【ふるさと納税】北海道!美味しい「毛ガニ」おすすめ返礼品10選

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】北海道!美味しい「毛ガニ」おすすめ返礼品10選

ふるさと納税

【ふるさと納税】北海道!美味しい「毛ガニ」おすすめ返礼品10選

【ふるさと納税】北海道!美味しい「毛ガニ」おすすめ返礼品10選
最終更新日:2019年09月18日

カニを食べるのが好きでも、種類ごとの特徴を把握していないケースがあります。そのような人は、カニ本来の美味しさを十分には味わえていないかもしれません。種類が異なれば、適切な食べ方も違ってくるので注意が必要です。
毛ガニに関しても、タラバガニやズワイガニなどとは違った魅力があるため、堪能したいなら正しい知識を身に付けておきましょう。そこで、この記事では毛ガニの特徴を紹介し、美味しい食べ方についても例を挙げて解説します。

「毛ガニ」の特徴と美味しい食べ方を紹介

毛ガニの特徴は?身が詰まっていて甘い!

その名のとおり、毛ガニの殻の表面には硬い毛が生えています。一般的には12月ごろから旬の時期に突入しますが、それまで水揚げがないわけではありません。北海道では他のシーズンでもとれるので、とても馴染み深い食材として扱われています。

身のボリューム自体は多くありませんが、とろけるような甘みが感じられますし、しっかりと詰まっているのが特徴です。ほぐしやすいため、カニの中では食べやすい部類に入ります。

茹でるのが基本だけど新鮮なら刺身で!

他のカニと比べて、解体されずに1杯まるごと売られていることが多いです。そのまま鍋に入れて塩で茹でることにより、本来の旨味を逃すことなく調理できます。比較的小さい種類であるため、極端に大きな鍋を用意しなくても入るでしょう。茹であがった身はまろやかな味わいがあるので、何も付けなくても十分に食べられます。

風味にアクセントを付けたいのであれば、酢やレモンを少量かけると良いでしょう。また、鮮度が高いなら、茹でずに刺身として食べるのも良い方法です。そちらの方が甘みを感じやすくなります。

身だけじゃない?カニ味噌や殻も大きな魅力!


毛ガニの特徴として身以外も有効活用できることが挙げられます。特にカニ味噌は、そのまま食べたり身にからめたりするなど楽しみ方が豊富です。
カニ味噌が少し残った状態の甲羅に、日本酒を注いで混ぜてから飲む人もいます。

さらに、爪や他の部分の殻を入れた味噌汁は北海道の郷土料理として有名です。鉄砲汁と呼ばれており、毛ガニの殻から染み出る味わいが濃縮されています。
身やカニ味噌を食べた後に残った殻を使うのが一般的です。味噌汁だけでなく、ラーメンのスープや雑炊などに使用するという手もあります。

「毛ガニ」を返礼品としている自治体10選

新鮮な「毛ガニ」こそ、ふるさと納税で贅沢に味わうのがおすすめです。
厳選した返礼品を10個ご紹介します!!

1.【北海道白老町】毛ガニ 1杯 約350g未満:10,000円

地 域 寄付金額
北海道白老町
10,000円

詳細はこちら

前浜産!毛ガニ 1杯(約350g未満)のご紹介です。
7月中旬から8月中旬の約1か月しか漁期がなく数量が少ない知る人ぞ知る逸品の虎杖浜の毛ガニは、身がしっかり入っており、カニ味噌も楽しめます。
幻の毛ガニの虎杖浜の毛ガニを是非ご堪能ください。

概要

・毛蟹 約350g未満×1杯

2.【北海道網走市】ケダマ 1尾入 約500g:19,000円

地 域 寄付金額
北海道網走市
19,000円

詳細はこちら

ケダマ≪毛がにまるまる1尾全部盛り×1尾入≫のご紹介です。
ケダマは、モンドセレクション優秀品質最高金賞を受賞した殻剝き不要の網走産毛ガニを毛がにの醍醐味『カニ味噌』はもちろん、毛ガニの全てを乗せ合わせた逸品です。

概要

・加工前 約500g

3.【北海道紋別市】堅蟹4特 毛ガニ 570g前後:15,000円

地 域 寄付金額
北海道紋別市 15,000円

詳細はこちら

オホーツク産 四特 毛ガニ 570g前後のご紹介です。
オホーツク海の毛ガニは、ミネラルとプランクトンを豊富に含んだ流水によって身がたくさん入っています。その中でも身がぎっしりと詰まった最高級の「堅蟹4特」の毛ガニです。紋別からのオホーツクの海の幸「堅蟹4特毛ガニ」を余すところなくご堪能ください。

概要

・毛ガニ570g前後

4.【北海道釧路市】極上毛ガニ 1尾 400g:15,000円

地 域 寄付金額
北海道釧路市 15,000円

詳細はこちら

毛ガニ400g(ボイル)のご紹介です。身入率90%以上の鮮度が高い極上の塩ゆで毛ガニをご堪能いただけます。
北海道を代表する毛ガニをカニ鍋で食べてみてはいかがでしょうか。

概要

・毛ガニ(ボイル冷凍)400g×1尾

5.【北海道利尻富士町】毛ガニ特大サイズ 1尾 約800g~1Kg:20,000円

地 域 寄付金額
北海道利尻富士町 20,000円

詳細はこちら

毛ガニ特大サイズ1尾のご紹介です。
大きなサイズの毛ガニを食べたい方必見のふるさと納税返礼品です。利尻島から約800~1㎏の特大サイズの毛ガニをお楽しみいただけます。
極寒の利尻島海域で育った毛ガニは、身の締りが抜群です。大きな身の毛ガニを思う存分ご堪能ください。

概要

・1尾:約800g~1Kg

6.【北海道枝幸町】身がぎっしり!毛ガニ 2尾 500g~700g:30,000円

地 域 寄付金額
北海道枝幸町 30,000円

詳細はこちら

身がぎっしり!毛ガニ500g~700g×2尾 北海道オホーツク産のご紹介です。北海道オホーツク海で獲れた毛ガニの中でも、枝幸町の毛ガニはプロの料理人が買う毛ガニの産地として知られています。プロの下も納得させる毛ガニの味、身、カニ味噌をご家庭でお楽しみください。

7.【北海道えりも町】メガサイズ北海道産ボイル毛がに 1尾 約1kg:29,000円

地 域 寄付金額
北海道えりも町 29,000円

詳細はこちら

メガサイズ北海道産ボイル毛がに約1kgのご紹介です。一般的に流通している毛ガニの約2~2.5倍のメガサイズの毛ガニです。カニ味噌には臭みがなく、磯の薫りと滑らかな舌触りが楽しめ甘味み、味噌もたっぷりご堪能ください。毛ガニは好きだけど量がと思った方必須の返礼品です。

概要

・北海道産ボイル毛がに約1kg 1尾

8.【富山県射水市】新湊産毛ガニ 2~3尾 計約1kg:30,000円

地 域 寄付金額
富山県射水市 30,000円

詳細はこちら

毛ガニといえば北海道が有名ですが、富山県でも品質のよい毛ガニを獲ることができます。新湊産の毛ガニは水っぽくなく、甲羅内の味噌から身肉まで美味しく召し上がれます。王道の北海道産ではない富山産の毛ガニを是非ふるさと納税の返礼品でご堪能ください。

概要

・新湊産ボイル毛ガニ2~3尾(計約1kg)

9.【北海道白糠町】しらぬか産特大サイズ毛ガニ 1杯 800g以上:50,000円

地 域 寄付金額
北海道白糠町 50,000円

詳細はこちら

貴重な大きな毛ガニを美味しいままで食べるためにCAS冷凍を使用して、美味しさを閉じ込めました。この毛ガニは、本町の厳島神社例大祭の最終日に五穀豊穣と海の安全を祈願し神輿が海に入り御神体を清める「海中神輿」にちなんで「神輿毛がに」と命名されています。美味しさそのままの毛ガニを是非ご堪能ください。

概要

・CAS冷凍毛がに:800g以上×1杯

10.【北海道釧路市】浜茹で!ボイル毛ガニ 5尾 計4.0㎏:100,000円

地 域 寄付金額
北海道釧路市 100,000円

詳細はこちら

最後にご紹介する返礼品は、北海道釧路市の、浜茹でボイル毛ガニ4.0㎏詰め(冷凍)5尾入りです。
釧路市は北海道の東部、太平洋岸に位置し、「釧路湿原」「阿寒摩周」の二つの国立公園をはじめとする雄大な自然に恵まれた街です。こちらの返礼品では問屋さんが厳選した毛ガニだけを仕入れていて、そのうえ、特殊な冷凍で品質を壊さないので茹でたてのおいしさが保たれているのだそうです。

概要・メッセージ

ボイル毛がに4.0㎏詰め 5尾入り(北海道産/加工地 釧路)
蟹問屋の確かな目で厳選した毛ガニだけを仕入れてお届け!甘みがあってコクもある濃厚なカニみそ!繊細でジューシーな身は、毛がにならでは!更に細胞を壊さない特殊冷凍なので毛蟹本来の味や品質を壊さず、茹でたての旨さを保ちます!

「毛ガニを食べてみました」体験談を紹介

実際に毛ガニを食べてみた方の声をご紹介していきます。
ふるさと納税の選択に迷ったときはこちらを参考にしてみてくださいね。

50代 男性「冷凍ならじっくり解凍するといいです」

冷凍の毛ガニはじっくりと36時間以上かけて解凍すれば、味が落ちにくく美味しく食べられます。冷蔵庫の中で乾燥しないようにキッチンペーパーでくるんでラップを巻いておいておけば準備完了です。

味が濃いカニなので、シンプルに茹でて食べるのが美味しいです。蟹味噌を身の上に乗せて食べると、非常に濃厚な味で美味しかったです。

40代 男性「毛ガニはすべて身を取り出してから食べます」

毛ガニはすべて身を出してから、一気に食べるのがいいですね。カニ用のハサミや箸の先端などを使用し、身を取り出して食べています。毛ガニの大きさにもよりますが、大体一匹から茶碗一杯分くらいの身が取れます。

それを高級ビールを飲みながら少しずつ食べるのです。特に麦芽100%のビールとの相性がよく、自宅で贅沢なひとときを過ごすことができます。

30代 女性「冬のカニの季節が終わっても毛ガニは」

毛ガニは一般的なズワイガニなどの季節が終わってから店頭に並んでいて、その名前の通りの短めの毛に覆われたぷっくりしたフォルムは感動的です。

塩茹でされたものを買ってきて身を取り出したり蟹味噌を楽しんだりしましたが、しっかりとした味でカニとは思えないほどの脂ののりが感じられカニを食べた満足感がたっぷりありました。

30代 女性「一番好きなカニになりました」

毛ガニは茹でたものをそのまま食べるのが一番美味しい食べ方だと思います。そんなに大きくないので食べにくいのですが、それもまた醍醐味です。
蟹味噌は温めた日本酒に混ぜると絶品です。

初めて食べた時はそれまで食べたどの蟹よりも繊細な味に驚きました。思い切り頬張れるタラバやズワイもいいですが、一生懸命身を掻き出して食べる毛ガニも最高です。

まとめ

毛ガニを食べてみた方々の声は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「毛ガニ」を堪能してみましょう!

「毛ガニ」のふるさと納税一覧

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧