少量多品目農家は「長期の休み」を取れる? 休むための作付け計画|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 少量多品目農家は「長期の休み」を取れる? 休むための作付け計画

少量多品目農家は「長期の休み」を取れる? 休むための作付け計画

少量多品目農家は「長期の休み」を取れる? 休むための作付け計画

農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。

少量多品目農家の皆さん、長期の休みは取れていますか? 単一の作物を作っている農家であれば、まとめて休みを取ることは可能ですが、少量多品目農家は常に何か作っているため、毎日何かしらの作業があって休めないことも多いのではないでしょうか。今回は、休むための農業について考えてみます。

少量多品目農家はなぜ休みを取りづらいのか

そもそも、少量多品目農家はなぜ休みを取りづらいのか。結論から述べると、忙しすぎるのです。
新規就農者が入りやすい販売チャンネルは、オンラインショップでの野菜セット、直売所、スーパー、マルシェなどです。これらに共通して言えることは、「年間を通して野菜を栽培する必要がある」ということ。これが、必然的に少量多品目栽培という農業のスタイルとなっていきます。一つの作物ではお客さんにあきられてしまう恐れもありますので、収益確保のためにも、常に何か作っていなければならない状況が続きます。

野菜セット

販売していた野菜セット

<忙しい理由その1>品目によっては毎日収穫が必要

代表的な夏野菜、キュウリやオクラは、成長が早く、収穫時期になると毎日の収穫が必要です。長期間収穫を続けるために、種まきや苗の植え付け時期をずらしている農家は、その忙しさは長く続くことになります。

収穫が忙しいキュウリ

収穫が忙しいキュウリ

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧