雨水誘導マットで災害・雨裂対策を! 重機不要・簡単施工!農業分野での活用事例も増えています!

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 雨水誘導マットで災害・雨裂対策を! 重機不要・簡単施工!農業分野での活用事例も増えています!

雨水誘導マットで災害・雨裂対策を! 重機不要・簡単施工!農業分野での活用事例も増えています!

AGRI+

雨水誘導マットで災害・雨裂対策を! 重機不要・簡単施工!農業分野での活用事例も増えています!
最終更新日:2020年10月20日

アサヒハケ株式会社は各種塗装用具の製造販売を手掛ける老舗メーカー。同社のノウハウが集約された雨水誘導マット『RLマット』は、大雨による災害・雨裂対策として、山間部の工事現場等で使用されています。その効果もあって、いまやさまざまな業界から注目を集めています。

豪雨も安心!軽量・簡単施工で斜面を守るマット

「送電用鉄塔の工事を行う際、課題となるのが大雨などによる水の流れをいかに制御するか。流れをそのままにしていると雨裂ができ、法面の崩壊にもつながりかねません」と話すのは営業担当の梅本さん。
『RLマット』はそんな課題を解決するために開発された製品で、幅1m×長さ5mのマット1枚の重さが3kgと軽量、かつ固定ピンを打ち込むだけと施工が容易なのが特長です。

高耐候性不織布(フェルト)素材で1枚の重さは約3kg(RL-5-15)

排水イメージ。凸凹構造が雨水を分散、水量・流速を抑制します

これまで山岳地の鉄塔工事は森林を伐採してヘリポートをつくり、ヘリコプターで資材を運ばなければなりませんでしたが、『RLマット』なら作業員1人でも運搬・施工が可能です。

「もともとは建設業界のニーズに応えて開発した商品ですが、今では農業分野やソーラーパネルの施工会社、オートキャンプ場などさまざまな方面からお問い合わせを頂いております。」と梅本さんは話します。

営業担当の梅本さん(左)、大手酒造メーカー社員の高谷さん(右)

ブドウ農場でも効果を発揮する雨裂対策の救世主

今回『RLマット』使用者として感想を寄せてくださったのは、山梨県で大規模なブドウ農場を複数展開する大手酒造メーカー社員の高谷俊彦さんです。

「山梨県は年間の降水量こそ少ないですが、降れば豪雨になることも多く、農業従事者にとって雨水の制御は切っても切れない問題です。そんな時、『RLマット』の提案を受け、新設するブドウ農場の造成地で試してみました」

実際の施工の様子

造成して間もない頃は降雨による無数の雨裂ができ、法面の浸食も危ぶまれたそうですが、『RLマット』とヤシマットなどを併用して対策したところ、如実に変化が表れたといいます。
「1時間に40mmを超える豪雨や幾度もの降雨に見舞われましたが、対策後は雨裂が形成されることもなく、現在は下草も生えて安定した土地になりました」と高谷さん。

「導入の決め手は施工性と耐久性(施工後約5年は効果を発揮してくれるそう)の良さですね。今後、農業分野はもちろんのこと、さまざまな現場で大いに貢献できると思います」と太鼓判を押してくださいました。

雨裂対策に悩む自治体や高速道路、鉄道などの業界でも普及の可能性があります。この画期的なマットをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

営業担当より

名古屋支店 営業課 主任 梅本 紗佑(うめもと さすけ)さん

中途採用5年目の梅本さんは名古屋支店のエース。人あたりの良さとフットワークの軽さを強みに大活躍しています!
「現場を見てより良い提案をいたしますので、まずはご相談ください!」

【問い合わせ】

アサヒハケ株式会社

<大阪本社>
〒574-0057 大阪府大東市新田西町6-6
TEL:072-806-5251
<名古屋支店>TEL:052-362-5545
<東京支店>TEL:03-5809-9430
WEBでのお問い合わせはこちら

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧