【ふるさと納税】北海道の『白老牛』塩コショウステーキを味わう

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】北海道の『白老牛』塩コショウステーキを味わう

ふるさと納税
北海道

【ふるさと納税】北海道の『白老牛』塩コショウステーキを味わう

【ふるさと納税】北海道の『白老牛』塩コショウステーキを味わう
最終更新日:2020年01月09日

北海道の広大な土地で育てられた黒毛和牛の中でも、白老市ならびに白老市の近くで育ち、決められた条件をクリアしたものだけを白老牛と呼びます。
白老牛は肉質がとても優れている銘柄牛の中の一つです。おいしい食べ方はいくつかありますが、定番とされているものはステーキです。
熟成させるとより一層うまみが増しておいしく食べることができます。

白老牛の特徴を紹介


人生で一回はおいしくて感動する牛肉を食べてみたいと考えている人もいます。
北海道の広大な土地で育てられた黒毛和牛の中でも、決められた条件をクリアしたものだけを白老牛と呼びます。
白老牛は肉質がとても優れている銘柄牛の中の一つです。

おいしい食べ方はいくつかありますが、定番とされているものはステーキです。
熟成させたほうがより一層うまみが増しておいしく食べることができます。
その他にも調理例がありますので、自分に合った方法で食べると良いです。

白老牛の産地

白老牛の産地は北海道です。北海道の中でも白老市ならびに白老市の近くで育った牛のことを指します。
北海道という広大な大地で育てられなおかつ厳しい冬を経験しているため、良質な肉質を作り上げることができます。

白老牛として名乗ることができるものは、特別に認められた牛のみです。
定められた厳しい条件のもとで育てられたものだけが許可されています。
白老牛は北海道内で育成されている他の銘柄牛と比べても品質が高いと言われています。

白老牛の特徴

白老牛は黒毛和牛の一種です。出回っている量は少ないとされておりとても貴重となっていますが、流通量のわりには比較的価格が安く設定されているということが特徴の一つです。厳しい基準をクリアしたものだけを白老牛と呼ぶことができます。

北海道の中では銘柄牛として確立されており、多くの人に支持されています。
生産している農家によって大切に育てられており、北の自然豊かな環境で育成されているのでのびのびと育っていくことが可能です。
冬の過酷な状況の中で生き延びることによって肉質が向上します。うまみが強く霜降りがきめ細かくなっています。

白老牛の味

白老牛はうまみが濃縮されており、なおかつ霜降りの度合いがきめ細かいということが大きな特徴です。完成度が高くなっているので、うまみも良くなっています。赤身にはコクが存在しており、脂身もきめがあって非常にバランスが整っています。そのため程よい甘さを感じることができてしつこくなりすぎることはありません。

北海道という寒い地域で育てられたこともあって、肉のしまりも良好です。肉質はとても柔らかく食べやすいですが、同時に野生の風味を感じることもできます。肉本来が持っている味わいを楽しみながら品質の高さを感じとることができるでしょう。

白老牛を返礼品としている自治体5選

『白老牛』はふるさと納税でも手に入ります。
なかでもおすすめの自治体5選をご紹介します!!

1.白老牛すき焼き用450g&たれセット:15,000円

地 域 寄付金額
北海道白老町 15,000円

詳細はこちら

直営の牧場・タケダ牧場は昭和29年に2頭の和牛飼育から始めて、数多くの黒毛和牛を保有しています。毎年数頭ずつ買い増し、生まれた子牛を肥育・繁殖・選抜しながら、健康で、育成能力・産肉能力・肉質能力が優れた牛群を造ってきました。
また飼料はすべて原料からこだわった自家配合で、旨味があり、あっさりと食べることができる牛肉に仕上げています。

概要

内容量/原産地
・白老牛 モモ又は肩肉〔450g/北海道白老町〕
・すき焼きのたれ〔160g/北海道白老町〕

2.牛の里ビーフハンバーグ110g×10個&特製ソースセット:13,000円

地 域 寄付金額
北海道白老町 13,000円

詳細はこちら

牛の里は、取締役の武田正吾が独自の飼料、給餌、育て方にこだわり生産した白老牛を主に、生産者と消費者をつなぐ直販店としてスタートしました。
ビーフハンバーグは、その白老牛と道産牛を絶妙のバランスで合わせることにより、肉本来の旨味を生かした、弾力のある食感が特徴となっています。生産者直営店だからできる自慢の逸品をぜひご賞味ください。

概要

原産地:北海道白老町
内容量:ビーフハンバーグ(110g×10個)、ハンバーグソース(160g)

3.白老牛極上焼肉盛700g:40,000円

地 域 寄付金額
北海道白老町 40,000円

詳細はこちら

極上(A4~A5ランク)の白老牛の赤身と霜降りを取り混ぜ、焼肉用としてご提供します。
牛1頭を感じることが出来る逸品です。

概要

原産地:北海道白老町
内容量:白老牛極上焼肉盛700g
賞味期限:約2週間
クール便(冷凍)

4. ウエムラ牧場 白老牛焼肉7種盛とロースすき焼きセット:100,000円

地 域 寄付金額
北海道白老町 100,000円

詳細はこちら

白老牛の各部位から厳選した7種類の部位を一度に食べ比べができる焼肉セット。
●脂の旨みと赤身肉の旨みのバランスが絶妙なステーキの「サーロイン」。
●繊細な口あたりの柔らかさが際立つ上質な「ヒレ」。
●霜降りの美しい濃厚な旨味が凝縮されたバラの高級品「大トロカルビ」。
●アバラのお肉で脂肪と良質の肉質が折り重なった「中落ちカルビ」。
●霜降りが濃厚で風味が豊かな「フランク」。
●赤身と脂が交互に層になっている濃厚な風味が人気の「ナカバラ」。
●肉質が軟らかく脂がしつこくない上品な味が楽しめる赤身と脂のバランスが最適な「カイノミ」。
と特選した贅沢な焼肉セットです。白老牛をまるごと堪能ください。

概要

●焼肉7種盛
・サーロイン80g 
・ヒレ 80g  
・大トロカルビ50g
・中落ちカルビ50g
・フランク 60g   
・ナカバラ60g 
・カイノミ60g  
●ロースすき焼き
・ロースすき360g 
〔生産地:白老町〕

5. ウエムラ牧場 白老牛ステーキ4種盛20枚セット:150,000円

地 域 寄付金額
北海道白老町 150,000円

詳細はこちら

白老牛の個性ある旨さの異なった4種の部位を揃えた各ステーキを楽しみながら、家族の会話がより盛り上がるセットです。
●脂の甘みと赤身肉の旨みのバランスが絶妙なステーキの「サーロインステーキ」。
●繊細な口当たりの柔らかさが際立つ上質な「ヒレステーキ」。
●独特な風味と弾けるような感触の「ミスジステーキ」。
●赤身の旨さと噛みしめて味わうことのできる旨さが際立つ「モモステーキ」。

概要

・サーロインステーキ 150g×5枚 
・ヒレステーキ 80g×5枚 
・ミスジステーキ 75g×5枚 
・モモステーキ 50g×5枚 
〔生産地:白老町〕

白老牛の美味しい食べ方

ステーキにするのが定番

定番の方法で食べたいという場合はステーキがおすすめです。肉質がとても柔らかくなっているため、食べやすくなっています。
肉本来のうまみを楽しみたいときはシンプルに塩とこしょうで味付けをすると良いです。

ステーキにするときの食べ方は、まず最初に表面を軽く焼くようにします。こうすることで肉汁が外に流出してしまうことを防止しています。
表面に焼き色を付けた後は、自分の好みに合わせて焼き加減を調節していきましょう。

じっくりと熟成させた状態がおすすめ

白老牛はしっかりと熟成させた状態にすることでうまみが増していきます。
その際は適切な食べ頃を見極めることが大切です。熟成させた白老牛は、焼肉にすることでおいしく食べることができるでしょう。

焼くときは肉質が軟らかいということを活かすために焼きすぎないようにすることがポイントです。
たれにつけるのも良いですが、素材本来に備わっている味を楽しみたいという場合は塩と胡椒で食べると白老牛のコクやうまみを感じることができます。

白老牛のおいしい食べ方

白老牛をおいしく食べることができる食べ方の一つがすき焼きです。白老牛は霜降りと赤身のバランスが良いとされているので、すき焼きにする食べ方もおすすめです。
肉だけでなく野菜も一緒に食べることができるため、より一層深いコクやうまみを感じることができます。

割り下は甘辛いものを選ぶことで白老牛との相性が抜群です。
関東風すき焼きにするときは、まず始めに表面を軽く火を通すことで深みを加えることができるでしょう。

まとめ

今回の白老牛のご紹介は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「白老牛」を堪能してみましょう!

「白老牛」のふるさと納税一覧

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧