南阿蘇の大自然の中で農家やハンターを目指しませんか?|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 南阿蘇の大自然の中で農家やハンターを目指しませんか?

南阿蘇の大自然の中で農家やハンターを目指しませんか?

南阿蘇の大自然の中で農家やハンターを目指しませんか?

熊本県南阿蘇村では農業分野での地域おこし協力隊を6名・鳥獣害対策分野での地域おこし協力隊を2名募集しています。自然あふれる南阿蘇で農家やハンターへの一歩を踏み出してみませんか?

南阿蘇村の概要

南阿蘇村は、阿蘇カルデラ内の南部に位置し、雄大な外輪山の美しい景色、日本名水百選に選定された「白川水源」をはじめ、村内には多数の湧水地が点在し、豊かな自然環境に恵まれた地域です。
湧水や温泉とともに、これらの阿蘇の大自然を満喫できるアウトドア体験など多くの観光客が訪れる農業と観光が基幹産業の村です。
農業では稲やそば、トマトやアスパラガスなど施設園芸とともに、あか牛の放牧による畜産も営まれています。しかし近年は高齢化や担い手不足など、全国各地と同じような悩みを抱えています。
農業を取り巻く環境は厳しい状況ではありますが、そのような中でも知恵を絞り汗を流し、素晴らしい経営を行っている農家が育っています。今後はこうした優秀な農業経営者を増やすことによって、南阿蘇村の農業を安定的に将来に継承し、明るい未来が開けると考えています。

地域おこし協力隊(新規就農プロジェクト6名募集)

南阿蘇村では新たな担い手を育成する事業の一環として地域おこし協力隊を募集します。地域おこし協力隊の皆様が、将来南阿蘇村で農業者として自立できるよう支援します。

●充実した研修
・村内の農地を活用した栽培技術習得研修
(米・麦・大豆・雑穀・露地野菜等の土利用型作物 )
・有機農業に関する研修
・村内の中核農家や農業生産法人等での実践研修
・座学研修
・くまもと農業アカデミー 、熊本有機農業研究会等が開催する研修

●手厚いサポート
・長年の農業指導経験がある講師が在籍。農業のノウハウを教わります。
・活動に必要な物品購入の補助もあります。

●生活のサポート
・村内の農業者との交流
・田舎暮らし研修(地域の行事や共同作業に参加 )

電気牧柵の説明を受ける地域おこし協力隊

【第1期生の声】
南阿蘇村の農業に貢献できるようになりたい

母の出身地で馴染みがあり、自然豊かだったため南阿蘇村にきました。
新規就農プロジェクトには就農を目指す仲間がいるため頑張れます。また地域の方々との繋がりもできます。現在はアスパラガス農家を目指して村内の先輩農家のもとで研修を受けたり、就農時に使用するハウスの管理をしています。 
アスパラガスを栽培し、ゆくゆくは南阿蘇村の農業に貢献できるようにしたいです。
(小屋迫 瑛)

無肥料・無農薬栽培の実現を目指して

南阿蘇村の黒ボクの肥沃な土地と豊かな水があれば、無肥料・無農薬栽培が実現できると思い南阿蘇村にきました。
協力隊では、研修や農地確保など就農に向けて村のサポートを身近に受けられること、就農に関してご指導やアドバイスをくださる方々がいらっしゃることが心強いと感じています。無肥料・無農薬で小麦、大豆、ハーブ、野菜を生産する農家を目指しています。最近は就農に向けて種採りのために古代小麦の栽培を始めました。
(鈴嶋 千芳子)

村内の農業法人でのハーブ栽培研修

地域おこし協力隊1期生

応募要件

  • 応募日現在で三大都市圏内又は地方都市にお住まいで、採用後は南阿蘇村に住民票を移して研修受け、研修終了後は南阿蘇村に定住し農業者として自立を目標とする方
  • 農業が好きで、体力・知力・気力を備え、自信のある方
  • 農家や地域の方々と交流ができる方
  • 年齢は概ね20歳以上40未満 性別は問わない
  • 報酬

    【報酬】月額160,000円、期末手当(ボーナス)年2回、昇給なし
    【保険】社会保険、厚生年金、雇用保険、非常勤職員公務災害補償保険に加入
    【勤務時間】原則月 115 時間
    【その他】活動に必要な車両やパソコン等は南阿蘇村で準備いたします。

    地域おこし協力隊(新規就農プロジェクト)の
    募集要項詳細・応募はコチラ

    地域おこし協力隊(ジビエ活用による鳥獣害対策プロジェクト2名募集)

    南阿蘇村ではイノシシ、シカやサル等による農産物の被害が増加しています。電気牧柵やワイヤーメッシュなどによる対策も行っていますが、狩猟によってイノシシやシカなどの数を減らす必要があります。狩猟を行う猟師も高齢化が進んでおり若いハンターの養成とジビエの活用が求められています。
    そこでハンターとして狩猟を行いながらジビエの活用をめざす地域おこし協力隊を募集します。地域おこし協力隊の皆様が、将来南阿蘇村でジビエを活用しつつ夢のあるハンターとして自立できるよう支援します。

    箱わなに入ったイノシシ

    業務内容

    1. 地元の猟友会と連携して罠や銃による狩猟技術を習得するための研修。
    2. ジビエを活用するための解体および調理・加工技術を習得するための研修。
    3. ジビエ解体処理施設設置の準備と設置後の企画運営。
    4. 村内の農業者等との交流
    5. 田舎ぐらし研修(地域の行事や共同作業に参加)

    ハンターを目指している地域おこし協力隊員

    応募用件

    1. 応募日現在で三大都市圏又は地方都市にお住まいで、採用後は南阿蘇村に住民票を移して研修を受け、研修終了後は南阿蘇村に定住しジビエを商品化するハンターとして自立を目標とする方
    2. 狩猟免許(わなおよび銃免許)を取得し、イノシシやシカの解体技術を身につける意志のある方
    3. 地域の方々と明るくコミュニケーションができる方
    4. 年齢は概ね20歳以上40歳未満、性別は問わない

    報酬

    【報酬】月額160,000円、期末手当(ボーナス)年2回、昇給なし
    【保険】社会保険、厚生年金、雇用保険、非常勤職員公務災害補償保険に加入
    【勤務時間】原則月 115 時間
    【その他】活動に必要な車両やパソコン等は南阿蘇村で準備いたします。

    地域おこし協力隊(ジビエ活用による有害鳥獣対策プロジェクト)の
    募集要項詳細・応募はコチラ

    ◆お問い合わせ
    南阿蘇村役場農政課
    〒869-1505 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1705
    TEL:0967-67-2707

    詳しくは、「南阿蘇村地域おこし協力隊」で検索!
    申込・問合せ先:南阿蘇村 農政課「地域おこし協力隊募集」係
    所在地:〒 869 -1404 熊本県阿蘇郡南村河陽 1705 番地 1
    TEL:0967 -67 -2707 FAX:0967-67-2073
    E-mail:nousei1@vill.minamiaso.lg.jp

    地域おこし協力隊(新規就農プロジェクト)への応募はコチラ
    地域おこし協力隊(ジビエ活用による有害鳥獣対策プロジェクト)への応募はコチラ

    関連記事

    タイアップ企画

    公式SNS