2019年は梅雨明け早々猛暑到来 広範囲で平年よりやや暑く
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 2019年は梅雨明け早々猛暑到来 広範囲で平年よりやや暑く

農業ニュース

2019年は梅雨明け早々猛暑到来 広範囲で平年よりやや暑く

2019年は梅雨明け早々猛暑到来 広範囲で平年よりやや暑く
最終更新日:2019年07月24日

梅雨明け後は平年並の暑さと厳しい暑さの時期が交互に訪れ、7月下旬から9月までの気温は、広範囲で平年よりやや高くなる見通し――。7月23日、気象予報サービスのウェザーニューズが「猛暑見解2019」を発表。2つの高気圧の張り出しが重なるタイミングで“猛暑”となる見込みとしています。

梅雨明け早々厳しい暑さに

梅雨明け後は平年並の暑さと厳しい暑さの時期が交互に訪れ、7月下旬から9月にかけての気温は、広範囲で平年よりやや高くなる見通しです。西・東日本を中心に夏空の広がる日が多く、梅雨明け早々厳しい暑さが到来し、35度を超える猛暑日となるところもありそうです。また、この暑さと湿った空気の影響で、にわか雨や雷雨にも注意が必要です。

2つの高気圧の張り出しが重なって猛暑に

暑さのピークは2度。太平洋高気圧の勢力が強まる7月末から8月上旬と、8月末から9月上旬の予想です。また、チベット高気圧の日本付近への張り出しがやや強く、太平洋高気圧とチベット高気圧の張り出しが重なるタイミングで“猛暑”となる見込みです。

今年の猛暑ピーク時の天気図イメージ

今夏は、夏季にチベット付近を中心に広範囲に広がるチベット高気圧の日本付近への張り出しが、平年並からやや強い見込みです。太平洋高気圧とチベット高気圧は広がる高度が違うため、チベット高気圧が日本付近まで張り出すと、2つの高気圧が非常に背の高い一つの高気圧のようになり、厳しい暑さをもたらします。

8月中旬から下旬前半は、太平洋高気圧の勢力が弱まり、暑さはやや収まる予想です。また、海からの湿った空気の影響で、太平洋側を中心に雲が広がりやすくなります。

9月後半からは、カラッとした空気をもたらす秋の高気圧に覆われるようになり、少しずつ秋らしくなっていく見込みです。

各地方の暑さは?

各地方の7月下旬から9月にかけての猛暑見解は下記のとおりです。

エリア 7月下旬~9月の気温(平年との比較)
北日本 【北海道】平年並〜やや高い
【東北】平年よりやや高い
東日本 平年よりやや高い
西日本 平年よりやや高い
沖縄 平年並〜やや高い

本予報は7月23日時点のものです。最新の見解はスマホアプリ「ウェザーニュース」またはウェザーニュースウェブサイト「猛暑見解2019」(https://weathernews.jp/s/topics/201907/230045/)からご確認ください。

関連記事
今年の梅雨は長め?西・東日本の梅雨入りは平年並みの予想 各地で7月の大雨に注意
今年の梅雨は長め?西・東日本の梅雨入りは平年並みの予想 各地で7月の大雨に注意
今年は沖縄や奄美で平年よりも遅い梅雨入りとなるも、その他の梅雨入りは平年並み、梅雨明けは昨年より遅い―。気象情報会社のウェザーニューズが、2019年の「梅雨入り・梅雨明け見解」を発表しました。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧