体幹を整えて疲れにくい体に! 農家にもおすすめのインソール(中敷き)の威力|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農家ライフ > 体幹を整えて疲れにくい体に! 農家にもおすすめのインソール(中敷き)の威力

体幹を整えて疲れにくい体に! 農家にもおすすめのインソール(中敷き)の威力

体幹を整えて疲れにくい体に! 農家にもおすすめのインソール(中敷き)の威力

しゃがむ、かがむ、中腰、重いものを運ぶ、立って上を見続ける……さまざまな体勢で行う農作業は、体に与える負担も相当なものだ。どうにかして少しでも楽になりたいもの。そんな生産者の救世主になり得るのが、一見農業とは縁遠い靴の中敷き、インソールだ。スポーツ界やハードワーカーの間で最近注目されているというアイテムの効果について取材した。

日本人の3人に1人が該当 「浮き指」って何

今月の特集は「農家って休めるの?~農家の働き方改革~」。経営改革事例はいくつか取り上げているが、文字通り体を休める方法についての話題がまだ無かった。
「百姓」といわれるように、業務は多岐にわたり多忙な生産者。彼らの疲れを癒やし、できれば仕事の時間に“ながら”で活用でき、気軽に取り入れられるアイテムがないものか──。筆者はインターネットの大海をさまよっていた。

そんなとき社内の若手営業マンから、「最近、質の良い靴の中敷きが人気らしいです。体を支えてくれるので、力仕事に従事する方にも人気らしいですよ」と情報をもらった。ナイス! とんとん拍子でインソールメーカー「テンシャル」の本社にお邪魔することになった。

テンシャルのオフィスにて

東京・渋谷区の一軒家オフィスで迎えてくれたテンシャルの社員さん

まず、知りたかった「インソールを使うことの具体的なメリット」を聞いた。
そこで逆質問されたのが、「普段、足の指って使えていますか?」。不意を突かれたが、あまり意識したことがないと正直に伝えた。実はそういう人がほとんどなのだという。
「日本人の3人に1人が、足の指を地面につけずに歩いてしまう『浮き指』という症状を持っています。浮き指で歩くと、指の付け根やかかとに重心が偏ります。上半身が前傾姿勢になりやすく、それを支えようとして、肩こりや腰痛につながってしまいます」と、教えてくれたのはセールス部門統括の木林毅(きばやし・つよし)さんだ。

浮指の症例と理想的な足の重心

足の指が浮く「浮き指」は、付け根やかかとへの重心の偏りを引き起こす

崩れたバランスをかばおうとしたり、軸を戻そうとしたりする無意識の動きによって、腰やひざに負担が掛かり、体の痛みを引き起こすのだという。

TENTIALのインソール

社員にアスリート出身者が多い同社。木林さん自身も学生時代はバスケットボールで全国を制した

日常生活で、足の指の動きを意識することは少ない。が、ランニングなどさまざまなスポーツでは重要視される部位だ。そういえば、筆者もヨガ教室でバランスポーズを取るときに、「足の指で地面をわしづかみして!」と先生から言われたことを思い出した。確かに体軸が安定する感覚を得たことを覚えている。

重心のかかり方の違い

靴の中に入れるだけで、無意識にでも足の指を正しく使える状態に導いてくれるのがインソールだ。

テンシャルのインソールを靴に設置する人

インソールを入れることで足の裏と地面が接する面が増え、靴の中で指が浮かなくなる。体の重心が適切な位置に戻り、バランスが整い安定するのだという。重心が正しい位置に戻れば、同じ動作でも体に掛かる負担が大きく軽減される。

アーチ

TENTIALのインソールは、足の甲の真ん中から外側の辺りに存在する「立方骨」を押し上げ、指先を正しく使えるようにしてくれる。「足の裏の外側から支えることになるので、より高い安定感が得られます」と木林さん。インソール使用前後の力の入り方の変化が分かる実験映像があるので見てみてほしい。

また、自然なアーチを描く土踏まずは、運動時の着地の衝撃を和らげるクッションの役割をするが、このアーチが崩れるとクッション性が失われてしまう。これを正しい形に保つのもインソールの役目だという。

腰痛、背中痛、膝痛、足・かかとの痛み、外反母趾(ぼし)、扁平(へんぺい)足といった症状に悩んでいる人や、立ち仕事や力仕事の多い人に特におすすめだそうだ。

インソールは農業にも効くのか?

農作業に多い姿勢

それでは、肝心の農作業に効果はあるのだろうか?

作物によって差はあるが、農家のとることが多いポーズを伝えた。
・前傾、前かがみ状態での作業
・しゃがみ姿勢での作業
・重量物の取り扱い
・上向きでの作業(収穫・剪定<せんてい>など)

木林さんからは、「全ての動作で効果を出せると思います」という答えが返ってきた。
「例えば、前傾姿勢は足の指を使うことでより安定します。重いものを持つ場合は、かかと重心になってしまうと力が入らないので、指先を意識することが重要です」。
あらゆる動作において体幹を意識することが、疲れの軽減につながると言ってよさそうだ。

TENTIALのホームページには、農家によるユーザーインタビューも掲載されている。
▼農業のイメージを革新し、選ばれる仕事になるために

高価格の理由とは?

気になる値段だが、いちおしの「TENTIAL INSOLE(テンシャルインソール)」は、8778円(税込)と「他社製品と比べて値段が張る」と木林さんは言う。

インソールとインソールライト

TENTIAL INSOLE(左)と最も手頃な値段のLite(右)

その理由は、高級素材とされる「ポロン」というクッション材を全面に使っていることにある。一般的に、低反発の素材は体を柔らかく包み込む反面、力を入れづらいといった運動性の低さが特徴だ。逆に高反発素材を使った靴底やインソールは、踏み込みやすく運動に向いているが疲労しやすいとされる。トレッキングシューズの靴底を想像すると分かりやすいだろう。この「ポロン」は両方の特性を持つため、柔軟性と疲労軽減効果、運動性も兼ね備えている「いいとこ取り」なのだという。

ゴルファー向けなどカテゴリーは全4つで、2970円(税込)から試せる。自分の足の大きさに合わせ、カットして使用し、対象商品は30日以内であれば使用後でも返品できる。気になる耐久性だが、半年程度が交換の目安だという。

体の痛みを自覚した際に、テーピングで補助することが多いが、これでは根本の解決策にはならない。体幹を鍛えながら疲れを予防し、手軽に本来の身体能力を引き出すアイテムとして、試し甲斐がありそうだ。「欧米ではフットケアは一般的。日本はまだまだ伸びしろがある」(木林さん)と、市場のポテンシャルにも期待する。ユーザーは20~50代の幅広い年代で、最近では成長期の小学生の利用事例も増えているという。

日々酷使している肉体。手軽にできるケアでいたわりつつ、足元から更に高いパフォーマンスを追求してみては。

TENTIAL(テンシャル)

関連記事
セルフメンテナンスも仕事のうち! 農家のブランディングにつながる休み方
セルフメンテナンスも仕事のうち! 農家のブランディングにつながる休み方
農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。 収穫…
少量多品目農家は「長期の休み」を取れる? 休むための作付け計画
少量多品目農家は「長期の休み」を取れる? 休むための作付け計画
農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。 少量…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧