【ふるさと納税】もう食べた?北海道のブランド米『ななつぼし』

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】もう食べた?北海道のブランド米『ななつぼし』

ふるさと納税
北海道

【ふるさと納税】もう食べた?北海道のブランド米『ななつぼし』

【ふるさと納税】もう食べた?北海道のブランド米『ななつぼし』
最終更新日:2019年10月24日

北海道の『ななつぼし』はほどよい粘り、ほどよい甘みで、冷めてもおいしさ長持ち。
味と食感のバランスが良く、お弁当や和食・酢飯にも良く合うお米でお寿司などにおすすめです。

ななつぼしの特徴を紹介


今や北海道を代表する銘柄となった、ななつぼし。
粘りと甘さのバランスがよく、おかずを引き立ててくれるさっぱりとした味わいが特徴です。

ななつぼしの産地

ななつぼしの産地は北海道です。
石狩川流域が主な産地ですが、ここは良質な水源が多いので必然的にお米もおいしい物が育ちます。
病気や寒さに強い「あきほ」とコシヒカリのおいしさを受け継いだ「ひとめぼれ」の交配して生まれたのが「ななつぼし」です。

ななつぼしの特徴

味・白さ・つや・粘り・香・柔らかさ・口当たりの7つの要素のバランスが非常に良いことが、ななつぼしの大きな特徴の一つです。
そして、近年は地球の温暖化で日本も高温多湿になってきたために、お米が育ちにくくなっています。
しかし北海道は気温も低く湿気も少ないので、害虫が付きにくくお米も育てやすいです。
そのため、北海道で生産されているななつぼしは農薬の使用も少なく抑えられていて、安全性の高いお米と言っても良いでしょう。

ななつぼしの味

ななつぼしは、甘さや硬さや粘りが適度で、サッパリとした食べ心地でしっかりとした粒です。
味や香りが飛ぶことがなく冷めてもおいしい、ということも大きな特徴です。

ななつぼしを返礼品としている自治体5選

そんな『ななつぼしの新米』の予約がふるさと納税でも始まっています。
なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1.【旭川市】令和元年産 新米 大雪山見て育ったの ななつぼし5kg:12,000円

地 域 寄付金額
北海道旭川市 10,000円

詳細はこちら

令和元年産 新米 大雪山見て育ったの ななつぼし5kgのご紹介です。北海道屈指の米どころ旭川市は、雄大な大雪山連邦をはじめ、緑豊かな山々に囲まれています。2010年から連続で最高評価「特A」を獲得しいるななつぼしをぜひふるさと納税の返礼品でお楽しみください。

概要・メッセージ

・米 (5kg/北海道産ななつぼし10割)

2.【厚真町】平成30年産厚真産 さくら米ななつぼし 5kg:8,000円

地 域 寄付金額
北海道厚真町 8,000円

詳細はこちら

続いてのご紹介は、北海道厚真町の返礼品、平成30年産JAとまこまい広域取扱厚真産 さくら米ななつぼし5kgです。
さくら米は、厚真町で生産された高品質米ななつぼしです。こちらの返礼品では、JAとまこまい広域が販売する地域ブランド米の「厚真産さくら米ななつぼし」を5kg送ってもらえます。

概要・メッセージ

セット内容
厚真産さくら米ななつぼし5kg×1袋

3.【美唄市】新米 北海道産ハーブ米ななつぼし:10,000円

地 域 寄付金額
北海道美唄市 10,000円

詳細はこちら

【新米】北海道産ハーブ米ななつぼし(令和元年産)です。
こちら美唄市からの返礼品は、水田の畦道でハーブを栽植して、カメムシの発生源であるイネ科の雑草を抑制して、農薬の使用量を1/2以下に減らして作っています。ハーブ米の「ななつぼし」をぜひ味わってみてください。

概要・メッセージ

・ハーブ米ななつぼし精米(令和元年産)5kg(北海道産)

4.【留萌市】平成30年産北海道留萌産 ななつぼし 6kg:10,000円

地 域 寄付金額
北海道留萌市 10,000円

詳細はこちら

続いての返礼品は、北海道留萌市からの、平成30年産北海道留萌産ななつぼし 6kg(3kg×2個)です。
平成30年産北海道留萌産のななつぼしが6kg届きます。ななつぼしは冷めても美味しさが長持ちするので、つや・粘り・甘みのバランスが抜群です。お弁当やお寿司などにおすすめです。

概要・メッセージ

セット内容
・白米6kg(3kg×2個)
品種:30年産ななつぼし

5.【北斗市】ゆめぴりか・ななつぼし・ふっくりんこ各2kg:14,000円

地 域 寄付金額
北海道北斗市 14,000円

詳細はこちら

最後にご紹介する返礼品は、北海道北斗市の、精米したて 北斗市産特別栽培米 ゆめぴりか・ななつぼし・ふっくりんこ各2kg&炊込の素セット30年産です。
しっかりとした食感・あっさりした味わいのななつぼし、ゆたかな甘みと粘りでつややかな炊きあがりのゆめぴりか、ふっくら・やわらか・冷めてもおいしい道南生まれのふっくりんこの3種類のお米のセットです。北海道水田発祥の地・北斗市で、農薬・化学肥料を慣行栽培の半分以下に抑えて育てられた特別栽培米をご堪能ください。

概要・メッセージ

セット内容
・平成30年北海道北斗市産 特別栽培ななつぼし 2kg
・平成30年北海道北斗市産 特別栽培ゆめぴりか 2kg
・平成30年北海道北斗市産 特別栽培ふっくりんこ 2kg
・いわしふりかけ 30g 北海道産
まいたけごはんの素(2合用) 具材100g 調味液35g 北海道産]
特別栽培米は、肥料が少なく、田んぼの地力の差が出るので、何より土づくりや水質管理に気を使っています。除草剤も削減するため雑草の処理は大変ですが、その分手間暇かけて美味しいはずなので、米本来の旨みを味わって食べてみてください。

ななつぼしの美味しい食べ方

どんなおかずにも合う

ななつぼしは、艶も粘りもコシもあるし適度な甘みもあるので、どんなおかずにも合います。
和食でもフランス料理でもイタリア料理でも中華でもエスニックでも、幅広くおかずの美味しさとご飯のおいしさの両方を堪能することが出来るでしょう。

冷めてもおいしいので、お弁当やおにぎりにも向いています。
どのような食事シーンにもマッチするのも「ななつぼし」の特徴です。

どんぶりものやお寿司にもおすすめ

どんぶり物の汁が程よくしみるとななつぼしはより一層おいしくなります。
ななつぼしは、粘りやコシがしっかりとあるので、つゆだくのどんぶり物でもご飯がふにゃっとなることもありません。

そしてまた、ななつぼしは冷めても香りや味が飛ばないので、酢飯を作って手巻きずしやちらし寿司などもおすすめです。
精米したてのお米を炊く方が断然おいしいので、特価の時に大量に買っておくよりは、少量ずつ頻繁に購入する方がおいしく食べられます。

ななつぼしのおいしい炊き方

ななつぼしのおいしい炊き方ですが、まずはお米をきっちりと量りましょう。
炊飯器に付属でついている計量カップを使ってすりきりで量るのがポイントです。

乾燥したお米にはヌカや汚れがついているので、さっと洗いましょう。
研ぐときは米を壊さないように、2~3回ササッと手早く洗ってください。
洗った後しばらく浸水させてから炊くと炊きあがりにムラがなく、お米の甘みが引き立ちます。

まとめ

今回のななつぼしのご紹介は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「ななつぼし」を堪能してみましょう!

「ななつぼし」のふるさと納税一覧

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧