野菜の苗を手掛けるベルグアースに聞く「計画生産と苗づくりの最前線」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > アグリテック > 野菜の苗を手掛けるベルグアースに聞く「計画生産と苗づくりの最前線」

アグリテック

野菜の苗を手掛けるベルグアースに聞く「計画生産と苗づくりの最前線」

野菜の苗を手掛けるベルグアースに聞く「計画生産と苗づくりの最前線」

2017年07月26日

消費者やバイヤーが必要とする期日までに、要望される量を確実に納品するということが、農家に求められる場合もあります。そこで必要となるのが、苗選びです。安定的な収穫を実現するため、均一化されたサイズの苗を作るベルグアース株式会社に、苗業界の最新事情についてお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket


農業は、天候不順や生育不良など様々な条件に左右されやすく、生産や収穫がなかなか読めません。「しかし、緻密に計画を立てて生産している農家は、上手くいっている印象があります。農家が売り上げを伸ばすためには“計画生産”をすることが大切だと思います」

こう語ってくれたのは、ベルグアース株式会社・総務課の宮本剛(みやもとつよし)さん。同社は愛媛県宇和島市に本社を構え、日本最大級の閉鎖型苗生産システムを導入するなど、苗業界を最前線で牽引しています。

これからの農業には「野菜ができたから買ってください」ではなく、「消費者やバイヤーが必要とする期日までに、安定した品質の青果物を作り、要望される納品数を確保する」といった、具体的な目標を設定することが求められるといいます。それを実現するのに欠かせないのが苗。今回は、苗業界の最新事情についてお話をうかがいました。

苗の段階で出来栄えの5割が決まる果菜類

写真提供:ベルグアース株式会社

計画生産の一端を担うのが苗業界です。「トマト・キュウリ等果菜類のでき栄えは、苗の段階で5割方決まると言われており、農家はより良い苗を求めます」と宮本さん。

良い苗とは、高品質であることはもちろん、サイズが均一でなければなりません。苗の大きさが異なると成長がバラバラになり、目標とする期日に収穫できない恐れがあるからです。

「当社では、苗は一度根っこを切ることで大きさをリセットし、サイズを揃えながら育てています。根と土がないことで輸送費の軽減ができ、価格を抑える事が可能になりました」

ベルグアースでは、基本的に受注で注文を受けています。「葉っぱが○枚展開しているものが欲しい」、「花芽の大きさは米粒くらいがいい」など農家によって依頼内容はさまざま。中には使う農薬が指定されることもあるそうです。そうした要望を汲み取り、一つ一つ確認を取ってから種まきをしています。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧