【ふるさと納税】盆栽おすすめ自治体5選!

マイナビ農業TOP > ふるさと納税 > 【ふるさと納税】盆栽おすすめ自治体5選!

ふるさと納税

【ふるさと納税】盆栽おすすめ自治体5選!

【ふるさと納税】盆栽おすすめ自治体5選!
最終更新日:2019年07月30日

日本の伝統芸術「盆栽」。長い年月かけて変化をしていく盆栽は長い間楽しめる趣味です。鑑賞して芸術作品として楽しむのもよし、育てて成長を楽しむのもよしと様々な楽しみ方が出来ます。完成することのない盆栽は、長く続けられる趣味です。ふるさと納税の返礼品で盆栽をご家庭でお楽しみください。

日本文化「盆栽」とは

盆栽の歴史


盆栽は、自然にある植物を鉢の中で育てていき、植物の姿を自然にある植物以上の美しさにしていく事を求めていく日本の伝統的な芸術でもあり趣味でもあります。生命に対しての植物に対するきめこまやかな美的感覚と日本人の心の優しさなどが表現されています。
盆栽は14世紀頃中頃の書物には登場をしています。この時は、貴族や僧侶などが楽しむものとして親しまれていました。

一般に盆栽が広がっていったのは17世紀初頭からです。明治時代になると盆栽は芸術的な見地から鑑賞するものとして本格的に美の追求をし始めました。この時期から盆栽は大規模な展示会が開催され、培養技術の専門書が発行されいます。

現在、盆栽は誰でも気軽に楽しめる趣味として親しまれています。また日本の伝統芸術・文化として世界各地「BONSAI」として認識されています。

盆栽を楽しむ


盆栽は、鉢に植えた樹木や花を単に植物として育てるだけではなく、ハサミで芽を切ったり針金を使って枝を曲げたりといった技法を使いながら鉢に植えた樹木や花を時間かけて丹精を込めて理想の造形にして自然の景色に見立て楽しむ生きた芸術品です。技巧のあとが見えず、自然の美しさを凝縮できたものがよい盆栽と高く評価されています。盆栽は一代で完成ができるものではありません。昔から複数人の所有者に愛蔵されて大切に受け継がれていくものもあり、樹齢が数百年の古木の盆栽もあります。

日本文化の盆栽は、海外でも人気で米国やフランス、イタリア、スペインなどに多くのファンがいます。盆栽は技法を使いながら自然の景色に見立てるのを楽しむ他に鑑賞することも楽しみの一つです。
盆栽を鑑賞するときは、自然の情景を思い浮かべて、樹木や花の根の張りや年月を重ねた樹皮、整えられて美しい枝などを楽しんでください。幹や枝の一部が枯れて白い部分がでているものは、幹を「シャリ(舎利)」、枝を「ジン(神)」と呼びます。様々な角度から盆栽を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

盆栽を育てる


盆栽を育てることも趣味の一つです。盆栽は、技法を使いながら手入れしまたものが、枝が伸びて枯れて新たに芽吹くため常に変化をしていきます。その為、盆栽はいつまでも完成することはなく、長く続けられる趣味であり何代にも渡って美を追求するものです。

高価なものでなくても、最初は松などから初めてみるのはいかがでしょうか。盆栽の世話の基本は日々の手入れで、水やりです。季節ごとで量を調節していきます。

水やりは木の上からではなく、土の表面にそっと空けてください。小さい盆栽の場合は霧吹きでも可能です。いかに人工的に自然の美に近づいていくかを追求するかの盆栽を育てる趣味として楽しんでみてください。

「盆栽」を返礼品としている自治体

盆栽をふるさと納税の返礼品として楽しみませんか。じっくり時間をかけて自分なりのアレンジをしてみてください。おすすめの自治体5選をご紹介します!!

1.【山梨県富士吉田市】BONSAI「鎌倉赤」:5,000円

地 域 寄付金額
山梨県富士吉田市 5,000円

詳細はこちら

和モダン創作こけ玉BONSAI「鎌倉赤」のご紹介です。
盆栽がはじめての方にも手軽に楽しんでいただける高品質造花(アーティフィシャルフラワー)の盆栽です。水やりや防虫などの手間がなく、様々なところに和のインテリアとして飾れる盆栽です。
一つ一つがオリジナルで作られた富士山麓の間伐材と溶岩を使った本物に近い盆栽をお楽しみください。

和のインテリアとして最適な盆栽を、高品質造花(アーティフィシャルフラワー)を使い、より手軽に。水やりや防虫の手間もなく、様々な場所に飾ることができます。富士山麓の間伐材と溶岩を使用しており、より本物らしい仕上がりとなっております。また、光触媒加工を施してありますので、防汚効果もあります。(一つ一つが手作りの為、すべてオリジナルの作品となります。)

概要

・富士山麓の溶岩と間伐材を使ったオリジナル作品

2.【山形県酒田市】苔玉「酒田の黒松」:10,000円

地 域 寄付金額
山形県酒田市 10,000円

詳細はこちら

禅スタイルシリーズ苔玉「酒田の黒松」のご紹介です。
日本文化を感じられる盆栽。その中でも癒されるものとして人気の苔玉です。

苔玉は、「日本の禅スタイル」のMOSS BOWLとして海外でも人気がある盆栽です。お部屋のインテリアやデスクなどに飾って自宅で気軽な盆栽をお楽しみください。

概要

・苔玉
・サイズ・高さ約15cm×幅約12cm

3.【福井県鯖江市】盆栽×漆塗りちょこぼん「CUBE」:30,000円

地 域 寄付金額
福井県鯖江市 30,000円

詳細はこちら

手のひらサイズのキューブ型でコンパクトな器が5個並ぶスタイリッシュ苔盆栽です。
器は1500年の歴史と伝統がある「越前漆器」と日本の伝統文化である「盆栽」が合わさった逸品です。どんな空間にも調和するデザインで、室内に和の空間を演出する事ができます。

簡単にお手入れできることから、初心者でも気軽に盆栽を楽しむことができます。お洒落なデザインは、男女問わず愛されるため贈答用としても喜ばれます。

概要

・苔盆栽5鉢1セット(受台付)

4.【埼玉県さいたま市】かえで盆栽:30,000円

地 域 寄付金額
埼玉県さいたま市 30,000円

詳細はこちら

かえで盆栽(小型サイズ) 樹齢5年程度のご紹介です。
さいたま市は名品盆栽の聖地として知られています。日本のみならず世界から多くの愛好家が訪れる大宮盆栽村の盆栽で、四季を通じて楽しめるかえでの盆栽です。青葉から黄葉へ変化する葉色をお楽しみください。

概要

・樹齢5年程度(樹高10cm~20cm程度)

5.【高知県安芸市】bon彩 Samon:44,000円

地 域 寄付金額
高知県安芸市 44,000円

詳細はこちら

川竹庭園オリジナルbon彩 Samon(白)のご紹介です。
2017年経済経済産業省 製造産業局長賞受賞の新しいミニ盆栽です。安芸市の伝統工芸品である内原野焼のオリジナルの器に入った管理が簡単なミニ盆栽です。インテリアの一つとして、ミニ盆栽を楽しんでいただけます。

内原野焼きは、素朴かつ重厚さがあります。安芸市の伝統工芸品と日本文化の盆栽のコラボを是非ご堪能ください。

概要

・器  高さ:9㎝ 幅:17㎝
・植物 松(高さ20~25㎝)

まとめ

今回の盆栽のご紹介は参考になりましたか?
ぜひふるさと納税を活用して「盆栽」を堪能してみましょう!
「盆栽」のふるさと納税一覧

参考ページ
盆栽妙

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧