台風シーズン到来! 今から間に合うビニールハウスへの対策とは ~株式会社キャムズ~

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 台風シーズン到来! 今から間に合うビニールハウスへの対策とは ~株式会社キャムズ~

PR
農業ニュース
滋賀

台風シーズン到来! 今から間に合うビニールハウスへの対策とは ~株式会社キャムズ~

台風シーズン到来! 今から間に合うビニールハウスへの対策とは ~株式会社キャムズ~
最終更新日:2019年08月28日

夏の訪れと共に気になるのが台風被害。昨年は5つの台風(平年値2.7)が日本列島に上陸し大きな被害をもたらしました。台風の到来による農産業への影響は大きく、ビニールハウスへの被害は深刻です。

昨今の台風は進路も勢力も今までからは推測し難い物となっており、台風被害に遭いにくかった地域にも対策が必要となってきています。
その為、強く、既設ハウスへも簡単に自身で施工できるビニールハウスの浮き上がり防止策として『ランドステッチアンカー』はいかがでしょうか。

ランドステッチアンカーは、台風からあなたのビニールハウスを守ります。

 alt=

獣害対策から生まれた強固なアンカー「ランドステッチアンカー」

獣害対策だけじゃない。小さなアンカーで抜群の引き抜き強度!

猪などによるフェンスの掘り起こしや、捲り上がりを防ぐために生まれたランドステッチアンカーは、その形状から支持層まで打ち込むことができ、さらに土中でアンカーを回転させることで土圧を利用し抜群の引き抜き強度を誇ります。
また、強度だけでなく足場の悪い状況下でも設置を可能にする施工性の高さも特徴の一つです。

その性質は、生産を止めたくない・施工場所が狭い・土質が柔らかい、など環境がさまざまで制約の多い既設ビニールハウスへの浮き上がり防止アンカーとしても実力を発揮します。

 alt=

各アンカーの引き抜き強度グラフと特長

ランドステッチアンカーの強さと特長

まず、ビニールハウスの浮き上がり防止には、基礎の補強・アンカーの設置が主な対策となります。

ランドステッチアンカーは既設ハウスへの対策として使用されている「P杭」や「らせん杭」より強い引き抜き強度を誇ります。
その理由の一つとして、アンカーの固定位置が自由自在である事があげられます。
今まで問題だった地層表面で止まってしまい支持層まで到達せずにすぐに抜ける、最後までの打ち込みが難しいと言った事がなく確実に支持層までアンカーを打ち込むことが可能です。

 alt=

既設ハウスへも施工可能です

既設ビニールハウスへの施工性は?

既存の対策でよく用いられる、らせん杭の施工には熟練した技術(コツ)が必要で、打ち込みには輪の部分に棒などを差し込み回してねじ込むのですが、強い力が必要です。その為強度はあるものの施工に時間がかかってしまいます。
その点、ランドステッチアンカーは打ち込み棒を使い、地中へ真っすぐにアンカーを打ち込み、その後にワイヤーを引っ張ってアンカーを水平に回転させます。

試しに施工経験のないスタッフが試したところ、らせん杭の打ち込みには15分かかりましたが、ランドステッチアンカーは1分半程で打ち込むことができました。
また、体感的に中腰での作業が続くらせん杭の施工より、立って作業ができるランドステッチアンカーの方が楽に施工することができたと思います。

さらに、打ち込み棒による打設はハンマーなど手動による方法だけでなく、ハンマードリルなどを使用することで作業時間も大幅に減少させることが可能です。

材料が揃えば、自分自身で施工できるのも強みの一つ。
施工業者に頼らないので施工費がかからず作業日数も節約できるのは嬉しいポイントではないでしょうか。

従来の対策より、強く・施工性高い。ランドステッチアンカーが獣害対策だけでなくビニールハウスへの浮き上がり防止策として注目を浴びるのも頷ける結果ではないでしょうか。

 alt=

ランドステッチアンカーは現場に合わせて様々な施工方法があります

導入のお声とビニールハウス1棟への導入モデルケース

実際に、『ランドステッチアンカー』は既に滋賀県栗東市、草津市、野洲市や京都府南丹波市を始め、続々と施工実績は広がっています。

ビニールハウスの浮き上がりに困っていた農家様にランドステッチアンカーを提案していただきました有限会社フジヤの坂根様より、お声をいただきました。
「当初お客様よりビニールハウスが台風に飛ばされて困っているとのお声を頂いており、既設ビニールハウスでも簡単に対策できる方法はないかと模索していたところ、キャムズさんのランドステッチアンカーがいいのでは! と思いお話しを詰めさせていただきました。早速見せていただいた時の感想は、強い! とにかく抜けない! というところ。その抜群の引き抜き強度と施工性の高さから、これだ! と思いお客様にご提案させていただきました。
感想を伺ってみても大変好評だった為、台風に悩んでおられる他の農家様にも自信をもって提案しています。台風が来ても安心してもらえるように皆様にも是非使っていただきたいです。」

〈モデルケース〉
早速、嬉しいお声をいただきましたフジヤ様に引き抜き強度を実験した土地でのモデルケースを算出していただきました。既設の6m×50mのビニールハウスが1棟立っていたと仮定しています。

通常1mピッチでの打ち込みを推奨しており、今回は計100本のランドステッチアンカーを打ち込みます。材料費の6万円程で、ビニールハウス全体に約43tの引き抜き強度を得ることができるのです。さらに、施工時間は2時間程で完了するとの事。
らせん杭の場合、同じ作業を行うとすると2日かかるので、強度・施工性どちらを取っても、らせん杭には戻れないですね。と呟かれていました。

さらに、こんなお声も。
「ランドステッチアンカーはさまざまな条件に対応できるのも強みの一つ。ビニールハウスの作りに合わせた施工方法がご提案でき、またビニールの浮き上がり防止として使用されているマイカ線の固定にも使えるのではと着目しています。」

自身での施工が可能なので、今すぐの対策が可能なランドステッチアンカー。
是非、ビニールハウスの台風・強風対策として導入してみてはいかがでしょうか?
また、施工のご相談や見積もりなど有限会社フジヤ様が「お答えしますよ!」との事。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。


有限会社フジヤ
CAMS WEBサイト


■株式会社キャムズ

所在地:〒520-3223 滋賀県湖南市夏見1234
E-mail:info@cams.co.jp
問い合わせ電話番号:0120-113983(いいさくやさん)
受付時間:月~金 9:00~17:00

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧