福島から見つめる日本の農業のあり方・がんばろう福島、農業者等の会代表齊藤登さんインタビュー[1/3] – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 福島から見つめる日本の農業のあり方・がんばろう福島、
農業者等の会代表齊藤登さんインタビュー[1/3]

生産者の試み

福島から見つめる日本の農業のあり方・がんばろう福島、
農業者等の会代表齊藤登さんインタビュー[1/3]

福島から見つめる日本の農業のあり方・がんばろう福島、<br/>農業者等の会代表齊藤登さんインタビュー[1/3]

2017年07月31日

東日本大震災を経験し、福島県産の野菜や果物に逆風が吹く中で見えてきた、日本の農業のあるべき形とは。齊藤さんのストーリーを全3回でお送りします。第1回は、農業を始めた背景や、東日本大震災が起きた時の様子をお届けします。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

福島県二本松市でキュウリや米を生産する齊藤登(さいとうのぼる)さん。自分の野菜を作って販売するだけでなく「NPO法人 がんばろう福島、農業者等の会」で福島県内の多数の農家を結んでいます。東日本大震災を経験し、福島県産の野菜や果物に逆風が吹く中で見えてきた、日本の農業のあるべき形とは。齊藤さんのストーリーを全3回でお送りします。第1回は、農業を始めた背景や、東日本大震災が起きた時の様子をお届けします。

ー本日はよろしくお願いします。まずは齊藤さんのルーツからおうかがいしたいと思います。農家になる前は福島県庁で働いていたと伺いましたが、どのような経緯で農業を始めたのでしょうか。

もともと、福島県二本松市にある私の実家は、キュウリ農家でした。私は長男ですが、できれば継ぎたくないと思っていました。親の苦労を間近で見ていたからです。農家は土日も休みがありません。そこで、大学卒業後は福島県庁の職員になりました。公務員になれば、農家を継げとは言われないだろうと思ったのです。

警察署に出向して麻薬や覚醒剤の取締りをしたり、観光課でPRイベントの開催や、メディア対応をしたりと、様々な仕事をしました。たくさんの人と出会い、楽しく仕事をしていました。

その後、50歳になる年に公立高校で事務の管理職になりました。それまでとは違い、部屋にこもって事務仕事ばかりをする生活。50歳と言えばまだまだ精力的に働きたい年頃ですから、おもしろさを感じませんでした。もっと心が踊る仕事をしたいと思い、思い切って役所を辞めました。

退職後の不安はありませんでした。むしろ、ワクワクしていました。昔から知人が転職した話を聞くとうらやましい気持ちもあり、自分もその立場になって新しい世界に行けることに喜びを感じたのです。

仕事を辞めると決めてから、自分に何ができるか考えました。ただ、起業すると言っても、特別なスキルがあるわけではなく、これといった選択肢もありませんでした。その時、実家のことが頭をよぎりました。実家の農園なら、道具やノウハウがあるので、すぐに始められます。ネットショップでの通販や直販、体験農業など、自分なりに新しいことをすればおもしろいだろうと考えたのです。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧