作りやすさとリコピン含量がパワーアップ! 「京くれないEX」|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 作りやすさとリコピン含量がパワーアップ! 「京くれないEX」

作りやすさとリコピン含量がパワーアップ! 「京くれないEX」

連載企画:種苗会社が推す!2021年秋まき新品種

作りやすさとリコピン含量がパワーアップ! 「京くれないEX」

秋まき野菜の新商品について、育種のプロである大手種苗会社・タキイ種苗のブリーダーさんに紹介してもらいます。最終回である第6回のおすすめ品種は「ニンジン」です。

「京くれないEX」の特性

タキイ種苗が2013年に発表した「京くれない」は、鮮やかな赤色という見た目に加え、カロテン・リコピンという2種類のカロテノイドを併せもつ点で、多方面から評価を集め、人気となりました。今回新発表する「京くれないEX」は、近年の気象変動に対処するため、主に高温期の初期生育が向上するよう「京くれない」に改良を加えた品種です。そのため春~夏どり栽培も可能となり、幅広い作型で栽培できます。

初期生育がよく栽培性向上

「京くれない」は初期生育が緩慢なため夏場の暑い時期の立枯が心配でした。そのため「京くれないEX」は、特に初期生育のスムーズさを重点的に改良しており、春まき栽培も可能となっています。

リコピンの含量がさらにアップ

カロテンとリコピンの両方をバランスよく含んだ「京くれないEX」は、一般のニンジンに比べてカロテノイド総量が多く、リコピンの含量は「京くれない」よりもさらにアップしています。

京くれないEX_リコピン含量比較

「京くれないEX」栽培のポイント

京くれないEX_適期表

①均一な発芽を心掛ける

ニンジン栽培においては、均一に発芽させることが良品生産のポイントです。発芽には多くの水分が必要なので、播種(はしゅ)後の乾燥に注意して土壌を適湿に保つように努めてください。初期の乾燥は又根の原因になります。

②適切な肥培管理を行う

「京くれないEX」は五寸ニンジンに比べて生育期間が長いため、追肥型の肥培管理に努めます。生育途中の肥切れは、黒葉枯病や斑点細菌病などの地上部病害の原因になります。追肥は肥大期に入る前(本葉6枚ごろまで)に施し、青首防止のためにしっかりと土寄せを行いましょう。

③収穫は十分着色してから

適作型は中間・暖地の秋冬どりで、12月〜2月まで収穫できます。播種後約120日、根長20〜22センチ程度になったころが収穫の目安です。大きさだけでなく、根部がしっかり着色したことを確認し、収穫してください。十分に着色させるためには、生育後半にしっかりと低温にあてることが重要です。

④春まきでは抽苔に注意

ある程度の晩抽性を有していますが、無理な早まきは抽苔(ちゅうだい)の危険があります。中間地のトンネル栽培では2月中旬以降の播種がおすすめで、さらにマルチやベタがけ資材を利用すると効果的です。冷涼地では5月上旬以降の播種がおすすめですが、地域によって異なりますので、確認の上、適期播種を心掛けましょう。

(執筆:タキイ長沼研究農場 坂巻有一)

関連記事
【秋まき新商品解説】収量・作業性抜群 秋~冬のホウレンソウ「寒兵衛」「徳兵衛」
【秋まき新商品解説】収量・作業性抜群 秋~冬のホウレンソウ「寒兵衛」「徳兵衛」
秋まき野菜の新商品について、育種のプロである大手種苗会社・タキイ種苗のブリーダーさんに紹介してもらいます。第4回のおすすめ品種は「ホウレンソウ」です。
【秋まき新商品解説】玉じまりがよく、作りやすい! 草姿立性の晩抽早生種「ボルト」
【秋まき新商品解説】玉じまりがよく、作りやすい! 草姿立性の晩抽早生種「ボルト」
秋まき野菜の新商品について、育種のプロである大手種苗会社・タキイ種苗のブリーダーさんに紹介してもらいます。第2回のおすすめ品種は「タマネギ」です。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧