〜私たちの南阿蘇移住STORY〜 人気の理由は就農支援だけじゃない!? 移住・子育て支援がとにかく充実!関東からIUターンした子育て家族の生活をのぞき見♪|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 〜私たちの南阿蘇移住STORY〜 人気の理由は就農支援だけじゃない!? 移住・子育て支援がとにかく充実!関東からIUターンした子育て家族の生活をのぞき見♪

〜私たちの南阿蘇移住STORY〜 人気の理由は就農支援だけじゃない!? 移住・子育て支援がとにかく充実!関東からIUターンした子育て家族の生活をのぞき見♪

〜私たちの南阿蘇移住STORY〜 人気の理由は就農支援だけじゃない!? 移住・子育て支援がとにかく充実!関東からIUターンした子育て家族の生活をのぞき見♪

世界最大級のカルデラ・阿蘇の南麓に広がる熊本県南阿蘇村。四季折々の自然が織りなす美しい風景、日本名水百選にも選ばれた白川水源を始めとする豊かな湧水群に恵まれた、癒やしの村です。熊本市中心部から車で1時間程度、阿蘇くまもと空港か車で30分ちょっとというアクセスの良さもあり、年間を通して県内外からの観光客が絶えません。実は同村は、関東方面などからの移住者が多いことでも知られています。それを支えているのが、同村独自の就農支援や「空き家・空き地バンク」、子育て支援など充実したサポートです。今回は、千葉県から家族で移住し、新規就農5年目になる子育てファミリーの体験談を通して、南阿蘇村移住の魅力をご紹介します。

生まれ育った関東からこの地へ移住を決めたきっかけ
「ここでしか見れない景色に出会えます」

南阿蘇村に移住して新規就農し、大玉トマトを育て始めて5年目になる山田祐輝さん(33)と明日香さん(31)ご夫妻。千葉県出身の祐輝さんは飲食店で働いていた時に明日香さんと出会い6年前に結婚。明日香さんの実家の農地があったことから、南阿蘇村に移住し農業を始めました。

「もともと人の多い都会より、自然な場所が好きだったんです。結婚の挨拶で一度、南阿蘇村を訪問した際、山に囲まれた景色の素晴らしさに魅了されました。農業に興味を持ったのは、千葉の地元の知り合いに農家の人がいて、すごく楽しそうで、自分の時間を自由に使えるところがいいなと思ったこと。南阿蘇村に妻の実家の田んぼはありましたが、誰も農業をしていないので、自分にできないだろうかと思ったんです」と移住のきっかけを話す祐輝さん。実際に、地元の知り合いの農家で半年間農業体験をしてみて、「楽しいかも!」と思えたことから、移住を決意したと話します。

早速、南阿蘇村での研修先を探すため、NPO法人に連絡。東京で新規就農者向けのイベントがあると聞き、そこで相談した結果、研修先や仮の住まいなどすべての段取りがトントン拍子に進んだといいます。

結婚して千葉県に住むはずだった妻の明日香さんの反対はなかったのでしょうか?

「最初は戸惑いもありましたが、若いうちにやりたいことはやっておいた方がいいと思いました」と夫のチャレンジに賛成したそうです。ただしその時は、農業を手伝う気は全くなかったとのこと。ところが研修先に挨拶に行った際、「どうせやるんだったら、奥さんも一緒に研修を受けた方がいい。もちろん、子育て優先で大丈夫ですよ」と言われて、研修から一緒に受けることになりました」と笑顔を見せます。

現在は2人の男の子にも恵まれ、南阿蘇村に建てた住まいに明日香さんのご両親、祖父との7人家族。夏にはもう1人新しい家族が増えるといいます。
「妊娠や子育てが大変な時は、やれることだけ手伝うという感じで無理なく畑作業をやっています。自分の親のサポートもあるので、助かっていますね」と明日香さん。

一方、2年間の研修でトマト栽培の基礎を学んだ祐輝さん。「まったくゼロからの経験でしたが、とても勉強になりました」。2年目の収穫が一段落した頃からは、田んぼを畑にしたり、中古のハウスを建てるなど自分の畑の準備を始めたそうです。「就農して少しずつ畑の面積も増やして、収入の目処が立ったのは3年目くらいからです。農業は一生懸命やれば返ってくると言われますが、本当にその通りだと思います。最初は大変な時期がありましたが、少しずつ収益も上がってきました」と手応えを感じています。

さまざまな給付金や支援制度も利用できる 
南阿蘇村独自のワンストップサービスの就農支援とは?

新規就農を検討した際、何と言っても気がかりなのが、お金のことではないでしょうか。研修期間の収入や農地、農機具の手配や資金のことなど心配は尽きません。

山田さん家族の新規就農を支えてきたのが、南阿蘇村ならではのワンストップ就農支援制度です。まず研修の2年間は、新規就農の研修生のための準備型の給付金を利用しました。さらにハウス(中古)を購入する資金は、南阿蘇村独自の農業者向けの補助金を利用して助成を受けることができたとか。「役場の農政課に何でも相談すれば、親身になってアドバイスしてくれるので助かっています。みなさん温かい方ばかりです」。
このほか、新規就農・就業現地ツアーの開催や、短期研修の受け入れ、貸し出しハウス整備支援事業、農業次世代人材投資事業、無利子資金制度などさまざまなサポート制度があり、随時相談に乗ってくれます。また住まいを探す場合には、南阿蘇村移住サイトに相談すれば、「空き家・空き地バンク」がサポートしてくれます。改修工事や家財処分費用の2分の1を負担してくれる補助金制度も利用できるそうです。

★\記事広告Vol.1もチェック/★
行政×農家×就農者でつなぐ南阿蘇村の未来。手厚い就農サポートをレポート

南阿蘇村では、子育て支援に大変力を入れています。出産した時には第1子・2子なら5万円、第3子以降は10万円支給。給食費の半額補助、0歳から18歳までの医療費助成、ランドセル・中学生カバンの支給、チャイルドシートの半額助成など、子育てファミリーにとってはありがたいものばかり。もちろん待機児童もゼロ。「関東と違って、いつでも必要な時期に保育園に入園できるのでびっくりしました」と明日香さん。さらに今年1月には「子育て世代包括支援センター『みなっこ』」が完成。村ぐるみで、妊娠から出産、子育てを応援しようという制度が整えられています。

山田家のとある1日の暮らし@南阿蘇
これから移住する人へのメッセージ

そんな山田家の1日の暮らしぶりについて、祐輝さんを中心にご紹介すると…。

繁忙期のスケジュール(7~8月)
    AM5:00  畑で収穫作業 / 明日香さんも畑へ行き収穫作業
    AM8:00  明日香さん一旦帰宅 / 子どもたちの世話 / 保育園へ送る / その後再び畑へ
    PM13:00 自宅に戻り昼食 / 1時間ほどお昼寝
    PM14:00 再び畑で作業
    PM17:00 明日香さん保育園のお迎え / 夕食の準備 / 子どもたちの世話
    PM19:00 帰宅、夕食、風呂
    PM21:00 就寝

 

余裕のある時期のスケジュール(1~2月)
    AM8:00  子どもたちと一緒に起床
    AM9:00  畑で作業
    PM13:00 自宅に戻り昼食
    PM14:00 再び畑で作業
    PM17:00 帰宅後、夕食の準備 / 子どもたちの世話 / 事務系の仕事をすることも
    PM23:00 就寝

 

祐輝さんに移住して一番良かったことを尋ねると、「食べ物もお酒も美味しいし、すべてがいい。ノンストレスで、自分のペースで仕事ができること。もちろんすべてが自己責任ですが、作業が落ち着く時期には、いろんなところに行って農業に関する話を聞きに行けます。それが今自分の力になっています」とのこと。「気を付けなければいけないことといえば、台風や豪雨、火山灰などの災害ですね」と阿蘇ならではの季候の特徴を挙げます。

明日香さんは、「近所の人たちが温かく見守ってくれているので、子育てもしやすいですね。子どもたちものびのびしています。たまに、『泣き声が全然聞こえないけど大丈夫!?』と逆に心配されたりします(笑)」。「忙しい時には、なかなか遊びに連れて行けませんが、農閑期には年に一度千葉の実家に帰っています。子どもたちは、関東に遊びに行けるのを楽しみにしているみたいです」。

お2人に、これから移住を考える人にメッセージをいただきました

祐輝さん

新しいことを始める時は、誰でも不安になると思います。新規就農をうまくやるには、とにかく地域になじむこと。自分はその覚悟で来ました。こっちにはこっちの環境、やり方がある。なじむと自然と仲間が増えます。アドバイスもいろいろくれますし、何かあれば手伝いに来てくれたり。2人でもやれているのは、仲間のコミュニティの存在が大きいですね。それができれば、自然とうまくいくと思います!

こっちに来て、人の温かさ、優しさが身にしみるようになりました。仕事の面でも助けてくれる人もいますし、ご近所さんも野菜を持ってきてくれたり。南阿蘇には、田舎ならではの人の温かさがあります。勇気を出して、話しかけてみるといいですよ♪

明日香さん

近年、若い人を中心に、観光がきっかけで移住を検討する人が増えているという南阿蘇。新規就農だけでなく、飲食店やペンションを始める人も少なくありません。今後村では、移住者の仕事の紹介などにも力を入れていきたいとのこと。この3月には阿蘇大橋も完成し、熊本中心部とのアクセスもさらに向上しました。まずは、心と体を癒やしに、南阿蘇を訪れてみませんか?

\移住者インタビュー多数掲載!詳しくはコチラ/

「南阿蘇で毎日を遊ぼう」南阿蘇村移住サイト

【お問い合わせ】
南阿蘇村役場
〒869-1404
熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705-1
TEL:0967-67-1111
Fax:0967-67-2073
E-mail:nosei1@vill.minamiaso.lg.jp

公式Facebook
公式Twitter

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧