就農地の選び方から心積もりまで 就農希望者の実態と直面する悩みとは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 就農地の選び方から心積もりまで 就農希望者の実態と直面する悩みとは

就農

就農地の選び方から心積もりまで 就農希望者の実態と直面する悩みとは

就農地の選び方から心積もりまで 就農希望者の実態と直面する悩みとは

2017年07月29日

就農した理由は? 就農までにかかった期間は? 就農地の選び方は? 就農時の住居は? 新規就農者の多くが抱える悩みについて、全国新規就農相談センターの相談員の方からのアドバイスをご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

就農地の選び方から心積もりまで。就農希望者の実態と直面する悩みとは

「農家になりたい」と思っても、就農する地域や作りたい作物を決め、どんな農業スタイルを目標にするかなど、決めなければならないことはたくさんあります。そこで、新規就農した方々がどんなふうに農業のスタートを切ったのか、就農してから10年以内の全国の新規就農者1万3,282名を対象に行われた「平成28年度新規就農者の就農実態に関する調査結果」をもとにリサーチしました。

さらに、新規就農で多くの方が抱く就農地選びや住居の悩みについて、全国新規就農相談センターの相談員の方からアドバイスをいただきました。

関連記事:
83.5%が助成金・奨励金を利用! 就農希望者の資金調達方法とは
税理士に聞く「新規就農者のお金の心構え」【ファーマーズマネートーク】
自己資金は平均569万円!就農の初期費用は?狙い目の作目は?

就農した理由:「自分で経営できること」が1位

就農地の選び方から心積もりまで。就農希望者の実態と直面する悩みとは

新規就農した方のうちの半数以上が、就農の理由として挙げたのが、「自ら経営の采配を振れるから」。年代別にみると、この回答を選んだ方は、前回(平成25年度)での調査より確実に増えており、特に30代、40代に多く見られる傾向でした。

次いで「農業が好きだから」、「農業はやりかた次第で儲かるから」という答えが多数挙がり、「食べ物への品質や安全性に興味があったから」といった安全、健康への興味よりも、「農業=ビジネス」と捉えている方が増えてきているようです。

<相談員からのアドバイス>

新しく農業を始めようとする方の心構えとして大切なのは、強い意欲と情熱です。農業を取り巻く環境が変化する中で、営農を持続させていくためには、強い意志と知識が不可欠だからです。新たな農業・農村を構築していくためにも、多くの自治体が意欲の高い新規就農者を待ち望んでいます。

就農までにかかった期間:20代の約半数が1年半以内に就農

就農までにかかった期間:20代の約半数が1年半以内に就農

「農業を始めよう」と思って、情報収集などの具体的なアクションを起こしてから、実際に就農するまでにどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

就農までに要した期間は全体的に、年齢が若いほど短くなる傾向があります。たとえば、1年半以内に就農した方の割合を年代別にみてみると、20代では46.3%、30代では36.0%、40代では32.6%、50代では40.0%、60代では25.0%。一方、3年以上かかった方は全体の3割ほどでした。

<相談員からのアドバイス>

農業を始めようと思ったとき、意欲ももちろん大切ですが、将来、どんな農業経営をやりたいかを明確にすることが大切です。目標とするスタイルがはっきりしたら、同じような経営をしている農家を訪問し、経営者の話を聞いたりするとよいでしょう。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧