【ふるさと納税】秋刀魚(さんま)おすすめ自治体5選!
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】秋刀魚(さんま)おすすめ自治体5選!

ふるさと納税

【ふるさと納税】秋刀魚(さんま)おすすめ自治体5選!

【ふるさと納税】秋刀魚(さんま)おすすめ自治体5選!
最終更新日:2019年07月08日

秋の味覚さんま。東京都目黒区では、9月には数千匹のさんまが無料で配られるさんま祭りなどがあります。
脂の乗ったさんまは絶品です。是非秋の味覚さんまをふるさと納税の返礼品でご堪能ください。

さんまについて

種類・旬


さんまの種類は5種類あります。
その種類は生息地などで異なります。主に太平洋に生息をしているサンマ。この品種は私達が普段食べているものです。南太平洋・南大西洋・インド洋などに生息しているハシナガサンマ、北大西洋に生息しているニシサンマ、赤道海域の東部太平洋に生息している太平洋ミニサンマ、赤道海域の東部大西洋に生息している大西洋ミニサンマです。

さんまの名前の由来はいくつかあると言われています。昔、狭真魚と呼ばれていたものが訛りさんまとなったのではないかとも言われています。
旬は、8月から10月上旬です。味覚の秋についついさんまを食べてしまうのは、旬が秋だからと考えられます。


漁獲高が高いのは北海道と宮城県です。さんまの見分け方のポイントをご紹介します。
さんまの頭から背中に盛り上がり厚みがあり、お腹が硬く黒めの周りが透明で濁っていないものを選んでください。持ち上げた時に一直線に立つものが新鮮で美味しいといわれています。

目黒のさんま祭り


毎年9月に数千匹を無料で配布する「目黒のさんま祭」が開催されています。目黒といえばさんま、と思いつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この由来は、落語から来ているといわれています。その物語は、江戸時代に将軍が鷹狩りに目黒を訪れた際に、立ち寄った茶屋で焼きたてあつあつのさんまを食べた所、これまで食べたどんな魚よりも美味しいと絶賛しました。

お城に戻った将軍は目黒で食べたさんまの味が忘れられず、食事にさんまを出すように命じました。
しかし、お城で食べたさんまは、油抜きや骨抜きをして蒸したもので、目黒で食べたさんまと異なっていました。将軍が「さんまは目黒に限る」と言ったことからさんまは目黒とのイメージがついたのではないかと言われています。


新鮮な魚をそのまま焼くのが目黒、と思ってしまった将軍の勘違いから、「さんまと言えば目黒」というイメージが今もなお文化として残っています。1年に一回開催する目黒さんま祭りで将軍が食べたような焼きたてあつあつのさんまをご堪能いただいてはいかがでしょうか。さんまは目黒が産地ではないので、さんま祭りでは宮城県のさんまが食べられます。

さんまの魅力!返礼品おすすめ5選

『さんま』の魅力がぎゅっと詰まった返礼品は、ふるさと納税で入手するのがおすすめです。
厳選した5つの自治体をご紹介します!!

1.【北海道根室市】根室産さんま 5尾入×2P:10,000円

地 域 寄付金額
北海道根室市 10,000円

詳細はこちら

最初にご紹介する返礼品は、北海道根室市の、北海道根室産さんま5尾入×2Pです。
根室で獲れたさんまを急速冷凍ています。解凍後はお刺身としても食べられるさんまを、真空パックで届けてもらえます。

概要・メッセージ

セット内容
・さんま(130~150g前後)5尾入×2P 産地】根室産
冷凍保存で3か月(解凍後はお早めにお召し上がりください)

2.【北海道釧路市】糠さんま 20尾1箱:10,000円

地 域 寄付金額
北海道釧路市 10,000円

詳細はこちら

続いてのご紹介は、北海道釧路市の返礼品、糠さんま1箱(20尾)です。
糠さんまは、釧路では昔から保存食として食べていました。脂がのった釧路産の新鮮なさんまを糠に漬けて熟成させています。生臭さがなく、さんま本来の旨味が引き出されています。
※商品パッケージ(メーカー等)が変わる場合がございます。

概要・メッセージ

セット内容
・さんま糠漬 20尾入1箱(釧路産/加工地 釧路)
配送方法:冷凍便
テレビで釧路市民のソウルフードとして紹介され、人気に火がついた糠さんま。

3.【宮城県気仙沼市】さんまつくだ煮3種よっちゃんセット 計5P:10,000円

地 域 寄付金額
宮城県気仙沼市 10,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは、宮城県気仙沼市から、手造り無添加 さんまつくだ煮 よっちゃんセット 3種の味 合計5パックです。
こちらは三陸沖で獲れたさんまを、手造り無添加の独自の製法で骨までやわらかく仕上げたソフトなつくだ煮です。お子さんから年配の方まで安心して食べられるので、お土産やギフトとしても喜ばれる逸品です。

概要・メッセージ

セット内容
・さんまつくだ煮 みそ味 120g×2パック
原産地:三陸産
・さんまつくだ煮 しょうゆ味 130g×2パック
製造地:宮城県気仙沼
・さんまつくだ煮 しょうゆ味ごぼう入り 150g×1パック
加工地:宮城県気仙沼
創業24年、ひたすら手造り無添加を貫き通しています。2014年からモンドセレクション金賞を受賞し、2017年には網元特選セットが国際金賞の栄に輝きました。

4.【北海道白糠町】北海道産さんま蒲焼 30枚入り:11,000円

地 域 寄付金額
北海道白糠町 11,000円

詳細はこちら

続いての返礼品は、北海道白糠町からの、北海道産さんま蒲焼 30枚入りです。
こちらでは、9~10月にかけて北海道道東沖で水揚げされる脂の乗ったさんまだけを原料として、北海道の工場で加工しています。旬のさんまを腹開きしているので、手間なくさんまを楽しめます。

概要・メッセージ

セット内容
・さんま蒲焼30枚 北海道産
広洋水産では専用の機械でピンボーン(小骨)以外の頭、尾、中骨、腹骨を除去し、腹開きにする事によって、食べやすい開き加工にしております。連続式ガス直火焙焼機を使用し、秋刀魚らしいふっくらした食感を演出しております。さらに、タレを噴霧し遠赤外線バーナーで再度焙焼する事によって、蒲焼本来の香ばしさ、風味を引き立てております。広洋水産では、北海道道東沖で水揚げされた脂の乗った秋刀魚に合う、醤油ベースの甘ダレを使用しております。

5.【和歌山県和歌山市】灰干しさんま 16尾入り:17,000円

地 域 寄付金額
和歌山県和歌山市 17,000円

詳細はこちら

最後にご紹介する返礼品は、和歌山県和歌山市の、紀州伝統の灰干製法で仕上げた灰干しさんま16尾入りです。
北海道東沖の脂の乗った鮮度の良いさんまだけを、灰干製法で魚の素材を生かした干物に仕上げています。無害の火山灰の中で、空気と紫外線に極力触れさせずに乾燥させることで酸化を抑えて、旨みを引き出しています。

概要・メッセージ

セット内容
・灰干しさんま 16尾/北海道産(加工地:和歌山市)
灰干し一筋で約50年間、干物をつくり続けています。無添加で安全な干物類は子供からお年寄りまで食べて頂けます。

まとめ

今回のさんまのご紹介は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「さんま」を堪能してみましょう!

「さんま」のふるさと納税一覧

参考ページ
全国さんま棒受網漁業協同組合
釧路市漁業協同組合
目黒区

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧