「短工期・低コスト」農業施設の酷暑対策に新提案。宇宙技術の断熱塗料『セラミック・カバーCCS100』

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 「短工期・低コスト」農業施設の酷暑対策に新提案。宇宙技術の断熱塗料『セラミック・カバーCCS100』

PR
農業ニュース

「短工期・低コスト」農業施設の酷暑対策に新提案。宇宙技術の断熱塗料『セラミック・カバーCCS100』

「短工期・低コスト」農業施設の酷暑対策に新提案。宇宙技術の断熱塗料『セラミック・カバーCCS100』
最終更新日:2019年11月29日

自動倉庫のソリューションカンパニーである株式会社APT(アプト)が販売する『セラミック・カバーCCS100』は、NASAで開発された特殊な断熱塗料です。屋上や屋根に塗装することで、短工期・低コストで、高い断熱効果を発揮します。農業界からも、人や家畜の熱中症対策や光熱費の削減で注目されています。

『スペースシャトル』に塗布された断熱塗料で酷暑対策

異常気象が常態化する昨今、農業界では特に酷暑対策が喫緊の課題です。

炎天下での農作業の見直しはもちろんなのですが、屋内の農業施設(作業場、選果場、直売所など)でも、熱中症を防ぐために「人が安全に働ける環境」の整備は急務です。また、人に限らず、暑さに弱い「家畜(牛・豚・鶏)の飼育環境」の改善も見過ごせません。

株式会社APT

冷房装置を使った環境作りには、機器の導入や多大な光熱費が重くのしかかり、屋根や天井の断熱工事では、工期や費用を考えると簡単には踏み切ることができません。

そこで、自動倉庫のエンジニアリング企業である株式会社APTが提案するのは、アメリカのNASAで開発された特殊な断熱塗料『セラミック・カバーCCS100(以下 CCS100)』です。原料の83%を占めるシリカは、熱伝導率が極めて低く、屋根に塗装することで、高い断熱効果を得ることができます。

塗装は、高圧洗浄した屋根に『CCS100』をプライマー(下塗り)として0.2mm厚、その後、0.25mm厚で2度塗りをすることで、2層の膜間に境膜が作られ、日射を65~78%も防ぐという優れた断熱性を発揮します。

株式会社APT

太陽からの放射エネルギーは、屋根を伝わり、屋根裏の空気を暖めて室内の温度を上昇させます。これに対して、屋根の表面に断熱塗装を施すことで、屋根裏に熱が伝わりにくくなり、室内の温度上昇が軽減されます。さらに、空調機器が吸い込む天井付近の温度が下がることで、冷房効率が上がり、光熱費の削減にもつながります。

「日射を吸収しないように反射したり、熱放射を遮ったりする『遮熱』とは異なり、『断熱』は、熱そのものを伝わりにくくするので、夏場の冷房はもちろん、冬場の暖房効率の改善や結露の防止にも効果を発揮します」と話すのは、株式会社APT 営業本部の石黒梨南さんです。

株式会社APT

『CCS100』は、導入コストやメンテナンスの面でもメリットがあります。

屋根や天井の断熱工事を行うよりも、工期は圧倒的に短く済み、下の施設の稼働には影響がありません。工事費も1㎡あたり4000円~(足場費別途)と低コスト。塗装後はメンテナンスフリーで、断熱効果が約10年間持続します。汚れは水洗いで落とせ、紫外線カットや退色防止の効果もあるので、屋根の劣化対策にもなります。

塩化ビニールとテフロン以外の材質であれば塗装ができる『CCS100』は、白色の塗料なのですが、顔料を混ぜて着色することもできるので、屋根の意匠に合わせて使うことも可能です。

株式会社APT

『CCS100』は、もちろん安全性も担保しています。

ホルムアルデヒドの放散量が0.12mg/l以下の製品のみが取得できるFフォースターを取得。また、塗装の際に有機溶剤を必要としないので環境に優しく、安心して使用できます。

お問い合わせフォームはこちら

直売所の酷暑対策―『CCS100』で環境改善と節電を

日本一のレンコンの産地で知られる茨城県土浦市のJA水郷つくば(水郷つくば農業協同組合)では、直売所の『サンフレッシュ花野果(はなやか)』の屋根に『CCS100』による断熱塗装を導入しました。

株式会社APT

「直売所の屋根はガルバリウム鋼板一枚で、猛暑日には冷房を入れても温度がなかなか下がらず、冷蔵ケースは室外機に負荷がかかって機能しなくなることもありました。直売所の暑さ対策として、天井の取り付けも考えましたが、工事のために店舗を1カ月休業するとなると、生産者の出荷にも影響します」と話すのは、JA水郷つくば 営農部の久保田憲一さん。

株式会社APT

2018年7月に同直売所のバックヤード部分の屋根に『CCS100』を試験的に導入。外気温31.6℃の条件下で屋根の表面温度を計測すると、未塗装部分の64.6℃に対し、塗装を施した部分では41.7℃と、大きな効果が見られ、バックヤード内の体感温度も下がったといいます。

この結果を受けて、2019年1月に屋根全体(約360㎡)を断熱塗装。工期は、店舗を営業しながら3日半で完了しました。

株式会社APT

「合併もあり、電気代の見直しを図ったので、単純に前年と比較して省エネ効果を判断することはできませんが、店長からは電気代や店内の体感温度が下がったという話がありました。また、屋根を打つ雨音が小さくなるという効果もありましたね」と久保田さん。

※JA水郷つくば(水郷つくば農業協同組合)は、JA土浦、JA竜ケ崎、JA茨城かすみが合併し、2019年2月1日に誕生

株式会社APTは自動倉庫のエキスパート

『CCS100』を販売する株式会社APTは、自動倉庫のエンジニアリング事業が本業です。

定期的に発生する自動倉庫のシステム更新において、開発メーカーしか分からない物流システムや制御装置などのブラックボックスを解析することで、最適なシステム更新を提案。システム更新のコストダウンや効率アップを実現し、開発メーカーに依存せざるを得ない倉庫業界に風穴をあけ、右肩上がりの成長を遂げています。

株式会社APT

「『町の電気屋さんのような会社でありたい』と代表の井上が常に申しております」と、石黒さん。

自動倉庫の新設・リニューアルのコンサルティングから、システム解析、システム構築、保守・メンテナンスまでを一貫してコーディネートできることが株式会社APTの強みです。倉庫の省エネや災害対策に取り組むなかで、2年前から断熱塗料『CCS100』の販売を行っています。

「倉庫・物流業界は、人手不足が大きな課題です。農業界でも人手不足による省力化や自動化、省エネやコストダウン、作業環境の改善や安全対策など、いろいろとお力になれるのではないかと考えています」と、笑顔で話す石黒さん。

農業界にも新たなソリューションを提案してくれるのではないかと期待が膨らみます。

まずは、株式会社APTが見出した断熱塗料『CCS100』で、農業施設や畜舎などを酷暑から守り、作業環境の改善や光熱費の削減に取り組んでみませんか。

◆お問い合わせ

株式会社APT(アプト)

〒261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンB棟 22F
TEL:043-350-0581
FAX:043-350-0881

ホームページはこちら

お問い合わせフォームはこちら

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧