全国初! スイス型森林環境管理のスペシャリストを養成―『奈良県フォレスターアカデミー』【学生募集中】

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 全国初! スイス型森林環境管理のスペシャリストを養成―『奈良県フォレスターアカデミー』【学生募集中】

全国初! スイス型森林環境管理のスペシャリストを養成―『奈良県フォレスターアカデミー』【学生募集中】

全国初! スイス型森林環境管理のスペシャリストを養成―『奈良県フォレスターアカデミー』【学生募集中】
最終更新日:2020年11月19日

2021年春、奈良県吉野町に林業大学校である『奈良県フォレスターアカデミー』が開校。全国初の「フォレスター学科」の設置で注目を集める同校が、第一期生の募集をスタートしました。「フォレスター」とはスイスやドイツの「森林管理官」のことで、森林環境の維持向上に関わる専門職。奈良県では、スイス・ベルン州と友好提携協定を結び、スイス林業を参考に「新たな森林環境管理制度」の導入を進めています。その担い手を養成するアカデミーの概要をご紹介します。

歴史ある林業地域にフォレスター養成学校を開校

森林面積284ha。森林率が県土の77%を占める奈良県は、「吉野杉」や「吉野檜」などの高級良質材の産地として広く知られています。

その歴史は古く、記録に残る日本最古の造林が室町時代の1500年頃に吉野地域(奈良県中南部の吉野川上流)で始まり、山守が山林を預かって森林管理と林業経営を行う「山守制度」によって発展してきました。

そのような歴史ある吉野林業の地に林業大学校である『奈良県フォレスターアカデミー』が2021年4月に開校します。

「フォレスター」とはスイスやドイツの「森林管理官」のことで、森林環境の維持向上に関わる専門職。その養成を行う「フォレスター学科」が全国に先駆けて設置されるということで注目を集めています。

学校概要はこちら

奈良県が「森林作業員学科(1年制)」と共に独自の「フォレスター学科(2年制)」を設けた背景には、林業従事者の高齢化や担い手不足、長引く木材価格の低迷による施業放置林の増加、更にそれらに伴う「森林の環境保全機能の深刻な低下」がありました。

新しい森林環境管理を学び、その実践者に

奈良県では、スイス・ベルン州と友好提携協定を結び、スイスのフォレスター制度などをモデルとして「新たな森林環境管理制度」を導入。

2020年4月に「奈良県森林環境の維持向上により森林と人との恒久的な共生を図る条例」を制定し、経済性と環境保全を両立する「恒続林」という森林管理手法で持続可能な林業を目指しています。

その担い手となる人材を養成するのが、『奈良県フォレスターアカデミー』なのです。

奈良県フォレスターアカデミー

“森林環境の維持向上に関する専門的な知識を有し、かつ、それを実践することができる技術及び技能を備えた人材を養成し、もって森林と人の恒久的な共生に寄与する。”―を教育理念に掲げ、奈良県が提携するスイスの「リース林業教育センター」の元校長のアラン・E・コッハー 氏を名誉校長に迎え、吉野林業を担う「黒滝村森林組合」の梶谷哲也 氏など、産学官の多彩な講師が授業を行います。

「フォレスター学科」では、「森林資源生産」・「防災」・「生物多様性保全」・「レクリエーション」という森林の4機能を最大限に発揮させることを目標に、新たな森林環境管理制度を実践・指導する人材を育成。

森林作業で求められる技能に加え、森林に関する高度な専門知識や、経営・マーケティングなどの幅広い能力を養います。卒業後は、森林組合や林業事業体の幹部候補として、森林管理のコーディネーターや持続可能な森づくりのアドバイザーとしての役割を担います。

奈良県フォレスターアカデミー

「森林作業員学科」では、新たな森林環境管理制度の実践者として、現場で高度な技能を発揮する人材を育成。

林業に必要となる高度な技術を実践的に学ぶと共に、林業に関わる専門知識の習得を目指します。卒業後は、森林組合や林業事業体の即戦力として林業の実務に従事し、将来的には現場作業のリーダーとしての活躍が期待されています。

奈良県フォレスターアカデミー

また、卒業までに必要な費用は、国の制度である「緑の青年就業準備給付金」を活用することが可能で、卒業後1年以内に林業分野へ就職するなどを条件として、最大年額約140万円(最大2年間)が支給されます。

卒業後の就業支援体制も万全です。

奈良県林業労働力確保支援センターを通じ、県内の森林組合や林業事業体などへの就業相談を随時実施。また、自伐林家を目指す方には、融資制度や各種事業補助の紹介など、起業に向けたサポートも行います。

奈良県で新しい森林環境管理を学び、持続可能な林業経営と人と共生する森づくりに貢献しませんか。

学生募集要項はこちら

◆募集日程
※試験合格者の累計が募集人員に達した場合は、それ以降の募集を実施しない場合があります

区分 出願期間 試験日 合格発表
第1回 2020年11月6日~12月4日 2020年12月13日 2020年12月21日
第2回 2021年1月4日~2月2日 2021年2月9日 2021年2月16日
第3回 2021年2月18日~3月16日 2021年3月23日 2021年3月30日

 
 
◆お問い合わせ
奈良県 水循環・森林・景観環境部
森と人の共生推進室

〒630-8501 奈良県奈良市登大路町30番地(奈良県庁 分庁舎5F)
TEL:0742-27-8115(平日:8時30分~17時15分)
ホームページはこちら

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧