マイナビ農業TOP > セミナー > 3/15(金)公共牧場の経営改善・新たな活用を考える!『令和5年度 全国公共牧場運営改善研修会(オンライン開催)』

タイアップ

3/15(金)公共牧場の経営改善・新たな活用を考える!『令和5年度 全国公共牧場運営改善研修会(オンライン開催)』

3/15(金)公共牧場の経営改善・新たな活用を考える!『令和5年度 全国公共牧場運営改善研修会(オンライン開催)』

公共牧場の経営の健全化と機能の充実・強化を目的に「令和5年度 全国公共牧場運営改善研修会」を開催します。
全国どこからでも参加できるオンライン開催。この機会にぜひ生産性向上技術やコスト低減等経営改善に関する知識を学んでみてはいかがでしょうか。

twitter twitter twitter


【お申込みいただいた方へ】
ZoomのURLは「令和5年度 全国公共牧場運営改善研修会(オンライン開催)へのご予約ありがとうございます。」という件名のメールにてご案内しております。
メールの届いていない方は、お申込みが完了していない可能性がございますので、再度お申込みいただくか、事務局(agri-webcast@mynavi.jp)までお問い合わせください。

全国公共牧場運営改善研修会とは

・全国の公共牧場管理者・職員の皆様
・管理運営受託組織の長・職員の皆様
・行政、試験研究機関、畜産関係団体等の皆様

「令和5年度 全国公共牧場運営改善研修会(オンライン形式)」は、上記の皆様を対象に開催する研修会です。

不安定な国際情勢などから、輸入飼料への過度な依存から脱却し国産飼料の生産・利用の拡大が求められる昨今、地域の飼料基盤としての公共牧場の重要性はますます高まっています。
今後公共牧場は、健全な経営のもと、利用農家が期待する役割と機能を発揮していくことが重要です。
一方で、預託頭数の減少、労働力不足や管理者の草地・家畜管理技術の習熟不足によって、公共牧場本来の機能が十分に発揮できず、廃止や活動の中止を余儀なくされた事例もあります。

こうした背景を踏まえて、本研修会では、公共牧場の経営の健全化と機能の充実・強化を目的に公共牧場における放牧技術の基本、経営管理の合理化、公共牧場を核とした地域活性化並びに公共牧場の新たな活用方法を紹介します。
公共牧場の所有者の皆さまはもちろん、管理主体である都道府県、市町村、農業協同組合等の職員の皆さまもぜひご参加ください。

Zoomを使用したオンライン開催のため、ご自宅や職場から気軽に参加いただけます。

▶イベント申し込みはコチラ◀

3月15日(金)のプログラム

■ 開会 13:30~13:35

■ 研修➀ 13:35~14:05
公共牧場をムダなく使う集約的な放牧管理技術について
- 肉用牛の公共牧場を上手く使いたい -

一般社団法人日本草地畜産種子協会 放牧アドバイザー 梨木 守 氏

慣行で行われている放牧について技術的な問題点と改善点を明らかにし、放牧技術の基本を解説する。

■ 研修➁ 14:05~14:45
公共牧場の運営改善技術について
浦幌町模範牧場 指定管理者 株式会社希興 代表取締役 三宅 英彰 氏

施肥等の草地管理及び放牧技術の改善、経営の合理化等赤字経営を黒字経営にするためのノウハウを解説する。

■ 研修➂ 14:45~15:25
公共牧場を核とした地域活性化について
- 意識改革による牧場経営の改善 -

一般社団法人葛巻町畜産開発公社 顧問 中村 哲雄 氏

公共牧場の役職員の仕事に対する取組み姿勢の改善、民間感覚への意識改革等について解説する。

■ 研修➃ 15:35~16:05
公共牧場の新たな活用方法について
- 株式会社酪農王国・株式会社若牛の里の取組み -

浜中町農業協同組合 酪農技術センター長 宮崎 一幸 氏

民間資本で立ち上げた会社組織による大規模生乳生産と会社(共同経営)方式による育成牛の買い取り、初妊牛の販売を行う取組みを紹介する。

■ 研修➄ 16:05~16:25
令和6年度予算の概要について
農林水産省畜産局飼料課 課長補佐(草地整備計画調整班) 今崎 裕一 氏

農林水産省における公共牧場の機能強化支援対策(平成6年度当初予算等)の概要について報告する。

■ トークセッション 16:25~17:00
講演者と参加者との双方向のやりとりを通して現場の課題の把握や解決策の助言等に資するため、講演者に対する質問への回答と併せて、公共牧場の経営の健全化、機能の充実・強化及び新たな活用方法について意見交換を行います。

【ファシリテーター】
一般社団法人日本草地畜産種子協会 放牧アドバイザー 梨木 守 氏

【パネリスト】
浦幌町模範牧場 指定管理者 株式会社希興 代表取締役 三宅 英彰 氏
一般社団法人葛巻町畜産開発公社 顧問 中村 哲雄 氏
浜中町農業協同組合 酪農技術センター長 宮崎 一幸 氏
農林水産省畜産局飼料課 課長補佐(草地整備計画調整班) 今崎 裕一 氏

■ 閉会 17:00

▶イベント申し込みはコチラ◀

イベント詳細

詳細 内容
日程 2024年3月15日(金)13:30~17:00
会場 Zoom開催
※ご予約完了メールにURLを記載しております。
※ご予約者の皆さまに向けてイベント前日を目処に、参加方法についての案内メールを送付予定です。
※予約完了メールを受信したことを必ずご確認ください。
申込期間 2024年1月26日(金)~2024年3月13日(水)9:00
※申込状況によって早まる場合がございますので、予めご了承ください。
定員 80名程度
参加費 無料(要予約)
お問い合わせ先 (1)情報連絡会議の内容に関すること
一般社団法人 日本草地畜産種子協会 草地畜産部 
担当:伊藤
(TEL:03-3251-6501 E-mail:itoh@souti-fsa.or.jp

(2)Web研修会への参加方法及びWebサポートに関すること
株式会社マイナビ 地域CSV事業部 担当:谷藤、西谷 
(E-mail:agri-webcast@mynavi.jp

※当日のプログラム内容の一部は予告なく変更となる場合がございます

関連記事

タイアップ企画

公式SNS

「個人情報の取り扱いについて」の同意

2023年4月3日に「個人情報の取り扱いについて」が改訂されました。
マイナビ農業をご利用いただくには「個人情報の取り扱いについて」の内容をご確認いただき、同意いただく必要がございます。

■変更内容
個人情報の利用目的の以下の項目を追加
(7)行動履歴を会員情報と紐づけて分析した上で以下に活用。

内容に同意してサービスを利用する