野菜の病気図鑑〜そうか病・粉状そうか病編〜【畑は小さな大自然vol.55】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 野菜の病気図鑑〜そうか病・粉状そうか病編〜【畑は小さな大自然vol.55】

野菜の病気図鑑〜そうか病・粉状そうか病編〜【畑は小さな大自然vol.55】

野菜の病気図鑑〜そうか病・粉状そうか病編〜【畑は小さな大自然vol.55】

こんにちは、暮らしの畑屋そーやんです。ジャガイモを収穫するとかさぶたのような出来物が表面にできていることがあります。

そうか病と粉状そうか病

左側の2つがそうか病を発症した芋

そうか病と粉状(ふんじょう)そうか病は特にジャガイモに起こりやすい病気で、芋の表面にかさぶたのようなブツブツができる病気です。収量にはほとんど影響しませんし、皮をむけば普通のジャガイモと同じように普通に食べられるのですが、見た目が悪くなるため商品化ができず、農家にとってはとても深刻な病気です。しかもそうか病が一度発生した畑では、それ以降も発生しやすく、根本的な対策の難しい病気の一つです。

そうか病と粉状そうか病の症状は似ているのですが、それぞれ病原体が異なり、発生しやすい環境も異なります。正確にどちらなのかを判別するのは難しいケースもありますが、それぞれの大まかな特徴を知っておくと対策の役に立ちます。

そうか病の原因と特徴

そうか病のジャガイモ。膨れたり、陥没したりしている

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧