物流改善の打開策 「一貫パレチゼーション輸送」の現状と課題|マイナビ農業
一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 物流改善の打開策 「一貫パレチゼーション輸送」の現状と課題

物流改善の打開策 「一貫パレチゼーション輸送」の現状と課題

窪田 新之助

ライター:

物流改善の打開策 「一貫パレチゼーション輸送」の現状と課題

物流環境の悪化は日本の食料基地にとって大きな懸念材料だ。生産した農畜産物と加工品の45%を都府県に輸送する北海道はどんな打開策を取っているのか。JAグループ北海道がその一つとして注力する、パレットに荷物を積んで保管や輸送、荷降ろしをする「一貫パレチゼーション輸送」の現状と課題を紹介する。

北海道でもドライバー不足は深刻

北海道から道外に輸送される農畜産物は年間350万トンに及ぶ。このうち260万トンがホクレンの扱いだ。その輸送形態は多い順にトラックが130万トン、JR貨物が80万トン、船便が50万トン。北海道は他県よりもトラックによる幹線貨物輸送から海運や鉄道の輸送に切り替える「モーダルシフト」が進んでいるのが特徴だ。

それでもトラックの利用率が最も高く、ゆえにホクレンが懸念するのはドライバー不足だ。鉄道貨物協会が2014年5月に公表した「大型トラックドライバー需給の中・長期見通しに関する調査研究」によると、2030年は2020年と比べて大型トラックドライバーが18%減少すると予測されている。ホクレンは少し多い20%減になると見込んで、対策を打ち出してきた。

野菜の取扱量のうち約3割でレンタルパレットを利用

1_ホクレンが推奨するレンタルパレット

ホクレンが推奨するレンタルパレット

その一つがパレットに荷物を積んで保管や輸送、荷降ろしをする「一貫パレチゼーション輸送」だ。2015年から道内のJAで普及を進めている。それまでは野菜や果物を運ぶのに、段ボール箱に入れた状態のまま荷積みや荷降ろしをするのが一般的だった。これは人手と時間を要する。代わりに産地の段階でパレット上に段ボールを積んでおけば、フォークリフトでトラックへの積み降ろし、倉庫での保管や移動ができる。一例を挙げれば、10トントラックにタマネギを満載するのに要する時間は人手だけなら2時間半。一方、パレットなら30分と5分の1で済む。

ホクレンがその普及に当たって採用したのは、大きさが1100×1100ミリの通称「11(いちいち)型パレット」。木製とプラスチック製の2種類のレンタル品である。用途はいまのところタマネギ、バレイショ、ダイコン、ニンジンなどの重量野菜が中心。野菜の取扱量のうち約3割でレンタルパレットを使うまでに広がった。

段ボール箱の規格統一、貨物輸送など課題多く

一貫パレチゼーション輸送の推進は荷役にかかる作業の負担や時間の軽減に貢献する一方、新たな課題を生んでいる。その一つは11型パレットの大きさに合わせた規格の段ボール箱を普及させることだ。規格において段ボール箱が11型パレットに合わず、積んだ際に枠からはみ出れば、輸送中に段ボールや中身の青果物が破損する恐れが出てくる。対策として、一部の野菜については11型パレットに合わせた規格の段ボール箱を普及させる。

JR貨物のコンテナの規格にパレットの規格が合っていないことも課題だ。11型パレットを入れると、コンテナ内の両側に隙間(すきま)が生じる。激しい揺れによって積んでいた荷物が横から落下したり、上部が隙間に倒れて下段が潰れたりする恐れがある。対策としてラッピング資材で積載物ごとパレットを包装したり、横の空間に緩衝材を入れたりしている。

おまけにJR貨物からは1コンテナ当たりの積載重量が決められている。パレット1枚のおおよその重量はプラスチック製が25~28キロ、木製が30~40キロ。一つのコンテナにパレットが6枚入るので、その総重量はおおよそプラスチック製が150~168キロ、木製が約180~200キロとなる。この分だけ荷物が載せられなくなり、結果的に段ボール1箱当たりの輸送代に跳ね返ってくる。

もう一つの課題はパレットの回収率を上げることだ。レンタル品なので返さなければならない。ホクレンによると、他産業における回収率は98~99%。一方、ホクレンが使い始めたレンタルパレットの回収率は「87%だったり95%だったりと年によってまちまち。いずれにしても他産業よりは低い」という。
回収率が悪ければ、レンタル料金の値上げやパレットが供給されない事態につながりかねない。ホクレンは全農と連携して卸売市場に返却するよう要請を続けている。

フレコンの課題は規格を全農に合わせるか

最後にホクレンによるコメの輸送について触れたい。取扱量のうち7割はフレキシブルコンテナ(以下、フレコン)での輸送である。JA全農の取扱量のうちフレコンの割合は5割なので、他県より進んでいるといえる。
今後の課題の一つはフレコンの規格でJA全農と足並みをそろえるかどうかだ。ホクレンが推奨してきたフレコンは容量が1020キロなのに対して、JA全農が普及させているのは1080キロ。フレコンの規格を統一することで、経費の削減が期待できる。このためホクレンはJA全農フレコンの1020キロによる運用試験を実施するなど、規格の統一を検討している。

関連記事
全国的なドライバー不足にどう対応? 青果物流の中継拠点の効果と課題とは
全国的なドライバー不足にどう対応? 青果物流の中継拠点の効果と課題とは
JA全農おおいたが2019年に開設した大分青果センターは、県内の全4JAにとって物流の中継拠点。各JAから青果物を一元的に集荷して予冷した後、分荷して全国に送り届ける。目的は物流費の抑制と市場での有利販売にある。期待した効果は得ら…
JA越前たけふ、ホールディングス化へ 2024年度までに農業関連事業を完全分離
JA越前たけふ、ホールディングス化へ 2024年度までに農業関連事業を完全分離
JA越前たけふ(福井県越前市)は2024年度をめどに、営農・生活指導などの農業関連事業をすべて子会社の株式会社越前たけふファームに譲渡する。経済事業は別の子会社に譲渡済み。JA本体には管理業務と信用・共済事業だけを残して、ホー…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧