6次産業化、GAP認証を成功に導く検査とは? キーワードは”安全・安心”

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 6次産業化、GAP認証を成功に導く検査とは? キーワードは”安全・安心”

6次産業化、GAP認証を成功に導く検査とは? キーワードは”安全・安心”

6次産業化、GAP認証を成功に導く検査とは? キーワードは”安全・安心”
最終更新日:2020年07月21日

近年、農業の競争力強化や地方創生の手段として注目を集める「6次産業化」や「GAP認証」。「農作物を加工品に展開・販売し、新しいビジネスチャンスを広げたい」「GAP認証を取得して付加価値を高め、海外にも輸出したい」というのは、これからの農業の発展のためにも自然な流れかもしれません。しかし「6次産業化」や「GAP認証」にトライするには、さまざまな検査やリスク評価も必要となってきます。そこで今回は、検査・分析を専門とする滋賀県の株式会社日吉(以下 日吉)の技術担当者に、農業法人からよくある質問の解決策をレクチャーしてもらいました。

お悩み1:採れた野菜や果物の加工品を製造・販売する時に気をつけることは?

中田さん

一番に気をつけないといけないのは、“食品を製造し販売する”という責任をしっかり認識することです。よくあるケースとして、野菜を使ったお惣菜やお菓子、ドライフルーツなどを製造する際、家庭と同じような感覚で調理してしまうこと。これは後々、賞味期限検査など後の段階になって細菌汚染が発覚してしまうといった問題につながりかねません。
 

と語るのは、日吉・技術部 分析研究課 課長であり薬剤師でもある中田 俊芳(なかた としよし)さん。例えば家庭では採れたての土のついた野菜をキッチンで洗って調理しても、すぐに消費してしまうのでそれほど問題になりませんが、食品製造業としてはアウトになってしまいます。下処理と上処理を行う場所を区分けするなど、「菌をもってこない」「菌を増やさない」等の製造工程の衛生管理が重要になってきます。

また「6次産業化」を進める農業法人は、地域の補助金を元手に行うところも多いでしょう。ところがせっかく補助金をもらって設備投資したにも関わらず、製造場所の衛生管理が不十分でやり直さないといけない、ということになれば次に投じるのは自費。後で後悔しないためにも、開発段階から安全性も考えた製造工程を作ることが大切です。

『微生物3項目検査』(検査結果例※一部抜粋)

「お客様からは“このお茶葉や野菜に何か有用な成分が入っていないか検査してほしい”という依頼を頂きます。このように付加価値を高める検査も大切ですが、私たちとしては美味しいものを作る情熱と同じくらい、安全なものを作る事にも情熱をかけていただきたいと思っています。そこを見落とすと食中毒のリスクなどにより、せっかくの良い商品も販売できなくなってしまいますから」

日吉では「6次産業化」をサポートするため、調理場の衛生検査、賞味期限や栄養成分表示の検査などを実施しています。食品の製造販売には定められた法律があり、始める前にまずチェックするのが大事と言えそうです。

お悩み2:農園で人気のジュースを販売したいが、このままで大丈夫?

梶田さん

こちらも6次産業化を進める農業法人さんからよくある質問です。先日も“形のくずれたスイカを使って絞りたてのスイカジュースを瓶詰めにして売りたい”というご相談がありました。しかしお悩み1にプラスして気を付けなければいけない点は、清涼飲料水であるということ。清涼飲料水など加工品によっては各々に規格や基準が定められているものもあり、その基準を満たしていない場合、法的な罰則が発生するケースもあります
 

というのは、中田さんと同じく技術部 分析研究課の食品衛生係 主任・梶田 香奈(かじた かな)さん。日吉では完成した清涼飲料水に大腸菌群やヒ素などの有害物質が入っていないかを確認する成分規格検査に加え、使用する水の製造基準検査も行っています。日本の水道水は安全性が高いため、水道水を原水として用いる場合は大丈夫ですが、地下水や井戸水を用いる場合は定められた基準を満たしている必要があります。基準を満たしているかを確認するために日吉では定期的な検査の実施を推奨しています。

『清涼飲料水(殺除菌有)製造基準(42項目)』(検査結果例※一部抜粋)基準値内に収まっているかは、黄色の部分を確認すればわかります

ぜひ6次産業化をスタートする前にリスクや法的な基準、検査の必要性についても目を向けていただきたいと思います。

お悩み3:GAP認証を取得するために必要な検査は?

GAPとはGood Agricultural Practiceの頭文字を取ったもので、直訳すると「よい農業のやり方」という意味です。地球環境にやさしい持続可能な農業を目指そうと1990年代から欧州で始まり、日本では食品偽装などが問題になった2000年代より徐々に認知度が高まってきました。海外へ農作物や加工品を輸出する際や国際的なイベントで販売する食品にはGAP認証が義務づけられているため、特にここ近年、取得率が急激にアップ。「国際競争力を高めたい」「取引をよりスムーズに行いたい」「経営や労働環境の健全化につなげたい」などの理由で、GAP認証を取得する農業法人が増えています。

中田さん

でもGAP認証を取得するためにどんな検査が必要なのか、分かりづらいですよね。日本GAP協会の推奨検査機関である日吉では、農産物、水、土壌の3つの検査を提案しています。農産物では、GAP認証の要求事項である残留農薬検査などを実施。これは農産物の残留農薬検査計画に基づいて年1回以上の検査を行い、農薬使用が適正であることを確認することが求められています。また水については生産過程や農産物取り扱い工程で使用する水の安全性などを確認する必要があるので、水質検査の実施を推奨しています。土壌についてはリスク評価時の安全性確認に農薬や重金属検査などを推奨しています。

持続可能な農業につながる多くの基準が定められているGAP認証。認証を取得するためにどのような検査が必要なのか? 難しい、分からない、と思ったら、私たち専門の検査会社にご相談下さい(ただし、日吉はあくまで検査機関であり、GAP認証の認証機関ではありません)。

GAP認証に係る検査はこちら

厚生労働省の登録検査機関である日吉へまずはご相談を!

6次化に関する基本的な質問をしても、事例を挙げながら丁寧に説明をしてくれる中田さんと梶田さん

1955(昭和30)年に創業した日吉は、約90種の多種多様な事業認可を受ける厚生労働省の登録検査機関。検査・分析の確かな技術と長年培ってきたノウハウを生かし、環境、農業、食品などの分野に幅広いサービスを提供しています。GAP管理で求められる国の登録検査機関、ISO17025認定、日本GAP協会が推奨する機関のすべてを満たし、最新機器を駆使して多くの検査項目を自社で分析することができる数少ない検査機関でもあります。

「はかる・みる・まもる」をワンストップで行う日吉に、何でもご相談ください。

「お問い合わせ」や「お見積りのご依頼」はこちら

※農業法人向け検査については以下の早見表をご覧ください。

6次産業化 食品製造に使用する水(製造用水)、製造場所(衛生点検)、商品(賞味期限、栄養成分表示)、原料(農薬、米の場合は重金属カドミウム)
GAP認証 農産物(農薬検査)、生産工程で使用する水の安全性(水質検査)、土壌のリスク評価(農薬や重金属、放射能検査)
食品表示 栄養成分検査

◆イベント情報

第5回 ドリンク ジャパン ―[飲料][液状食品]開発・製造 展―

【会期】2020年11月25日(水)~27日(金)
【会場】幕張メッセ
【詳細】イベントの特設サイトをご覧ください


<お問い合わせ先>
〇株式会社日吉 技術部 分析研究課 食品衛生係
https://www.hiyoshi-es.co.jp/
・所在地 〒523-8555 滋賀県近江八幡市北之庄町908番地
・TEL  (0748)32-5001
・FAX  (0748)32-4192

関連記事
分析会社が教える! 今知りたい、『GAP 認証』~約2週間で可能! 残留農薬・土壌・水質の検査~
分析会社が教える! 今知りたい、『GAP 認証』~約2週間で可能! 残留農薬・土壌・水質の検査~
「環境に優しい方法で栽培された安心安全な農作物を食べたい」という消費者や「他社商品と差別化をし、より多く、より高値で取引したい」という農家から今注目されている「GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)認証」 …

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧