農業バイトに行くときに注意すべきことや服装のポイント

マイナビ農業TOP > 就農 > 農業バイトに行くときに注意すべきことや服装のポイント

農業バイトに行くときに注意すべきことや服装のポイント

農業バイトに行くときに注意すべきことや服装のポイント
最終更新日:2020年07月07日

援農や農業バイト、やってみようと思って電話連絡した、OKもらえた! でも、初めてのことだらけで不安がたくさんありますよね。特に迷うのが服装や持ち物なのでは。今回は援農、農業バイトの最初の不安や服装に関する疑問を、フリーランス農家の小葉松さんにぶつけながら解消していきたいと思います。農家さんで研修したことのある私、ちだの実体験も赤裸々にお伝えしますよ!

初めての農業バイトで気を付けること

私ちだは、何軒もの農家さんのところへお邪魔したり、実際に農業研修をさせてもらったりしたことがあります。

そのとき、こういうことが結構ありました。

  • 地図で場所を確認したら意外と遠かった。交通機関もない。お迎えをお願いしてもいい?
  • 農作業って言ってもいろいろ。何をするか聞いていなくて現場で戸惑った

こんなお悩みに関する答えは別の記事にまとめられていますのでぜひチェックしてください!

農業バイトで失敗しないために、この記事もチェック!
農業バイトの達人に聞いた。農業バイトで失敗しない7つのポイント
農業バイトの達人に聞いた。農業バイトで失敗しない7つのポイント
現在は会社員の山崎博司さん(仮名)は農業バイトの達人。学生時代に全国各地の農家や農業法人で、農業バイトや研修を経験しました。その体験をもとに、これから農業バイトを考えている人が失敗しないためにはどんなことに気を付ければ…

中でも「何を着ていくか」「何を準備していくか」はとても重要です。全然準備ができていなくて、その場で借りてしのぐということもなかなかできないですよね。
そこで、この記事では援農や農業バイトに行くときの「服装」と「持ち物」についてお伝えします。

アドバイスをくれたのは、農業経験ゼロから現在はフリーランス農家として日本各地で活躍している小葉松真里(こばまつ・まり)さんです。

◆小葉松真里さん◆

小葉松真里さん 1990年生まれ。北海道帯広市出身。
学校卒業後、地域に貢献する仕事がしたいと思い、地元新聞社、函館のまちづくり会社で、主に地域のイベント等の企画運営を行う。仕事を通して地域を支え続けてきた一次産業に可能性を感じ、農業の世界へ飛び込み、道内農家で2年間住み込みで働く。自分ならではの農との関わり方ができないかと試行錯誤の末、フリーランス農家という働き方を実践中。

小葉松さんの活動やフリーランス農家についてはこちらの記事をどうぞ!

マイナビ農業関連記事
フリーランス農家という生き方 農業の本当の魅力とは
フリーランス農家という生き方 農業の本当の魅力とは
日本各地で自称「フリーランス農家」として活動する小葉松真里(こばまつ・まり)さん。この聞きなれない「フリーランス農家」という肩書きが「なんだか自由そうでステキ!」と感じた農家憧れ中の私、ライターちだが取材してみると、小…

援農、農業バイトをする時の服装は?

まず、初めての農業バイトで注意したいのは服装について。

私が初めて農作業のお手伝いをした時は、短パンにアウトドア用サンダルで行っちゃいました。
本当にどんな格好をしていけばいいのか知らなかったんです。

小葉松さん

誰でも最初はわからないものですよね。知らないからこそ、準備を入念にしましょう!

これはNG 農作業に向かない服装

■NG:半袖短パン


ベテランの農家さんで半袖の人もいますが、それはベテランだからこそ!
初めての時には長袖長ズボンを着用しましょう。

ジャージーやスウェットも動きにくいのでオススメしません。

小葉松さん

■NG:ジャージーやスウェット

私も農作業にジャージー、スウェットをはいていったことがあります。
汗で布が肌にはりついて不快だし、ウエストが緩くて下がってくるしで非常に作業しにくかったです。

これがおススメ 農作業時の正解の服装

では、農作業時の服装は何が正解なのでしょうか。何に注意するべきなのでしょうか。

農作業をする時に注意したいのは

  • けが
  • 虫刺され
  • 日焼け
  • 熱中症

などです。
さらに作業性なども考慮しましょう。

小葉松さん

小葉松さんのアドバイスを受けて、私が実際に作業服を着てみました。
ズバリ、これが援農、農業バイトをするときの服装です!

■ポイント:長袖長ズボン

袖口を手袋にインすると、肌が出にくくて○

上着は七分丈などではなく、手首が隠れるものにしましょう。
肌が出ていると虫に刺されたり、葉っぱなどで切れたりします。
素材などは特に気にする必要はありません。

ズボンも丈が長いもので、立つ ⇄ しゃがむ、がしやすいものを選びましょう。また、作業中に下がってくるのを避けるため、ベルトを使ってウエストが締められるものがいいです。
素材もいろんな種類があるので、実際に店舗で試着することをオススメします。

■ポイント:帽子、タオル

帽子はキャップでも麦わら帽子でも構いませんが、ツバの広いものがいいでしょう。
特に外で作業することがわかっている場合には必ず持っていきましょう。

また、タオルは首や頭に巻く、汗をふくなど多用します。
小さいものではなく、30センチ前後の長さのものを数枚持っていくと安心でしょう。

■ポイント:長靴

足元を保護する意味でも必要ですが、

  • 前日に雨が降って畑がぬかるんでいる
  • 野菜の水洗いの作業がある

というケースもあるので、長靴は必須です。

作業で汚れることもあるので、長靴はお出かけ用のものではなく農作業用のものを別途調達した方がいいでしょう。
足も汗をかくので、長めの靴下を履くこともお忘れなく!

■ポイント:手袋

軍手は、細かい作業には向きません。
農作業には

  • 小さな雑草を抜く
  • 間引き
  • ひもを結ぶ
  • 野菜を出荷用のビニールに入れる

などの細かな作業が意外とあります。

なので、農作業用の手袋も用意しましょう。
1つ百円程度のもので構いません。
一方、コンテナ運搬など作業によっては軍手が向いている場合もあります。
軍手と農作業用の手袋と2つ用意すると、使い分けができていいでしょう。

今は、ワークマンなどでオシャレな作業着も多く売られているのでファッション感覚で楽しむのもいいですよ!

小葉松さん

マイナビ農業関連記事
おしゃれすぎて街で着たいレベル! おすすめ農作業着5選
おしゃれすぎて街で着たいレベル! おすすめ農作業着5選
農作業をするのに動きやすい格好はかかせません。しかもけっこう汚れますよね。そうなると、やはり野良着が便利です。ちょっとダサい感じがしますか? いえいえ、イマドキの野良着ってかなりおしゃれなんです。もちろん作業しやすいよ…

■ポイント:着替え

農作業をすると汗もかきますし、汚れるので着替えは必要ですね。

小葉松さん

ちだは、着替えを忘れて汗だくの作業着で車をビショビショにしながら帰ったことがあります。
念のため、下着も含めて着替えを用意するのが無難です。

また、作業が一日続く場合には「午前中の作業服」「午後の作業服」と2セット用意してもいいでしょう。

熱中症対策・日焼け対策

熱中症を避けるためには、直射日光が当たることを防ぐのが大事です。
前述の帽子とタオルは、このためにも重要なアイテムになります。ツバの広い帽子をかぶって頭を守るのはもちろん、首にタオルを巻いて首筋を守る対策をしましょう。

また、主に女性用の帽子で首の後ろ側を守れる形のものもあります。

首の後ろ側に日よけがついているタイプの帽子。

長袖を着ていても、顔は焼けます。帽子だけでなく日焼け止めは必ず持っていくようにしましょう。また、水分も忘れずに!

小葉松さん

■ポイント:日焼け止め、水分

水分は水、麦茶、スポーツドリンクなどなんでもいいですが、事前に買うようにしましょう。
畑の周りには買えるところがないことも。

また、500ミリリットルではとんと足りません。1リットル以上は持っていくようにした方が無難です。

ちだが実際に使っている、1.9リットル入る水筒。

熱中症対策で保冷剤を持っていくのもいいですよ! 休憩時に首元などにあてると涼が取れます!!

小葉松さん

保冷剤を使う時には、ハンカチなどで包んで。

冬のバイトもあるので、防寒対策も

また、冬の作業時は防寒対策も重要です。

  • 厚手の靴下
  • 厚手のインナー

などで対策しましょう。

これは農作業あるあるなんですが、作業してると暑くなるんです。
あと、冬場でもビニールハウス内は外よりも暖かいのですぐにポカポカしてきます。
なので、脱ぎ着しやすい上着で調整するのもいいですね。

小葉松さん

■ポイント:インナー、アウター両方で寒さ対策

小さくたためる上着があると、かさばらなくて便利。

服装以外で持っていくべきもの

服装や熱中症対策グッズ以外に持っていくものはあるのでしょうか。
小葉松さんに聞くと意外な答えが返ってきました。

お菓子!ですね(笑)。
ちょっと多めに持っていって、休憩中に農家さんとシェアして食べると会話のきっかけにもなっていいですよ。

小葉松さん

■ポイント:お菓子でコミュニケーション!

また、屋外ならではのこんなアイテムも。

■ポイント:虫よけで安心!

虫よけスプレー、虫刺され用の塗り薬があれば虫対策もバッチリなので一緒に持っていくと安心です。

小葉松さん

援農・農業バイトの時の服装や持ち物、これで大丈夫!

今回は援農、農業バイトをする時の服装や持ち物と注意すべきポイントについて紹介しました。
服装については普段身につけないものもあり、戸惑ってしまう人もいたのではないでしょうか。
改めてまとめてみます。とってもシンプルですよ!

服装:

  • 長袖長ズボン
  • ツバの広い帽子
  • タオル(数枚)
  • 長靴
  • 手袋(作業に合わせて数種類)

その他持っていくもの:

  • 着替え
  • 水分
  • 日焼け止め
  • 保冷剤
  • 脱ぎ着しやすい上着
  • お菓子
  • 虫除けスプレー
  • 虫刺され薬
これで大丈夫です!
土の上での作業はなんとも言えない開放感と満足感が得られます。
ぜひ準備をバッチリして農業バイトにチャレンジしてみてください。

小葉松さん

農業労働力確保緊急支援対象 求人情報

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧