サントリーの「極の青汁」を飲むメリットやおすすめな人は?

マイナビ農業TOP > 食育・農業体験 > サントリーの「極の青汁」を飲むメリットやおすすめな人は?

食育・農業体験

サントリーの「極の青汁」を飲むメリットやおすすめな人は?

サントリーの「極の青汁」を飲むメリットやおすすめな人は?
最終更新日:2020年02月03日

極の青汁は、飲料メーカー大手のサントリーが販売している健康ドリンクです。サントリーの中でも健康食品と化粧品に特化したサントリーウエルネスが販売しています。サントリーはワインや烏龍茶など長年のポリフェノール研究を続けてきました。サントリーの主力商品である『極の青汁』に使われている大麦若葉と明日葉にも、野菜ポリフェノールがたっぷり含まれています。野菜不足の方やなにかと溜まりがちな方におすすめな青汁となっています。

極の青汁を飲むメリットは?


健康補助飲料として知られている青汁ですが、極の青汁には「大麦若葉」や「明日葉」の粉末が配合されています。
熊本県阿蘇など(※2016年年間使用量ベース)で採れた大麦若葉には食物繊維、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
ですが、鮮度を保つのが難しいため、なかなか野菜売り場に並ばない貴重な野菜です。

明日葉(あしたば)は、今日摘んでも明日には芽が出ると言われるほど強い生命力があることから名づけられました。
極の青汁には、屋久島などの国産の新鮮な明日葉が使われています。

明日葉は栄養バランスに優れ、βカロテン、ビタミンE、食物繊維を多く含み、特にビタミンEはほうれん草やトマトよりも多く含まれています。

公式サイトはこちら
『サントリーの極の青汁』野菜不足の方やなにかと溜まりがちな方におすすめ
『サントリーの極の青汁』野菜不足の方やなにかと溜まりがちな方におすすめ
サントリーの主力商品である『極の青汁』に使われている大麦若葉と明日葉には、野菜ポリフェノールがたっぷり含まれています。野菜不足の人でも手軽に、ビタミンやミネラルを効率よく摂取することができます。迷っている方はまずはお試…

極の青汁が選ばれる理由は?


青汁と言えば植物特有の青くささや苦みが感じられて、飲みにくい印象がある方もいるのではないでしょうか。
極の青汁は、青汁の原料の中でも比較的飲みやすいとされている大麦若葉と明日葉が使用されています。
さらに極の青汁には、愛知県産の抹茶と宇治の煎茶も入っていますから、お茶を飲むのと同じような感覚でさわやかな風味を楽しむことができるでしょう。

たんに抹茶と煎茶をまぜただけでなく、サントリーはあくまで美味しさにこだわり、ブレンドとテイスティングを繰り返して青汁の味を追求しています。
サントリー独自の製法で後味もすっきり、口あたりの良いなめらかな飲み物に仕上がっています。

1.野菜の底力の吸収力アップ

サントリーの研究により、独自配合※した「ケチンプラス」で野菜の底力の吸収力アップ!
※サントリーは、ケルセチンプラス(ケルセチン配糖体)、フラクトオリゴ糖、青汁素材(食物繊維含有素材)を特定比率で組み合わせた、顆粒状の経口組成物について特許を取得しています。(特許第6523164号)

極の青汁には、通常の野菜より栄養価の高い大麦若葉や明日葉が選ばれています。
野菜不足の人でも手軽に、ビタミンやミネラルを効率よく摂取することができます。
極の青汁に含まれているビタミン類には、美容に嬉しいビタミンCやβカロテンなどがあります。

ミネラル類としては、丈夫な骨を形成するカルシウムをはじめとして鉄分や亜鉛などが含まれています。
鉄分は貧血気味の女性にとってうれしい成分ですよね。

一口にポリフェノールと言っても、さまざまな種類に分かれています。
長年ポリフェノールの研究を続けてきたサントリーは、野菜ポリフェノールに着目しました。

紫外線などの外敵から自らの身を守るために植物が作り出しているのがポリフェノールです。
その底力の吸収力がアップした「ケルセチンプラス」が極の青汁には含まれているのです。

2.選び抜いた国産素材を使用

極の青汁には、厳選した国産の素材が使われています。サントリーの担当者が直接現地に出向き、青汁に最適な原料を調達しています。
極の青汁の主原料となっている熊本阿蘇で育った大麦若葉は、寒暖の差が大きく、また、台風の強い風にさらされる土地で栽培されています。
厳しい気候に負けることなく育つのだそうです。

世界自然遺産で人気の屋久島の明日葉は、大自然の中で作られたものです。
化学肥料を使用せず栽培を行っています。

3.サントリーだから、安心感を持って飲める。

創業110年を超えるサントリーが販売している極の青汁は原料にとことんこだわって作られています。
洋酒メーカーとして歴史のあるサントリーは、赤ワインをはじめとする長年のポリフェノール研究の中で、ケルセチンプラスという成分にたどりつきます。

サントリーが注目した野菜プリフェノールのケルセチンは、そのままでは体内に吸収されにくいため手を加える必要がありました。
なかでも極の青汁にふくまれるケルセチンプラスは、ケルセチンの吸収力をさらに高めたものになります。

本来はビールやウイスキーなどのアルコール飲料や清涼飲料を得意としているサントリーですが、近年はサプリメントなどの健康食品の分野にも進出しています。

安心感を持って続けられる理由は


極の青汁には栄養価の高い大麦若葉と明日葉が使われており、ほんのりと甘くて美味しいドリンクに仕上がっています。
厳選した国産の素材が選ばれていることで、安心感を持って飲み続けることができるでしょう。

定期お届けコースを利用すれば、通常価格の10%引きで購入できます。
毎日飲むものだから、少しでもお得になるのは嬉しいですね。

極の青汁には30包み入りの通常サイズと90包み入りのお徳用サイズがあります。
飲み続ける中で余ってしまった場合は、途中で一時おやすみをすることもできますから、コスパのいいお徳用サイズを定期お届けコースで購入するのがおすすめです。

極の青汁の美味しい飲み方は?


極の青汁はそのままでも美味しく飲むことができますが、毎日飲み続けているうちに味に飽きることもあるでしょう。
1回分が個包装されていますから、飲み物以外に料理などに手軽に使うことができます。

ミルクや豆乳などとまぜればよりマイルドな味となり、飲みやすくなるでしょう。
定期お届けコースを申し込むと、手軽に青汁ドリンクを作れる専用のシェーカーが付いてきます。
シェーカーの中に極の青汁と豆乳を入れてシェイクするだけで、粉末がダマになりにくくドリンク状にまざります。

極の青汁に好きな果物を加えてスムージーにするのも良さそうです。甘口がお好きな方は、バナナやイチゴなどの甘味のあるフルーツを入れるのがおすすめです。
和菓子やパンケーキなどに極の青汁を振りかけて、抹茶風味のトッピングとして利用することも可能です。
アイデアしだいでいろんな料理に取り入れることができそうです。

こんな人におすすめ!


毎日忙しい生活を送っていると、どうしても野菜不足が気になってしまったり、食生活が乱れがちになったりすることもあるのではないでしょうか。

極の青汁で、不足しがちな野菜の栄養素を手軽に摂取することができます。
大麦若葉には、ほうれん草の約2倍の食物繊維。明日葉には、ニンジンの約5倍のビタミンEが含まれています。
ほうれん草やニンジンをサラダなどに入れて生で食べることを考えれば、いかに極の青汁で手軽に野菜の栄養素を摂ることができるのかがおわかりになるでしょう。

原料となっている大麦若葉と明日葉には、たくさんの食物繊維が含まれています。
さらに極の青汁には、フラクトオリゴ糖も含まれていますので、なにかと溜まりがちな人にはオススメです。

まとめ

サントリーの『極の青汁』は、毎日飲むことができる栄養価の高い健康飲料です。
大麦若葉や明日葉に抹茶や煎茶を加えることで、たいへん飲みやすくなっています。
ドリンクとして飲む以外にも、料理などに手軽に加えることが可能です。

極の青汁にはビタミンやミネラル類が豊富に含まれていますから、日頃野菜不足気味の方におすすめです。
コスパのいいお徳用サイズが用意されていますから、リーズナブルな価格で飲み続けることができるでしょう。

公式サイトはこちら
『サントリーの極の青汁』野菜不足の方やなにかと溜まりがちな方におすすめ
『サントリーの極の青汁』野菜不足の方やなにかと溜まりがちな方におすすめ
サントリーの主力商品である『極の青汁』に使われている大麦若葉と明日葉には、野菜ポリフェノールがたっぷり含まれています。野菜不足の人でも手軽に、ビタミンやミネラルを効率よく摂取することができます。迷っている方はまずはお試…
関連記事
青汁と野菜ジュースの違いを4つから比較!また、おすすめの青汁は?
青汁と野菜ジュースの違いを4つから比較!また、おすすめの青汁は?
健康食品には様々なものがありますが、体によいとされる製品のひとつに青汁があります。青汁はテレビのコマーシャルや新聞広告など、様々なシーンで登場しており、見かけることも少なくありません。ここではそんな青汁について、紹介し…
【大正製薬の乳酸菌青汁】をオススメする6つのポイントとは?
【大正製薬の乳酸菌青汁】をオススメする6つのポイントとは?
通販サイトなどを見てみると様々な青汁製品を見ることができます。それら青汁は各メーカーから提供されており、その中のひとつが「大正製薬」の青汁です。 大正製薬では乳酸菌青汁がありますが、ここではこの乳酸菌青汁についてその魅…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧