青汁と野菜ジュースの違いを4つから比較!また、おすすめの青汁は?

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 青汁と野菜ジュースの違いを4つから比較!また、おすすめの青汁は?

ライフスタイル

青汁と野菜ジュースの違いを4つから比較!また、おすすめの青汁は?

青汁と野菜ジュースの違いを4つから比較!また、おすすめの青汁は?
最終更新日:2019年11月12日

健康食品には様々なものがありますが、体によいとされる製品のひとつに青汁があります。青汁はテレビのコマーシャルや新聞広告など、様々なシーンで登場しており、見かけることも少なくありません。ここではそんな青汁について、紹介したいと思います。

青汁と野菜ジュースの違いって?


青汁と野菜ジュースはそれぞれ体に良いとされる飲み物ですが、さまざまな違いもありますので見てみましょう。

1.カロリーの違いは?

まずはカロリーから調べてみました。青汁というのは、生の緑葉野菜をしぼった汁のことです。
以前は青汁と聞くと、「まずい」「苦い」など、あまりよいイメージはなかったのですが、最近は品種改良などの影響もあって、前と比べて非常に飲みやすくなってきています。

その青汁と野菜ジュースは、それぞれの製品に含まれているカロリーに大きな違いがあるのです。
一般的な野菜ジュースは200mlの製品でおよそ70kcalであるの対し、青汁の水に溶かして飲むタイプは1杯あたりおよそ10kcalとなっています。
これからも分かるように、野菜ジュースと青汁のカロリーの差はおよそ60kcalです。

このように青汁と野菜ジュースはカロリーの量に違いがあるのですが、そんなカロリーの量に違いがあるのは原料に理由があります。
トマトやニンジンなどが主な原料になっている野菜ジュースに対して、青汁は大麦若葉・明日葉・ケールといった葉物野菜が主に原料になっています。
青汁と野菜ジュースはカロリーが異なりますので、ダイエットをしている方は注意が必要です。

2.食物繊維の違いは?


次に食物繊維の量です。カロリーと同じように、青汁と野菜ジュースは含まれている食物繊維の量が異なります。
野菜ジュースの場合、飲みやすさを優先していることもあって食物繊維を除去している製品が多いのに対し、青汁はその名前の通り、新鮮な野菜をそのまま搾っているのが特徴です。そのため野菜ジュースと比べて、食物繊維の量が多く含まれています。

3.栄養成分の違いは?

青汁と野菜ジュースの違い、次は栄養成分です。野菜ジュースは製品にもよりますが、その多くは濃縮還元製法によって製造されています。
野菜ジュースは運びやすさを考慮し、一度加熱処理を行い、製品化する時に水分を加えることが多いです。
そのため加熱処理する時に、健康のためには欠かせないビタミンCなどの栄養成分が破壊されてしまうことがあります。

一方、青汁は大切な栄養成分が破壊されないような工夫が施されています。こちらも成分によって異なりますが、低温乾燥フリーズドライといった、熱が原因によって栄養素が破壊されないようにしているのです。このことからも分かるように、青汁のほうが多くの栄養成分が含まれています。

4.添加物の違いは?


青汁と野菜ジュースの違いといえば、添加物も忘れてはいけません。野菜ジュースはそのほとんどに添加物が含まれているのです。これが、無添加の野菜ジュースを探すのは困難と言われる所以でもあると言えます。野菜ジュースの添加物ですが、その多くは香料です。それぞれの製品に表示されていますので、一度は見たことがある方もいるはずです。

ただ、香料以外の記載はありませんので、それが天然なのか、はたまた合成なのかを把握するのが難しいと言われています。また、実際に使用されている野菜は国産ではなく、さらに無農薬でもないといったものも少なくありません。その一方で、青汁は国産の野菜を使用しているのはもちろんのこと、無農薬野菜や無添加などの製品が多いです。

青汁を選ぶポイントは?


青汁には様々な製品がありますので、どれを選べばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
そんな時は、選び方のポイントを押さえておくとスムーズにいきます。
青汁を選ぶポイントはいくつかありますが、そのひとつが製法です。青汁は生搾り低温乾燥製法のものを選びましょう。

生搾り低温乾燥製法の青汁には、以下のような特徴があります。

・栄養分の吸収率が良い
・熱に弱い性質を持つ酵素である
・葉緑素といった栄養分を多く摂取できる
・飲みやすい

生搾り低温乾燥製法の青汁は粉っぽさがないのが特徴であり、そのため口あたりが良いと評判です。

次に食物繊維の量で、できるだけ多くの食物繊維が多く含まれている青汁を選びましょう。
また、味も大切です。昔の青汁は、「まずい」、「苦い」ものが多かったこともあり、敬遠する人も少なくありませんでした。

ただ、最近の青汁は飲みやすいように味が改良されているものが増えています。健康のためには野菜は必須であり、そのために威力を発揮してくれるのが青汁でもあります。


毎日摂り続けるには、青汁の味が大切になってくるのです。味が好みに合わないと、毎日摂取するのは苦痛でしかありません。
青汁を選ぶ時は、無農薬や無化学肥料も重要です。
青汁は長期的に摂取することが大切ですので、無農薬や無化学肥料など安全性の面にも注意しておきましょう。

また、体に良い成分が含まれているものを選ぶことも大切です。青汁には様々な成分が含まれており、ビタミンや乳酸菌、オリゴ糖など、体に良い成分が含まれた製品がたくさんあります。その中から選ぶわけですが、自分の目的に合った成分が配合された製品を選ぶようにしてください。

おすすめの青汁は?

ここで青汁をいくつかご紹介します。

1.大正製薬の乳酸菌青汁


大正製薬でも数々の青汁製品を提供しており、多くの人たちから親しまれています。
大正製薬の青汁製品は、栄養価が高いのはもちろんのこと、青臭さがなく味が飲みやすいのが特徴です。

さらに値段が比較的安いので、青汁製品のコストが気になっていた方でも安心できます。
飲みやすい青汁製品をお探しの方は、大正製薬の青汁製品もおすすめです。

公式サイトはこちら
『大正製薬の青汁』初回限定980円のお試しコースはこちらから
『大正製薬の青汁』初回限定980円のお試しコースはこちらから
これひとつで栄養価の高い大麦若葉を、まるごと摂取できるなどの魅力がたくさん詰まっているのです。どこの青汁がいいか迷っている方は、この機会にヘルスマネージ 乳酸菌青汁を試してみてはいかがでしょうか。

2.ファンケルの青汁


青汁というとファンケルというほど、ファンケル製品は人気があります。ファンケルの青汁製品は国産の野菜を使用しているのが特徴であり、国産ケール100%が信頼の証と言えます。
ファンケルはケールの栄養価の大きさに注目し、研究を続けてきた結果、現在のような人気のある青汁製品を提供できるようになったのです。

ちなみにケールには、多くのビタミン類やミネラル、そして食物繊維などが含まれており、日頃不足しがちな栄養成分をしっかり補給できるというわけです。
このようにファンケルが提供している青汁には、栄養価の高い成分がたくさん含まれているので安心・安全に摂取できます。毎日続けていくのが大切であり、そのためにはファンケルの青汁が最適と言えます。

公式サイトはこちら
『ファンケルの青汁』今なら初回限定780円(税込)で送料無料
『ファンケルの青汁』今なら初回限定780円(税込)で送料無料
ファンケルは誰もが飲みやすいように独自製法にこだわっており、国内産の100%のケールを使用しているのが特徴です。青汁をまだ試したことがない方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

3.ドクターベジフルの青汁


ドクターベジフル青汁は、九州産の野菜をタップリ使用しているのが特徴です。九州地方の信頼できる契約農家から、選び抜かれた野菜を使用しています。
健康食品によくあるような、化学調味料や人工甘味料、合成着色料や人工保存料、そして合成香料といった5大添加物が一切含まれていません。

ドクターベジフルの青汁は、わずか1杯で何と21種類もの野菜を摂取できるのです。良質なタンパク質を豊富に摂れると口コミでも評判であり、新規に購入する人も少なくありません。

4.サントリーの「極の青汁」


健康補助飲料として知られている青汁ですが、極の青汁には「大麦若葉」や「明日葉」の粉末が配合されています。
また、極の青汁の素材ですが、サントリーの担当者が直接現地に出向き、青汁に最適な原料を調達しているので安全です。

普段の食事から必要なビタミンなどの栄養素を摂るには、大量の野菜を食べなければなりません。
そこで、極の青汁にはビタミンやミネラル類が豊富に含まれていますから、日頃から野菜不足の方にもおすすめです。

サントリーが自信を持って紹介している青汁なので、安心して飲み続けることができるでしょう。

まとめ

健康食品として人気のあるのが青汁製品であり、様々なメーカーから提供されています。
それぞれに特徴がありますので、自分に合った製品を選ぶようにしましょう。
青汁製品は通販サイトでも購入できますので、仕事などで忙しい方にも最適です。

関連記事
青汁は野菜不足を解消できるのか?飲むタイミングや美味しい飲み方は?
青汁は野菜不足を解消できるのか?飲むタイミングや美味しい飲み方は?
青汁は今や健康ドリンクの代表のようなものになっていますが、まだまだ青汁の味を苦手とする人がいます。一口に青汁と言っても使われている原料が違えば、含まれている成分なども製品ごとに異なります。 青汁の飲料メーカーはブレンド…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧