【ふるさと納税】日本ワインおすすめ自治体5選!
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】日本ワインおすすめ自治体5選!

ふるさと納税

【ふるさと納税】日本ワインおすすめ自治体5選!

【ふるさと納税】日本ワインおすすめ自治体5選!
最終更新日:2019年07月26日

ワインは近頃、和食店でも目にすることも多く、ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日以外にもいただく機会が増えてきています。
日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して、日本国内で醸造された日本ワインをご存知ですか。
置いている店舗も少しずつ増えて来ている日本ワイン。ふるさと納税の返礼品にて日本ワインを楽しんでみませんか。赤ワイン・白ワインどちらも楽しんでいただけるものをご紹介します。

日本ワインとは

日本ワインの歴史


日本国内で栽培されたぶどうを100%使用し、日本国内で醸造されたワインを日本ワインと呼びます。
日本でワイン造りが始まったのは、明治時代からです。生食用の栽培が盛んで合った山梨県の二人の青年がフランスでワイン造りを学び、日本に持ち帰り会社を設立した事が、国内のワイン栽培が始まったきっかけです。

明治時代の日本は米不足で、米から作られるお酒造りを減少したいとの以降があり、明治政府はヨーロッパ、アメリカからぶどうの苗木を輸入して新産業の育成政策である殖産興業政策の一環として山梨県をはじめ各地でブドウ栽培、ワイン醸造を奨励していきました。


フランスから輸入された技術で栽培された本格的なワインは、日本人の食生活に馴染まず日本人向けに甘くて飲みやすいワイン造りの開発が続きました。
ワインの消費が拡大していったのは、1964年頃からです。これ以降いくつかのワインブームによって日本ワインは大きく広がりを見せます。
一回目のワインブームは1970年の高度経済成長期に日本人の食生活が洋風化してワインの消費は増大していきました。

その後、千円、一升瓶、ボージョレ・ヌーヴォー、赤ワインなどのブームを経て、2010年頃からは家のみやワインバルが定着していきワインの消費は拡大をしていきました。

日本ワインの品種・特徴


日本ワインの味わいの特徴は、繊細さです。日本の食生活に合うように日本ワインは改良されて着ました。その為、和食と日本ワインは繊細さにおいて相性がよく、すし、天ぷら、すき焼に最高に合うのです。

日本ワインの主要品種は白ワインが日本固有種「甲州」、赤ワインが日本固有種「マスカット・ベーリーA」です。
1970年代後半からは、ヴィニフェラ種の導入が本格的に始まっており、この品種で作られたワインは権威ある国際コンクールで毎年受賞するほど評価されています。

赤ワインの品種では他にも、カベルネや数量は少ないもののシラー、ピノ・ノワール、白ワインの品種ではケルナー、ソーヴィニヨン・ブランなどが日本ワインの品種として使われています。


白ワインの代表品種である「甲州」ワインは、穏やかな酸味が特徴で、グレープフルーツ、レモンなど柑橘の爽やかな香りでアルコール度数が低い軽やかなワインです。
「甲州」は、奈良時代に仏教とともに中国から入ってきたと言われています。元々は主に生食用として栽培されていましたが現在は日本ワインの品種として知られています。

赤ワインの代表品種である「マスカット・ベーリーA」ワインは、果実の味わいがあふれるのが特徴で、チェリーやベリー系の果実の香りのワインです。

日本ワインの産地


日本全国でワイン醸造が行われていますが、とくに盛んな地域は山梨県、北海道、長野県、山形県です。ぶどう栽培は、盆地、山間部、丘陵部、海岸近くなど様々な場所で行われています。日本各地の気候は大きく異なっており、ヨーロッパと比較すると雨量は多く湿気が多い環境が日本の気候です。

豪雪地域で北部の積雪が1メートル以上の北海道から、夏の最高気温が30度以上の日が続く九州まで年間気温の寒暖差が多い地域で、各土地にあった栽培方法に対しての取組みがされています。その為各地で良質なぶどうが生産されています。

日本ワインの魅力!返礼品おすすめ5選

『日本ワイン』の魅力がぎゅっと詰まった返礼品は、こちらのふるさと納税で入手するのがおすすめです。
国内産のワインを和食と共に是非ご堪能ください。赤ワインと白ワインの飲み比べができる厳選した5つの自治体をご紹介します!!

1.【石川県輪島市】禅の里わいん 赤・白 各750ml:18,000円

地 域 寄付金額
石川県輪島市 18,000円

詳細はこちら

最初にご紹介する返礼品は、石川県輪島市の、日本ワイン 禅の里わいん 赤・白 各750mlです。
こちらは、能登の大自然に恵まれた輪島市門前町にあるワイナリーからの返礼品です。ブドウたちに寄り添いながらつくる、この土地だからこそできるワインです。門前町で丁寧に醸した、禅の里わいんをぜひ味わってみてください。

概要・メッセージ

セット内容
・日本ワイン 禅の里わいん 赤・白 各750ml 各1本
製造地:石川県輪島市
ハイディワイナリーは、能登の大自然に恵まれた石川県輪島市門前町にあるワイナリーです。キラキラと輝く日本海を見下ろす丘の上で、2012年初春に植えた650本の苗木。ハイディワイナリーのすべてはそこからはじまりました。北陸の美味しい食事とともに皆様に召し上がっていただければと思います。

2.【愛知県幸田町】幸田町産ぶどう使用 Sakazakiワイン2種:24,000円

地 域 寄付金額
愛知県幸田町 24,000円

詳細はこちら

続いてのご紹介は、愛知県幸田町の返礼品、幸田町産ぶどう使用 Sakazakiワイン2種詰め合わせです。
こちらのワインは、幸田町産の純粋なぶどうを使用したすっきりした味わいの日本ワインです。赤は、カベルネソーヴィニヨンを樽熟成させた樽香のバランスの良いワインに仕上がっています。 白は、マスカットオブアレキサンドリアを使用したまろやかな風味が特徴の贅沢で珍しい逸品です。

概要・メッセージ

セット内容
・Sakazakiワイン(赤・カベルネソーヴィニヨン)樽熟成720ml×1
・Sakazakiワイン(白・セミヨン)720ml×1
幸田町産の純粋なぶどうを使用したすっきりとした味わいの日本ワインです。

3.【長野県安曇野市】安曇野ワイナリーD:30,000円

地 域 寄付金額
長野県安曇野市 30,000円

詳細はこちら

次にご紹介するのは、長野県安曇野市から、安曇野ワイナリーDです。
北アルプスの麓にある畑で愛情を注ぎ栽培した葡萄でつくられた赤・白2種類のワインのセットです。
赤ワインは、メルロとカベルネ・ソーヴィニョンをブレンド、チョコレートやコーヒーの香りが有ります。樽の味わいが好きな方におすすめです。白ワインは、ソーヴィニョンブランを爽やかなワインに造り上げた逸品で、爽やかなハーブとトロピカルフルーツの香りも感じられ最後に酸味がキリッと締めてくれます。

概要・メッセージ

セット内容
・安曇野リザーブ2015 750ml×1本 日本ワインコンクール2018 銀賞
・安曇野ソーヴィニョンブラン2018 750ml×1本
安曇野リザーブ2015:日本ワインコンクール2018 銀賞、長野県原産地呼称認定、審査員奨励ワイン

4.【北海道洞爺湖町】月浦ワイン3本セット 白・赤・樽赤:37,000円

地 域 寄付金額
北海道洞爺湖町 37,000円

詳細はこちら

続いての返礼品は、北海道洞爺湖町からの、月浦ワイン3本セット(白・赤・樽赤750ml)です。
洞爺湖町月浦の自社農園産葡萄を100%使用しています。フルーティな白ワインに、果実味豊かでコクのある赤ワイン、熟成を経て凝縮した味わいの樽熟成ワインの3本をセットにしています。

概要・メッセージ

セット内容
・月浦ミュラートゥルガウ750ml(白)
・月浦ドルンフェルダー750ml(赤)
・月浦ドルンフェルダー750ml(樽赤)
各1本

5.【山梨県笛吹市】日川中央葡萄酒フルセット12本:50,000円

地 域 寄付金額
山梨県笛吹市 50,000円

詳細はこちら

最後にご紹介する返礼品は、山梨県笛吹市の、日川中央葡萄酒フルセットです。
こちらのワインは、山梨県の笛吹市産葡萄を使用して醸造しているすべて純日本産のワインです。

概要・メッセージ

セット内容
白ワイン(720ml)
・リエゾン ヴィンテージ/中口一本 ・リエゾン サンセミヨン/辛口1本 ・リエゾン 甲州/辛口1本 ・ノヴィス シュール リー/辛口1本 ・ノヴィス 甲州/辛口1本
赤ワイン(720ml)
・リエゾン プレステージ/フルボディ1本 ・リエゾン ベリーA/ミディアム1本 ・ノヴィス ベリーA/ミディアム1本
ロゼワイン(720ml)
・リエゾン ロゼ/辛口1本 ・ノヴィス ロゼ/辛口1本
果汁(550ml)
・白1本 ・赤1本
合計12本
日川中央葡萄酒:味、香り、熟成酒、新種、品種の違いをお楽しみ下さい。
※ジュースは仕入れております。

まとめ

今回の日本ワインのご紹介は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「日本ワイン」を堪能してみましょう!

「日本ワイン」のふるさと納税一覧

参考ページ
日本ワイナリー協会

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧