農業界のココ・シャネルになりたい 女性だけが働く施設園芸の経営者|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 農業界のココ・シャネルになりたい 女性だけが働く施設園芸の経営者

農業界のココ・シャネルになりたい 女性だけが働く施設園芸の経営者

窪田 新之助

ライター:

農業界のココ・シャネルになりたい 女性だけが働く施設園芸の経営者

大分県国東(くにさき)市のウーマンメイク株式会社は全国でも珍しい女性だけが働く農業法人。一代で創業した社長の平山亜美(ひらやま・あみ)さん(32)は「農業界のココ・シャネルになりたい」と語る。20世紀を代表するファッションデザイナーにあこがれるその思いとは。

従業員の半数が育児と両立

ウーマンメイクの園芸施設は、国東半島の東端にある大分空港から車で10分強の距離に立地している。隣接する事務所を訪ねると、平山さんが玄関前で迎えてくれた。

事務所は今年建てたばかり。応接室に案内してもらうと、ちょうど仕事を終えた作業着姿の人たちと行き会った。男性の顔は一切見当たらない。26人いる従業員はすべて女性で、年齢は26歳から69歳まで。従業員の半数は子育て中だという。

平山さんがウーマンメイクを創業したのは2015年。翌年から30アールの施設でリーフレタスの水耕栽培を開始した。事務所と同じく今年増棟した50アールの施設では、リーフレタスだけでなくホウレンソウも水耕栽培している。
年商は2016年度に4200万円だったのが2020年度には7200万円と、ずっと右肩上がり。創業してからずっと黒字だ。一代でこの会社を築いている平山さんはなぜ農業の世界に入ったのだろうか。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧