米卸最大手の神明HD ビビッドガーデン、農業総合研究所と業務提携
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 米卸最大手の神明HD ビビッドガーデン、農業総合研究所と業務提携

農業ニュース
東京

米卸最大手の神明HD ビビッドガーデン、農業総合研究所と業務提携

米卸最大手の神明HD ビビッドガーデン、農業総合研究所と業務提携
最終更新日:2019年09月10日

米卸で国内最大手の神明ホールディングスは5日、生産者と消費者をつなぐECサイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンと、スーパーマーケット内に直売所を設け、生産者から集荷した農産物を販売する「農家の直売所」で知られる農業総合研究所の2社との業務提携を発表した。物流拠点や仕入れ先、販路の共有を通して、物流コスト削減や農産物の販路拡大を目指す。

物流拠点の共同利用でコスト減 調達・販路も拡大へ


ビビッドガーデンとの協業では、米の直売プラットフォーム「コメチョク」を開設し、神明HDの米産地との繋がりを活用して消費者向けの情報提供を行いつつ、付加価値の高い商品を販売する。神明HDは、ビビッドガーデンに出資も行う(額非公表)。

農業総合研究所との連携では、それぞれが得意とする米農家、野菜農家とのネットワークと調達力を活かして集荷量を拡大するほか、神明HDが利用する全国92の集荷場を配送センターとして共同使用を行う。

米、青果の合計で年間約1800億円の農産物を取り扱う神明HDの藤尾益雄(ふじお・みつお)社長は、「両社とは、日本の農業を活性化するという起業理念に共通点を持つ。当社が最も弱いB to Cへのアプローチなどを、協業を通して強化しつつ、より生産者にメリットのある流通の仕組みを作っていく」と話した。

神明HDは、植物工場を建設して農閑期の米農家が副業として働く環境を提供したり、幅広い販路を活かして販売方法を提案するなど「川上からの生産者支援」(藤尾社長)にも注力している。

株式会社神明ホールディングス

関連記事
「稼げる農業」を考える!「NEXT AGRI PROJECT」見どころ紹介【大阪編】
「稼げる農業」を考える!「NEXT AGRI PROJECT」見どころ紹介【大阪編】
農業のステークホルダーが一堂に会し、日本の農業の未来について考えるイベント「NEXT AGRI PROJECT(ネクスト アグリ プロジェクト)」を、9月19日(木)・20日(金)に大阪で開催します。テーマは、マイナビ農業が考える「稼げる農業…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧