくて済み、たたんで小さくできるのもいい

こちらは布でできた作業用帽子の「ズッキン」。作業中は襟元の布を広げておけば首の日焼け対策になり、作業後は紐でまとめればスッキリ。麦わら帽子やキャップに重ねて使うこともできます。

「デニム作業用ロングパンツ」は開脚したときに動きやすい形状に仕上げているそう

作業用のデニムパンツもあります。足を大きく開いても動きやすく、普段着にも使えます。オリジナルのアームカバーやリバーシブルの帽子もデニムによく合っています。

▼A-rue
 
 

ベースは野良着。日焼け対策できて小物も充実

畑でも“自分らしく” 「monkuwa(モンクワ)」

パステルカラーやアースカラーのアイテムが多いmonkuwa

どんな時も自分らしくありたい――。「monkuwa」はそんな女性たちの願いを叶えるために誕生したブランドだといいます。ヤッケパーカー・サロペット・アームカバー・モンペなどのアイテムを扱っていますが、パステルカラーやアースカラーの組み合わせがひときわ目を引きます。

「ワーキングショートエプロン」は作業中に小物を入れておくのに便利

こちらはガーデニングなどの作業中に、ハサミや手袋を一時的にしまっておけるショートエプロン。このほかにロングエプロンやエプロンスカートもあって、ちょっと腰回りを隠したいときにも使えそう。

「子牛の世話」をテーマにしたコーディネート例。「monkuwa」ホームページより

▼monkuwa
 
 

かわいくて機能的な現代の野良着「のらスタイル」

色鮮やかで機能的なアイテムが特徴の「のらスタイル」

おしゃれも大事だけど、やっぱり機能性も大事。そんな方におススメなのが「のらスタイル」です。野良着をコンセプトにした色鮮やかでかわいいデザインが特徴。機能性を売りにしたものも多く、農家の方の声をもとに開発した帽子やアームカバー、長靴などに工夫があります。

のらスタイルが売り出している機能トップス5コレクション

一番の売れ筋は「農家さんブラウス」(写真右端)だそうですが、ほかにも「防蚊ガーゼブラウス」(写真中央)や、腰回りがカバーできる「農家さんチュニック」(写真左端)など、普段使いできそうなブラウスが豊富です。

袖カバー付きウレタン手袋は「手袋と腕カバーの隙間をなんとかして」という声から生まれたそう

日焼け対策にもってこいなのが「マスク付き農園フード スマイル」。面ファスナーで閉じると帽子とマスクが一体化して目元以外を隠してくれます。さらに袖カバー付きのウレタン手袋をつければ隙間なしの完全防備。ギンガムチェックや花柄をあしらうおしゃれ心も忘れていません。

▼のらスタイル
 
 
 
そのまま街に出られるような服から機能的な小物まで駆け足でご紹介しました。気に入ったものを身につけることで気分を上げて、畑仕事をさらに楽しめたらいいですね。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧