【ふるさと納税】北海道の『ゆめぴりか』は冷めても美味しい!!

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】北海道の『ゆめぴりか』は冷めても美味しい!!

ふるさと納税
北海道

【ふるさと納税】北海道の『ゆめぴりか』は冷めても美味しい!!

【ふるさと納税】北海道の『ゆめぴりか』は冷めても美味しい!!
最終更新日:2019年10月25日

一昔前まではお米の品種と言えばコシヒカリやササニシキなど定番のものがほとんどでした。
しかし、日本列島は南北に長く、各地によって気候が多様であることや味覚や食生活の変化などによって、全国各地で品種改良が試行錯誤されるようになり、新しい銘柄も数多く誕生するようになりました。産地や特徴の他にもおすすめの食べ方や炊き方などを紹介していきます。

ゆめぴりかの特徴を紹介

ゆめぴりかの産地

ゆめぴりかの生産地は北海道です。
北海道と言えば一大農産地ですが、その冷涼な気候ゆえに小麦の栽培には適しているもののお米の栽培には不向きです。そこで冷涼な北海道の気候に合うように品種改良されたのがゆめぴりかでした。

ゆめぴりかという名前は北海道の念願であった「日本一おいしいお米」という「ゆめ」にアイヌ語で「美しい」にあたる「ピリカ」という言葉を掛け合わせたものです。
名前からもわかるようにゆめぴりかには北海道の人たちの大きな願いが込められています。

ゆめぴりかの特徴

ゆめぴりかは冷涼な気候での栽培に適した品種ですが、栽培のしやすさだけでなく品種開発にあたってはコシヒカリやあきたこまちといったおいしさが特徴の品種を交配させた結果、誕生しました。
そのため北海道で育てやすいというだけでなく、高級料亭にも採用されていて品質の高さが伺えます。

ゆめぴりかの味

ゆめぴりかの食味において最も特徴的なのは、粘り気が多くもちもちとした食感です。
しかも、食感だけでなくこしひかりやあきたこまちなどが持っている甘みや香りを強く感じることができるため、お米だけで食べても十分においしさを感じることができます。

その他にもゆめぴりかには粒が大きいということや炊きあがりのツヤが美しいという見た目の上での長所も持ち合わせています。
なお、もっちりとした食感のため炒飯やカレーなどパラパラの食感が求められるものとは相性が良いとは言えない部分もあります。

ゆめぴりかを返礼品としている自治体5選

そんな『ゆめぴりかの新米』の予約がふるさと納税でも始まっています。
なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1.【浦臼町】ゆめぴりか(精米) 5kg:10,000円

地 域 寄付金額
北海道浦臼町 10,000円

詳細はこちら

最初にご紹介するのは北海道浦臼町から、ゆめぴりか(精米)5kgです。
生産者が豊な自然を生かして丹精こめて作った高品質なお米・ゆめぴりかを、ぜひこの機会に食べてみてください。

セット内容

・ゆめぴりか 5kg

2.【美唄市】新米・前川ファームのゆめぴりか 8kg:10,000円

地 域 寄付金額
北北海道美唄市 10,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは、北海道美唄市の前川ファームのゆめぴりか・新米8kgです。
美唄市は北海道屈指の米どころ。こちらから一躍北海道のお米を有名にした品種、ゆめぴりかが精米されて届きます。

セット内容

・ゆめぴりか 精米8kg(美唄産)

3.【三笠市】三笠産のおいしい米 食べ比べセット 計8kg:20,000円

地 域 寄付金額
北海道三笠市 20,000円

詳細はこちら

続いてご紹介する返礼品は北海道三笠市から、三笠産のおいしい米 食べ比べセット 計8kgです。
三笠産のお米は、北海道米で最上級の甘みとほどよい粘りとやわらかさがあり、濃い味が特徴です。炊き上がりはつややかで美しく、白いごはんそのものを味わうのがおすすめです。

セット内容

・ゆめぴりか 2kg
・おぼろづき 2kg
・ななつぼし 2kg
・ふっくりんこ 2kg

4.【由仁町】「豊作米」ゆめぴりか 10kg×3ヵ月:41,000円

地 域 寄付金額
北海道由仁町 41,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは北海道由仁町からの返礼品、「豊作米(R)」ゆめぴりか3ヵ月コース200セット限定です。
由仁町は夏は湿度が低く、冬は北海道の中では比較的温暖で積雪も少なくて比較的過ごしやすい地域です。肥沃な土と夕張川の清流で育った安心で美味しい豊作米ゆめぴりかです。

セット内容

・ゆめぴりか10kg×3ヵ月

5.【赤平市】令和元年産新米 北海道赤平産 ゆめぴりか 特別栽培米5kg×5回:50,000円

地 域 寄付金額
北海道赤平市 50,000円

詳細はこちら

令和元年産新米 北海道赤平産 ゆめぴりか 特別栽培米5kg×5回のご紹介です。
北海道が誇る最高級のお米を作ることを目的として誕生したのが「ゆめぴりか」です。
ほどよい粘りと甘みがあり、つややかな炊きあがりの美しさがゆめぴりかにはあります。ごちそうになるお米「ゆめぴりか」を思う存分ご堪能ください。

セット内容

・北海道赤平産ゆめぴりか特別栽培米5kgを5ヶ月続けてお届け

ゆめぴりかの美味しい食べ方

味付けが濃い料理に合う

ゆめぴりかはお米自体に甘みがあり濃厚なおいしさを持っていますので、それほどおかずがなくても楽しむことができますが、その濃厚な旨みゆえに濃い味つけのおかずなどにも良く合います。
例えば肉じゃがや魚の煮つけといった和食の定番料理だけでなく焼き肉などと一緒に食べるのもおすすめです。

中でも、ゆめぴりかのおいしさを堪能できるのが卵かけご飯です。
卵かけご飯はお米の旨みが弱いとお米が卵に負けてしまいますが、ゆめぴりかの場合はお互いの良さを引き出します。

おにぎりやお弁当にもおすすめ

水分の含有量が少ないお米の場合冷めると硬くなってしまいます。
しかし、ゆめぴりかは水分の含有量が多くもっちりとしているため、炊き上がりはもちろんのこと冷めてもおいしいという長所があります。そのため、おにぎりやお弁当などにも適しています。

また、甘みは炊きあがりの高温よりも常温に近い方が感じやすいのでおにぎりやお弁当はゆめぴりかのおいしさをより楽しむことができる食べ方とも言えます。
他にも濃い目の具材やおかずに良く合うのも嬉しいポイントです。

ゆめぴりかのおいしい炊き方

ゆめぴりかの美味しい炊き方ですが、まずはお米をきちんと計量します。最初はたっぷりの水で軽く洗うようにしてすぐに水を捨てます。
これを2、3回繰り返すことで米がぬかを吸ってしまうことが防げます。それから釜などの中にお米と水を入れて指で軽く摘まむように洗います。

米は研ぐものというイメージがありますが、現在は精米の技術が高くなっているため軽く洗う程度で十分です。そして少なめの水加減で1時間ほど浸水させ、炊きあがったら10分ほど蒸らして完成です。

まとめ

今回のゆめぴりかのご紹介は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「ゆめぴりか」を堪能してみましょう!

「ゆめぴりか」のふるさと納税一覧

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧