83.5%が助成金・奨励金を利用! 就農希望者の資金調達方法とは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 83.5%が助成金・奨励金を利用! 就農希望者の資金調達方法とは

就農

83.5%が助成金・奨励金を利用! 就農希望者の資金調達方法とは

83.5%が助成金・奨励金を利用! 就農希望者の資金調達方法とは

2017年07月29日

経営資源の情報収集先は? 経営資源で苦労したことは? 公的支援措置の利用は? 資金の調達は? 新規就農者の経済面での疑問について、全国新規就農相談センターの相談員の方からのアドバイスをご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

83.5%が助成金・奨励金を利用! 就農希望者の資金調達方法とは

「農業を仕事にしたい」と思ったときに、最も大きな壁として直面するのが、資金の問題ではないでしょうか。農業を始めるためには、土地の確保から、施設や機械などの購入、移住費、そして当面の生活費など、さまざまな初期費用を見越しておかなければなりません。

そこで、新規就農した人々の懐事情についてリサーチ。10年以内に新規就農した全国の1万3,282名を対象に行われた「平成28年度新規就農者の就農実態に関する調査結果」とあわせて、全国新規就農相談センターの相談員の方よりいただいたアドバイスをご紹介します。

【関連記事】
就農地の選び方から心積もりまで。就農希望者の実態と直面する悩みとは
税理士に聞く「新規就農者のお金の心構え」【ファーマーズマネートーク】
自己資金は平均569万円!就農の初期費用は?狙い目の作目は?

経営資源の情報収集先:3割は「市町村」に相談

経営資源の情報収集先:3割は「市町村」に相談

初期費用をすべて自分でまかなえるという方はおそらく少ないと思います。では、経営資金に関する情報をどこから集めればよいでしょうか?

資金確保の情報を集めるために、新規就農者の30.6%が利用したのが、市町村。そして24%の方は「農協」を利用しています。「親、兄弟、親類、知人」に相談した方も22.6%と多く、新規就農者の多くが身近な方に資金の相談をしていることがわかります。

<相談員からのアドバイス>

最近は地元農業の活性化や人口減少を防ぐことを目的に、移住者を経済面などでバックアップする地方自治体が増えてきています。就農する場所を選ぶ際、このような自治体のサポート体制についても十分調べておくと良いでしょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧